HYPEBEAST

ロンドンの最年少コレクターに聞く、シュプリームの魅力

HYPEBEAST

世界のトレンドを発信するメディアプラットフォーム

フォローする:

Image by: BEA AWIN/ HYPEBEAST

若くしてストリートウェアにのめり込んだ10代の少年が語る〈Supreme〉のあれこれ

By Hikaru Kagurazaka

 

ストリートウェアのコレクターにとって、決して避けて通ることのできないブランド、〈Supreme(シュプリーム)〉。その知名度の高さから、コレクター歴の浅い初心者でも比較的容易く情報収集ができる反面、かなりの努力をつぎ込まないと入手できないアイテムも数多く存在する。ニューヨークシティで誕生して以来、その熱狂的なファンは世界中で増殖を続ける。もちろん、〈Supreme〉が誕生した1994年時点では生まれていなかったというファンも少なくない。18歳未満のキッズにとって、〈Supreme〉とはどんなブランドなのだろうか? 答えを探るべく、我々はニューアイテムのドロップに湧く『Supreme London』にて、Colin Wilson(コリン・ウィルソン)君に話を聞いた。Instagramのフォロワーは25,000人を超え、定期的に自身のコーディネートをポストしているティーンネージャーだ。まだ10代ながら、〈Raf Simons(ラフ シモンズ)〉から〈Maison Margiela(メゾン マルジェラ)〉、そして最新の〈YEEZY〉まで、彼のコレクションは多岐にわたる。

どのようにして、Colin君はストリートウェアにのめり込んでいったのか? 彼が特に気に入っている〈Supreme〉コラボレーションは何なのか? インタビューを通してさまざまなことを聞き出してみた。

名前:Colin Wilson
年齢:15
着用アイテム:Supreme x The North Face Expedition ジャケット(2014年春夏)、Raf Simons "Consumed" シャツ、Junya Watanabe カーゴパンツ、Nike Humara
Instagram:@colinwilsonnn / @yslwilson

ー〈Supreme〉は何歳の頃から買い始めたの?

11歳のとき、3Mの赤いポーチを買ったのが最初かな。初めて発売日に並んだのは、それから1年後のこと。2015年秋冬コレクションのときで、Tシャツとかをゲットしたんだ。

ー 今、どうしても手に入れたいアイテムってある?

2011年に〈Supreme〉と〈Playboy(プレイボーイ)〉がコラボした赤のバーシティジャケットかな。黒は持っているんだけどね......。2014年春夏にドロップした〈Playboy〉コラボのレザーダウンジャケットもいいよね。

ー 毎月、いくらくらい〈Supreme〉に使っているの?

それほどでもないよ。多くても150ポンド(約22,000円)くらいかな。数年前までは結構使っていたけどね。

ー 今まで購入したなかで、一番高かったアイテムは何?

さっきも話した〈Supreme〉x〈Playboy〉のバーシティジャケットかな。黒いやつね。850ポンド(約12万円)もしたよ。今までで一番高い買い物だったね。しばらく記録は破られないと思う。

ー 購入資金はどうしてるの?

純粋なハッスルだよ。

ー 転売もするの?

しないよ! 古着として売ることはあるけど、いつも無駄遣いして終わっちゃうんだ。確かに転売したこともあったけど、今は生産量も増えて選択肢が多いから、十分な利益を生むのは難しいと思う。

ー ストリートウェアに興味を持ったのはいつ? 当時好きだったブランドは?

夢中になり始めたのは12歳のときだったかな。〈Supreme〉はもちろん、〈Palace〉や〈Raf Simons〉、〈Nike〉、〈Hood By Air〉、〈Acne Studios〉なんかを買っていたよ。

ー ファッションやストリートウェアにおけるインスピレーションは?

Young Thug(ヤング・サグ)くらいかな。『Jeffery』の彼も好きだし、『Beautiful Thugger Girls』の彼も好き。全部クールだよね。

ー〈Supreme〉にコラボしてもらいたいブランドはある?

日本のブランドなんだけど、〈Kapital(キャピタル)〉かな。すごいクールなTシャツやジャケットを作っているんだ。〈Supreme〉とコラボしたら、どんなアイテムになるのか見てみたいな。

ー 逆に、今までの〈Supreme〉コラボで一番好きなのは?

やっぱり〈Supreme〉x〈Playboy〉かな。ジャケットを1着持っているけど、またコラボしてもらいたいよ。ちょっと意外性もあって、クールなコラボだと思う。

ー 若いファンに向けて、将来的にはキッズサイズも作ってもらいたい?

間違いなくノーだね! すでに若いファンはたくさんいるし、僕は15歳だけど、ブランドのことをちゃんと理解できる歳だとは思っていないしね。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング