正装用帽子/デンマーク(1800年代初期~中期)世界文化社

Art

ナポレオン時代の洗礼服など約500点展示、松屋銀座で開催

正装用帽子/デンマーク(1800年代初期~中期)世界文化社

 キュレーターでコーディネーターとして活動するユキ・パリスのコレクション展が、松屋銀座で開催される。会期は9月13日から24日まで。

 ユキ・パリスは1945年京都生まれ。1970年結婚を機にデンマーク・コペンハーゲンに移住した。依頼展覧会の企画やコーディネートを行い、ヨーロッパ各地で古いレースや刺繍など針と糸の手仕事に関する作品や道具、資料を蒐集。2002年には集めたコレクションを公開する施設ミュージアムを京都にオープンした。

 同展では、蒐集品からナポレオン時代の洗礼服や華麗なレースの襟、サンプラー、タペストリーなど約500点を展示。また、スウェーデンとの国交150年を記念して、スウェーデンの独特な図案と素材感の魅力を紹介するコーナーを設ける。

■「作るよろこび 使うよろこび 見るよろこび 幸せをよぶ手仕事 ユキ・ハリス コレクション展」
会期:2018年9月13日(木)〜9月24日(月)※会期中無休
時間:10:00〜20:00 ※9月17日は19:30まで。最終日は17:00まで。
場所:松屋銀座8階 イベントスクエア(東京都中央区銀座3-6-1)
入場料:一般1,000円/高校生700円/中学生500円/小学生300円
電話番号:03-3567-1211

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング