Fashion スタイル・トレンド

2018年売れたブランド&2019年注目ブランドは?伊勢丹新宿店とファーフェッチで調査

【Farfetch】

 国内外の3,200以上のブランドを取り扱うオンラインショッピングモール「ファーフェッチ(Farfetch)」。ラグジュアリーブランドや人気のセレクトショップ1,000以上と提携し、毎シーズン約20万点の新作アイテムを入荷している。

※売れたブランドについてのコメントは省略

<2018年売れたブランド:メンズ編>

■モンクレール(MONCLER)

ブランド紹介:1952年にレネ・ラミヨンとアンドレ・バンサンがフランスで設立。様々なブランドやデザイナー、アーティストとのコラボレーションに積極的に取り組んでおり、過去には三原康裕相澤陽介などの日本人デザイナーや、オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブローと協業した。今年はピエール パオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)や二宮啓、藤原ヒロシなどの8人とそれぞれコラボした「モンクレール ジーニアス(MONCLER GENIUS)」を発表。

 

■バレンシアガ(BALENCIAGA)

ブランド紹介:アーティスティックディレクターを「ヴェトモン(VETEMENTS)」を手掛けるデムナ・ ヴァザリア(Demna Gvasalia)が務めている。2018年は春夏シーズンにブランド初のキッズコレクションを発売。秋冬シーズンはメンズとウィメンズの合同によるショーを開催した。また2019年春夏コレクションのショーでは、日本人でランウェイモデル未経験のバンドマン プラズマが出演したことがツイッター上で話題を集めた。

 

■オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™

ブランド紹介:伊勢丹新宿店でもメンズとウィメンズ共に人気だった「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™」は、ファーフェッチでも昨年に引き続き支持されている。

 

<2018年売れたブランド:ウィメンズ編>

■ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)

ブランド紹介:デザイナーはポール・マッカートニーの娘としても知られているステラ・マッカートニー。「アディダス(adidas)」とのコラボではスタンスミス史上初となるベジタリアンレザーを使用したシューズを製作するなど、サステナブルな素材選びを追求したものづくりを行っている。今年はイギリスのヘンリー王子と結婚した米女優メーガン・マークル(Meghan Markle)が、同ブランドのビスポークドレスを披露宴で着用し注目された。11月には初のブライダルコレクションを発表した。

 

■モンクレール

ブランド紹介:ブランドロゴのパッチがあしらわれたアイコニックなダウンアイテムが、ファーフェッチでは男女問わず支持を集めている。今年ピッチョーリとコラボレーションした全身を包むデザインのダウンは、俳優のエズラ・ミラー(Ezra Miller)が映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald)」の試写会で着用したことでも話題になった。

 

■グッチ(GUCCI)

ブランド紹介:クリエイティブディレクターはアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)。今年はフランスへのオマージュを込めた3部作として、2018年プレフォールキャンペーン、2019年クルーズコレクションのショー2019年春夏コレクションを発表した。なお、2019年秋冬コレクションからは発表の場を再びミラノに移す。昨年ファーフェッチではメンズウェアが人気だったが、今年はウィメンズからの支持を得た。

 

<2019年の注目ブランド>

■メンズ:A-COLD-WALL*(ア コールド ウォール)

ブランド紹介:オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™でキャリアを積んだサミュエル・ロス(Samuel Ross)が自身のブランドとして2015年にスタート。イギリスのストリートカルチャーを着想源にしたアイテムを発表している。「ダブレット(doublet)」の井野将之がグランプリを受賞した第5回LVMHプライズでは、ファイナリストに選出されたほか、「The Fashion Awards 2018」ではメンズウェア部門の「ブリティッシュ・エマージング・タレント」を受賞。日本では「ナイキ(NIKE)」とのコラボシューズ「オークリー(OAKLEY)」との限定コレクションを発売した。

<担当者コメント>

 ストリートテイストのアイテムは引き続き人気ですが、ア コールド ウォールはイギリスのサヴィル・ロウにある一流テーラーを彷彿とさせる美しさや構築的なシルエットに加え、異素材を組み合わせるモードな要素をストリートのスタイルに落とし込んだ新しいラグジュアリーストリートウェアを提案していくブランドだと思います。様々なブランドとのコラボレーションでも注目を集めているので、来年はさらに人気が出てくるのではないでしょうか。

 

ウィメンズ:マリーン セル(MARINE SERRE)

ブランド紹介:デザイナーのマリーン・セル(Marine Serre)は、「メゾン マルタン マルジェラ(Maison Martin Margiela)」や「ディオール(DIOR)」「アレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)」などを経験。「バレンシアガ(BALENCIAGA)」でインターンシップ中に製作したコレクションで第4回LVMHプライズを受賞し、2017年秋冬シーズンに自身のブランドとしてマリーン セルを立ち上げた。「FUTURE WEAR」をコンセプトに、アイコニックな三日月のモチーフや、鮮やかなカラー使いが特徴的なコレクションを発表している。2018年秋冬シーズンにパリコレクションに初参加。日本では今年から本格的に展開を開始し、9月に初のポップアップを開催した。

<担当者コメント>

 ファッション業界全体で「サステナブル」というキーワードが注目されている中、当サイトでもエコフレンドリーな素材を使用したブランドやアイテムが人気です。マリーン セルは、古着などのアップサイクル素材をエッジィでモードなアイテムに仕上げるなど、アプローチが新鮮。象徴的な三日月モチーフのアイテムや、アイコンのボールバッグはスタイリングに取り入れやすくお勧めです。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング