TOKYODANDY

写真黎明期から現代までの建築を捉えた写真を展示「建築×写真 ここのみに在る光」開催

TOKYODANDY

エクスクルーシブメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

現存する最も古い写真は1827年頃にジョセフ・ニセフォール・ニエプスによって撮影された、窓から見える「たてもの」の一角だった。写真と建築の関係は写真の黎明期の時代から密接にかかわっている。初期の写真技術では人や動物といった動くものには、撮影することが難しかったために、動かない建築は格好の被写体となったのだ。また19世紀末は都市開発が進み、街の変貌が著しい時期で、過去の建築や出来たばかりの建築を記録するために、写真という新しい技術が盛んに使用されたのだ。そして現在にいたるまで、多くの建築が撮影されている。

ISHIMOTO Yasuhiro, Middle Shoin, and the New Goten, viewed from the east, from KATSURA 1981-1982, Gelatine silver print © Kochi Prefecture, Ishimoto Yasuhiro Photo Center

本展では、東京都写真美術館のコレクションを中心として、さまざまな建築を捉えた写真を展示するほか、写真が発明された頃からどのような建築が写されてきたのか、そして現代の写真家がどのように建築を捉えてきたのかを紹介する。なかには、今ではすでに存在しないものや、実際に見ることが困難なものも少なくない。写真家が建築を撮るときに感じた光を追体験していただけるでしょう。

建築 × 写真 ここのみに在る光
会期:2018年11月10日〜2019年1月27日
会場:東京都写真美術館(月・休)
料金:一般600円 学生:500円 中高生・65歳以上400円
*入館は閉館時間30分前まで

An exhibition to be held at Tokyo Photographic Art Museum will explore the long held relationship between architecture and photography.

When Joseph Nicéphore Niépce (1765-1833) succeeded in taking the first ever photograph, the image that he captured was the corner of a 'building' seen through a window. From this it can be seen that photography has enjoyed a close relationship with architecture since its inception. In the beginning, photographic technology was not suited to capture images of people or animals that could move, but stationary buildings offered the perfect subject. In addition, at the end of the nineteenth century, redevelopment of the cities gathered pace, bringing about remarkable changes in the urban landscape and the new technology of photography was widely used to create records of old or newly constructed buildings. From then to the present day, photographs have been taken of new structures were built. Based largely on works from the museum's collection, this exhibition will feature architectural photographs.

Architecture x Photography Tokyo Photographic Art Museum November 10th 2018 - January 27th 2019

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング