TOKYODANDY

おいらんのファッショナブル装いを紹介、「花魁ファッション」展開催

TOKYODANDY

エクスクルーシブメディア

フォローする:

Utagawa Toyohiro “Cherry Blossoms Viewing Party”(2nd term)
Utagawa Toyohiro “Cherry Blossoms Viewing Party”(2nd term)
— ADの後に記事が続きます —

遊興の別天地として繁栄した吉原。そのトップに君臨したのが花魁(おいらん)だった。花魁は現代でも繰り返し映画や漫画のヒロインになるなど、その浮世離れした魅力は時代を超えて人々を惹きつけている。

花魁といえばまず華やかなファッションが思い浮かぶが、江戸時代、花魁となるには美貌だけでなく、教養を備え、芸事にも秀でていることが必須。花魁のもとへは、武士や裕福な町人をはじめ当時の著名人も多く通い、彼らを中心として、吉原は文化サロンの様相を呈することもあった。セレブたちとの華麗な交流も注目の的ともなったことでしょう。一方で、彼女たちの置かれた過酷な境遇を理解する江戸の人々は、遊里を「苦界(くがい)」とも呼び、その中で生きる花魁たちを修行する達磨や悟りの境地に近い普賢菩薩に例えることもあった。

Harajuku's Ota Memorial Museum, which is dedicated to the Japanese art form of wood block prints will hold an exhibition celebrating the fashions of Tokyo's oldest red light district. The Yoshiwara flourished as a prominent pleasure quarter where notables from all areas of Edo (the old name for Tokyo) society came to visit the Oiran (Courtesans/prostitutes). This exhibition features Oiran's fashion and their daily lives in the Yoshiwara through the wood block prints of famed Ukiyo-e Artists of the time.

Fashion in the Yoshiwara Pleasure QuarterNovember 2nd - December 20th 2018Ota Memorial Museum of Art

Keisai Eisen "Coutesans and Famous Places in Edo : Suidōbashi, Karauta of the Chōji-ya House" (1st term)

Utagawa Kunisada "Courtesan Yoyoyama of the Matsuba-ya House with Her Attendants, Kakeo and Nishiki" (2nd term)





















Chōkōsai Eishō “Interior of the Ōgi-ya House : Courtesans Hashidate, Ayakoshi, and Hanahito” (1st tern)


本展では、花魁のファッショナブル装いや、日常の生活を捉えて作品を紹介。江戸文化のなかで独特の存在感を示す花魁を、浮世絵を通して観覧することができる。

花魁ファッション
会期:2018円11月2日〜11月25日(前期)2018年11月30日〜12月20日(後期)
会場:太田記念美術館
住所:東京都渋谷区神宮前1-10-10
時間:10:30 - 17:30
料金:一般700円 大学・高校生500円 中学生以下無料

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング