HYPEBEAST

ポルシェ初の完全電動スポーツカー、購入希望者が殺到

HYPEBEAST

世界のトレンドを発信するメディアプラットフォーム

フォローする:

Image by: Porsche

EVスポーツカーの草分け的存在「Tesla」のロードスターを脅かす1台に

By Yuki Abe

 

2015年から着々と進められてきた「Porsche(ポルシェ)」による純電気駆動のスポーツカーの開発であるが、遂にその全貌が明かされる時が来た。正式名称がTaycan(タイカン)に決定した本モデルは、スポーツタイプの電気自動車(EV)分野をリードする「Tesla(テスラ)」Roadsterの強力な対抗馬として名乗りを上げることになるであろう。

2019年から生産が開始され、市場に登場するのは翌2020年を予定しているにも関わらず、購入希望者の待機リストは着実に増え続けているという。本モデルは、2つの電気モーターを搭載し、システム全体の最高出力が600hp以上となる。さらに停止状態から100km加速まで3.5秒、200km加速まで12秒以下で達する。また、同社はこのモデルにあわせた充電システムの準備も進めており、2019年末までには、わずか20分で80%(400km走行分に相当)まで充電可能な800ボルトのEV充電ステーションを世界各地の計10000ヶ所に設置する計画があるとのこと。

「Porsche」社は2022年までに電気自動車やハイブリッド車への投資を倍増させ、70億ドル(約7860億円)を上回る規模のビジネスとなる模様。あわせて、地球で最もタフなSUV車と称されるTankのミリタリーエディションもチェックしてみてはいかがだろうか。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング