OMOHARAREAL

「アートコレクター」にフォーカスした展覧会が原宿で開催

OMOHARAREAL

表参道・原宿のインフォメーションメディア

フォローする:

『PROJECT501.TOKYO 「LOVE ART file 2 : Shunsuke」』
■期間:2018年10月27日(土)〜2018年11月25日(日)
(※会期中11月9日〜16日は入替のためクローズ)
■時間:月・金 15:00〜19:30、土・日 14:00〜19:00
■場所:PROJECT501

フォーカスするのはアーティストではなく「アートコレクター」

(2018/10/17)
2018年10月27日(土)から原宿のアートスペース「PROJECT501」において、第二回目の展示企画「LOVE ART file 2 : Shunsuke」を開催。

「PROJECT501」は、"アーティスト"ではなく"アートコレクター"にフォーカスし、コレクターのライフヒストリーとともにコレクションしている作品を展示する。生活の中にアートを取り入れ、アートと共に生きる、一人のコレクターの目線や生き方をリアルタイムに追体験できる企画になっている。

第二回となる今回は、都内在住のShunsukeさんのケースを取りあげた。アートの持つ"どうしようもない感じ"に惹かれると話す、彼のコレクションと人生はどのようにリンクするのだろうか?魅力的な彼の世界観と美意識を味わうことで、アートに対する新たな見方が発見できるかもしれない。「PROJECT501」では、現在日本で活躍するアートコレクターの実像を提示することを通して、アートコレクションのリアルを伝え、その多様性を紹介。まだアートを購買したことのない人が、自分らしくアートを手に入れたいと思えるようにリードしていく。特に、既存の画廊やアートギャラリーにまだ足を運んだことのない潜在顧客にアプローチすることで、日本のアートマーケットの拡大を図ることを目的としている。

アートを買おうと思っても、既存の画廊やギャラリーに足を運ぶハードルはまだまだ高い。アートのコレクションは一部の人の趣味という認識が強く、一般の人に広く認知された活動になっていないのも事実。そこで、コアなファンではない普通の人でもアートを買うことがある、ということをもっと知って頂くために「アートを買う人」がどういう人なのかを紹介する企画を立ち上げた。

>>EDITOR'S VOICE
PROJECT501のある、神宮前2丁目といえば"カレーの聖地"でも有名。展示を観に行く前や後には、その中でもご近所な「Curry Up®︎」や「MOKUBAZA」によってみては?

■ 展示作家
三宅信太郎、風間サチコ、大山エンリコイサム、桑田卓郎、山田周平、篠崎裕美子 他
■ イベント
「アーティスト×コレクターイベント(茶会仕立て)」
日 時:11月23日(金) 17:00~
ゲスト: artist 篠崎裕美子、collector Shunsuke

INFORMATION
住所 東京都渋谷区神宮前2-33-12ビラビアンカ501
営業時間 月・金 15:00〜19:30/土・日 14:00〜19:00
定休日 11月9日〜16日は入替のためクローズ

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング