Image by: 岩崎貴宏

Art

日用品を用いて「東京」を表現、岩崎貴宏の新作個展が銀座 蔦屋書店で開催

Image by: 岩崎貴宏

 アーティスト 岩崎貴宏の展覧会「GINZA ART EXHIBITION:岩崎貴宏 Layer and Folding」が、銀座 蔦屋書店内のGINZA ATRIUMで開催される。会期は12月27日から1月14日まで。

 

 岩崎は歯ブラシやタオル、文庫本の栞、ダクトテープなど身の回りのものを用いて、見慣れた日用品を別のイメージに転化することで、固定化された鑑賞者の視点を揺さぶるような作品を制作している。2017年には第57回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館代表に選出され、個展「逆さにすれば、森」を開催し、第72回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。このほか、2017年に開設された「Pen クリエイター・アワード」でも表彰されている。

 展覧会では開催場所が書店であることから、知識・想像力の森に囲まれた展示スペースを意識して制作された最新作を展示。車窓から見える鉄塔や架線といった郊外の風景を布や糸を用いて表現した「アウト・オブ・ディスオーダー(フレーム)」シリーズ、書籍の栞を解いて制作されたクレーンと本が建設中のビルを想起させる「テクトニック・モデル」シリーズなどが並ぶ。大量の資源を消費しながらスクラップアンドビルドを繰り返しす東京を、鳥のように俯瞰する天上からの視点で表現するという。

 このほか、個展開催を記念してストールや、描き下ろしデザインによるトートバッグなど、作品をモチーフとした銀座 蔦屋書店オリジナルグッズの販売を予定している。

■GINZA ART EXHIBITION:岩崎貴宏 Layer and Folding
会期:2018年12月27日(木)〜2019年1月14日(金)
時間:10:00〜22:30
会場:銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM
住所:東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIX 6階
電話番号:03-3575-7755

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング