Fumitoshi Goto

駐車スペース予約アプリは日本でも流行る?

激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ

在米28年のアメリカン流通コンサルタント

フォローする:

■週末や祝日など、ショッピングセンターや食品スーパー、大手量販店などの駐車場は混み合う。空いた駐車スペースを探すだけでも時間がかかってしまう場合もある。空きそうな駐車を見つけたものの、他の車が割り込んできたりする。明らかにこちらが先に待っていたのにもかかわらずだ。クラクションをならしても知らん顔。買い物をする前に駐車で疲れてしまうどころか、時には極めて不愉快な思いもする。

お客のために駐車スペースを無料で提供しているコンビニエンスストアでもお客が無遠慮で長時間駐車することもある。近くでお祭りやコンサートなどのイベントがあれば、駐車場代わりに車が無断で停められてしまうのだ。なかには近隣住民が自宅駐車場代わりにコンビニやスーパーの駐車スペースを使うケースもある。

こういった問題を解消するアプリがアメリカのショッピングセンターを中心に拡大しつつある。

マイパーク(MyPark)は駐車スペース予約アプリだ。ミネソタ州にある全米最大級のショッピングンセンター、モール・オブ・アメリカ(Mall of America)など15ヵ所のモールではメインエントランスや人気のレストラン近くの駐車スペースがマイパークの専用スペースとなっている。駐車スペース予約アプリはダウンロード後にクレジットカードなどの情報を登録しておく。

使い方は行先となるショッピングセンターを選択して、「時間貸し」「1日貸し」「月極」から選び、指定された駐車スペース(例えば「VIP用1階パーキング5」)に向かう。駐車スペースの前に来たら、マイパーク・アプリにある「駐車する(Let Me In)」をタップ。パーキングの中央に立っていた、バリケード代わりの看板(高さ1.2メートル、横幅60センチ)が自動に倒れて駐車できるようになるのだ。車を停めるとマイパーク・アプリで駐車時間が表示される。駐車スペースから車を出す出庫時に駐車料金が課金されるのだ。

ショッピングセンターが使っているマイパークの一般的な料金は2時間3ドル。その後1時間毎に1ドル加算される。場所や客層によっても料金は変わってくるだろう。

上得意客用にマイパークの駐車代をお店が肩代わりすることも可能だ。お店が指定したコードをマイパークに入力することで支払いが店側となる。混雑する駐車場で、上得意客は無料でしかも一等地の駐車スペースに車を楽に停められることができるため、店への愛着もわいてくるのだ。

高級デパートストアや高級ブティックなどは店前の駐車場に高級車が並んでいるだけで絵になる。上得意客でなくても高級車を持つお客にマイパークで専用駐車スペースを使ってもらうことも可能なのだ。

マイパークは最大6ヶ月前から予約できることから、今年のブラックフライデー(11月23日)で、駐車スペースの予約がすでに入っているショッピングセンターもあるという。

モールにとってメインエントランスに近い一等地の駐車スペースを混雑時に無料にするのはもったいない。マイパークを採用するショッピングセンターは増えてくるだろう。

トップ動画:駐車スペース予約アプリのマイパークの解説動画。アプリをダウンロード後にクレジットカードなどの情報を登録しておく。行先となるショッピングセンターを選択して、指定された駐車スペース(例えば「VIP用1階パーキングスペース5番」)に向かう。指定の駐車スペースに来たら、マイパーク・アプリにある「駐車する(Let Me In)」をタップ。バリケード代わりの看板が自動に倒れて駐車できるようになるのだ。
⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。駐車スペース予約アプリは日本でも流行ります。少なくともコインパーキングより効率的で便利です。ロック板式コインパーキングでは、発券機で駐車券を取り、出庫する前後に精算機で駐車券をいれてお金を支払わなければなりません。ゲート式の事前清算ができる場合でも面倒な手続きが必要です。いずれも大雨の日は濡れます。コインパーキングで駐車場を提供するオーナーも設備等、初期費用がかなりかさみます。マイパークのような駐車スペース予約アプリなら駐車代の支払い等で、雨に濡れることもありません。初期投資も少額です。他にも様々な使い方が考えられます。例えばデパートや量販店、スーパーなど、上得意客や常連客にVIPスペースを無料で使ってもらうことが可能です。迷惑駐車で被害を被っているコンビニも駐車スペースをすべて駐車スペース予約アプリ対応にして最初の20分間は無料にしておき、その後、1分毎に10円~50円の課金とすれば迷惑駐車は減ります。
ウォルマートやホームデポなど大手チェーンストアが、アプリを買い物ツールとして役立てているように、駐車にもアプリを使う時代となります。

後藤文俊

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング