Image by: 10YC

Fashion

"10年着続けられる服"を作る「10YC」が一時休止を発表

 "10年着続けられる服"をキーワードに、持続可能性・透明性・ストーリー性をコンセプトに掲げるアパレルブランド「テンワイシー(10YC)」が、8月31日をもってウェブサービスを一時休止することを発表した。サービス再開時期は、10月上旬を予定している。

Image by 10YC
Image by: 10YC
— ADの後に記事が続きます —

 テンワイシーは原価や生産に携わった工場などを公開する日本発のアパレルブランドで、工場との直接取引により中間コストを省き50%近い原価率を実現。2017年11月に自社ECサイトを開設し、Tシャツをはじめ、スウェットシャツやロングスリーブTシャツなどを展開している。

 一時休止の理由についてテンワイシーは「『お客さまが欲しいときに欲しいものを安定的に、継続して作る』ことの仕組みづくりまで取り組むことができていなかった」とし、より多くの人にテンワイシーのアイテムの魅力を伝えることができるよう課題解決を図るという。休止期間中、安定的に生産できる生産供給システムおよび協力工場とのさらなる関係構築や、新しい販売方法のシステム構築、自社組織体制の強化などに取り組んでいく。同ブランドは「この休止期間を経て、より多くの方々に喜んでもらえるように、パワーアップをして帰ってきます」とコメントを発表している。

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング