RETOY'S

【インタビュー】若手モデル高野友吾のチャンスを掴み取っていく力

RETOY'S web Magazine

ヴィジュアルで魅せるニュースマガジン

フォローする:

高野友吾(Yugo Takano)/ Instagram: @yugo_takano

H 185cm / C 92cm / W 76cm / H 94cm / S 26.5cm (BARK in STYLe所属)

・東京に来たのはいつですか?

ー21歳の時です。今は本格的にモデルを始めてちょうど1年半くらいかな。
インスタグラム(以下:インスタ)を見てくれた東京のクライアントさんから連絡をいただいたのがきっかけですね。

・地元の大阪では何をされていたんですか?

ー大阪の北新地という繁華街でボーイをしていました。
モデルを始めるために、まず、活動資金を貯めることを目的にしていたのと、あとコネクションを作りたかった。何かチャンスがあるんじゃないかと思ってボーイの仕事をしていたのですが、人に自分からすり寄っていくっていうのは違うんだなって思いました(笑)
考えが若かったですね、そこでは18歳から20歳まで働いていました。

・モデルになりたいという気持ちはその当時から持っていたんですね。

ーそうですね。もうこのまま勢いでヨーロッパに行って頑張った方がいいかなって思っていたのでまず貯金をしていました。
モデルになるのに何が重要かとかも全く知らなかった。高校生の頃、モデル事務所のオーディションに受かったこともあったんですけど学業より仕事を優先してほしいって言われちゃって。それを担任の先生に伝えたら、やるのはいいけど留年するよって(笑)
それで事務所に入るのは断って、結局その時はモデルはやらなかったんです。

PHOTO Ena Kitamura

・その後どこかの事務所に入られたんですか?

ーいえ、そこからはどこも入らずにモデル自体も始めなかったんです。「これからどうしようかな」と思っていたらある事務所のマネージャーさんに出会って「大阪でファッションの仕事は難しいよ」って言われて。それならこのまま大阪にいて、ただ時間をやり過ごすのはもったいないなと思ってヨーロッパに行こうと思ったんです。
資金集めのためにボーイとして頑張ったけど特にコネクションもできなくて、さらにヨーロッパでお世話になる予定だった人とも連絡がつかなくなっちゃって。いつでも来てねって言われてたから裏切られた気分だった。必死で働いてお金貯めたのになーってその時すべてを諦めかけて、せっかく貯めた100万円も半年くらいで遊びに全部使ってしまって。
でも、また気合入れなおそう!と思って居酒屋で働きだした時に始めたのがインスタ。インスタきっかけで、一度ちょっとしたモデルの仕事をやらせていただいた時に、もしかしたらこのまま東京でモデルとして活動できるかもしれないって思って幾つかのモデル事務所に履歴書を直接持って行ったりしました。アポなしなので入り口で断られたところもあったけど(笑)

・アポなしはすごいですね(笑)

ーそうなんです。アポなしだったし、運良く会っていただけてもその時の自分には魅力がなかったんでしょうね。全部断られてしまったので「どうしてダメなんですか?」って電話したりして。
ある事務所に「君には個性がない」って言われたのがムカついて、その日のうちに坊主にしました(笑)それをインスタにアップしたらUNITED ARROWSさんのお仕事をいただけたんです。でも、撮影自体は10時間もあったのに僕が使われたのはたったのワンカット、しかも顔だけしか使われていなかった。僕はそこまでダメなのかって思ったら逆にやる気が湧いてきました。落とされたら落とされたぶんだけ張り切る性質なんです。

・顔のアップだけ使われたということですか?

ーうーん、というかその時出た他の5人はスタイリングが1人1ページずつとかだったのに僕だけ顔だけで、スタイリングのページももらえなかった。親も楽しみにしてくれていて「見せて見せて」って言われたけど「まだ届いてないわ~」って嘘ついたりして(笑)

・ご両親は応援してくれていたんですか?

ーそうですね。親が「身長もあるしモデルやってみれば?」って言ってくれたのがきっかけでもあるんですよね。
最初は「モデルなんてできるわけないでしょ」って思ってたけどファッションはすごく好きだったから、スタイリストやデザイナーっていうファッションに関わる仕事を考えてみたけどどれもピンとこなくて。僕はやっぱり服を作ったりスタイリングするんじゃなくて、服をカッコよく着てカッコよくなってる自分が好きなんだなって思ってモデルに興味が出てきたんです。でもそう思い始めてから大阪にいる期間がすごく長かったですね。

arena Korea

DAZED

・最初にモデルになりたいと思ったのは高校生くらいのとき?

ー高校生の時に興味が出て21歳まで大阪にいました。
その時間を無駄にしたような気もするけど、でもあの時の色んな経験は今に役立ってるなとも思ってます。

・ご両親に頼らずに一人で準備されたんですね。

ーそうですね、そうするしかなかったです。
実家もそんなに裕福じゃなかったし、東京に出るときも家が大変な時期でもあったからあんまり親には頼りたくなかった。

・上京を決めたのは事務所が決まってから?

ーいえ、その顔だけしか使われなかった仕事に対して自分がムカつきすぎて、「よし、上京するぞ!」って決めて2ヶ月後くらいに勢いで上京しました(笑)

・東京に友達やコネクションはあったんですか?

ー全くなかったです。友達もいなくて上京してしばらく居酒屋で働いていました。
そうしているうちにインスタ経由で東京コレクションの『ミハラヤスヒロ』さんへの出演依頼をいただいたんです。ショーへの出演がきっかけで今の事務所も紹介してもらいました。

・ご自分で以前オーディションを受けられた事務所ですよね?

ーはい、あの時アポなしで受けた事務所のうちの一つ。でもすっかり忘れられてました(笑)事務所に入ってからも1年間は隠し通しましたね(笑)でもあのアポなしで突撃した時に比べて自分自身がいい風に変われたのかなっていうのはあるし、もちろん僕をプッシュしてくれたブランドさんの力もあるだろうとは思います。

・悔しさという気持ちから行動に移されたんですね。

ーそうですね、結構それはどんな時もあると思います。劣等感がすごく強いのでそれがいい意味で自分の原動力になってるというか。絶対負けたくないっていう気持ちもその時は強かったかな。

ESQUIRE Korea

・東京に来てから思ったように仕事はきましたか?

ー全然来なかったですよ!
周りの期待にも応えたかったし自分なりに頑張ってたけど、そんなに最初からうまくはいかなかったな。当時は他のモデルのことを敵を睨みつけるような目で見てたよねって最近言われるのが恥ずかしい(笑)若かったなーと思います。
仕事を取るために試行錯誤したり、一人暮らしも始めたからお金もないし、「これからどうしよう?」みたいなのが1年くらい続きました。事務所にファッション以外の仕事もやってほしいって言われて喧嘩したこともあるくらい、僕はファッションの仕事にしか興味がなかったんです。生意気なようだけどそこの自分の芯は大事だなって思ってたから。
でも東京で食べていこうってなるとファッションだけって難しいですね。そこから徐々にドルチェ&ガッバーナの来日ショーの仕事とかが決まるようになってきた感じです。

・今は韓国にも活動の場を広げているんですよね。

ー2018年の後半は約3ヶ月韓国に住んでモデル活動をしていました。「ファッションをやりたい」っていう軸が自分の中に一本あり続けたから、韓国でファッションの仕事ができるようになったんじゃないかなって思ってます。

・今は海外でもアジア人の起用が増えてきているけどまだ日本は弱い立場かもしれませんね。

ー韓国で周りのモデルさんを見ていると、仕事にかけてる熱量が違うなって思うことも多くありました。若いモデルでもショーの3日前からご飯も水も減らしてコンディションを整えるとか、日本ではあまり見られない気がします。

・長く海外で生活するって大変な経験ですね。

ー海外でモデルとして何かを成し遂げて帰ってきた人は、それ以前と人間としての中身が全然違ってくるしビジュアルにもそれが出てる気がする。撮影に対する自信一つとっても違うなって。今言ったのって僕がそうなんじゃなくて、海外やヨーロッパで活躍してきた先輩たちが発する言葉ってやっぱりなんか違う感じがするんですよ。
でも、海外で一人は厳しい。だから意地でも友達を作ろうとしてました。人見知りしてたら自分が損するだけ。たくさんの人と接して、いいなと思う部分を自分に落とし込むのも大事だなって。表現の幅も広がるだろうし。

PHOTO Ena Kitamura

PHOTO Ena Kitamura

・韓国の現場の雰囲気はどうでしたか?

ー僕を求めてくれていたのでやりやすい環境ではありました。
モデルって人を感動させられるのか?って考えていた時期があって。僕を知らない人が雑誌を見て心を動かされることが果たしてあるのだろうか?って。その答えはまだわからないけど、ある撮影でシューティングが終わった瞬間、周りのスタッフが僕のパフォーマンスに対して拍手してくれたことがあったんです。「全て使いたくなる写真が撮れたよ!」って。その時にこうやって人の心を動かし続けることがモデルとしての仕事で一番大事なことなんだなって感じたし、韓国に来てよかったって思ったんです。

・それは初めての感覚だった?

ー言葉が通じないからこそ、ボディランゲージなりその場の感覚に対して敏感になるじゃないですか。これじゃ良くないなって思う時もあったし、周りのニュアンスも空気感もわからない時がありました。そういう時って自分の頭で考えて動いてないことが多いんですよ。だから撮影に入った時、韓国語やニュアンスがわからないからパフォーマンスしないっていうのが一番ダメだなって思って、自分なりの表現をしまくってポージングしていたら拍手という形で評価してもらえた。
表現することで人を感動させて、表現する側の自分も喜びを得ることって素晴らしいことだなと。もっといろんなことを勉強したら、さらにいいものができるんじゃないかって思います。

・韓国での経験を通して自分の課題も見えてきましたか?

ーそうですね、課題はまだまだたくさんあります。
韓国から帰ってくる直前にPV撮影の仕事があったんですが、スチールは「現場で俺が何とかする!」くらいの自信がついてきていたのにムービーではほとんど何もできなかった。周りの反応もよくないし、モデルになりたての時のやるせない気持ちを思い出しました。すごく悔しかったのでそれもまた新しい課題ですね。表情と目線だけで何かを表現するってこんなに難しいのかと。勉強することってもっともっとあるんだなぁと実感しました。

・役者さんはポージングができなくてもそこにいるだけで画になりますもんね。

ーカッコつけるだけがカッコいいんじゃないんですよね。ダサいことができる人はカッコつけることもできるけど、カッコつけるだけの人はそれしかできない。モデルって人間自身を表現する仕事。何かを求められたときにできない自分もカッコ悪いと思いました。

・ムービーのお仕事は初めてだったんですか?

ー東京でCMの仕事が一度あったんですけどまた全然違いました。韓国では僕が単独メインだったしそれも初めての経験。顔アップで目線と表情のみ、僕しか伝えるものがないっていう感じ。景色も何もなくて、あなたの表情だけで伝えてくださいっていう一本だったから誤魔化しがきかない現場だった。新しい壁ができたなって衝撃を受けました。

GQ Korea

TONYWACK

・仕事に対して真面目に考えすぎちゃうところも?

ーそうですね(笑)仕事の前に眠れないこともあるし、このままじゃダメだなって自分でも思います。スタイリストさんから負けず嫌いが顔に出てるとも言われました(笑)それってよくないじゃないですか。だから最近は毎回仕事入るたびにとにかく落ち着くことを意識しています。

・自分で自分を認めてあげなきゃいけないんですね。

ーまさにそんな感じです。自分を認めるってどうやったらできるんだろう?成功したら自分を認められるってずっと思ってたけどそうじゃないなって。自分を認めたうえで、さらにもっと頑張ろうって思えたら一番いいんだろうな。韓国ではそういうことを一日中家で考えてたこともありましたね(笑)

・韓国では色々な意味で影響を受けて帰ってこられたんですね。

ー韓国に行く前は人との勝ち負けをずっと気にしてたけど、そんなはことどうでもよくなった。自分自身に勝つか負けるかっていうのはあるかもしれないけど、人に勝つとか負けるとかではないんだなって。だいぶ自分の角を削られた感じです。
前は「あの人はあんないい仕事してて悔しい!」っていう嫉妬心や劣等感が原動力になってたけど、今は「あの人もあそこで頑張ってるから俺もこのステージで頑張ろう」って思えるようになった。毒が抜けたんですかね、毒の塊だったんで(笑)まだまだ抜けきってはないと思うけど。最近、誰に会っても言われますもん、「大人になったね」って(笑)

・そこに自分で気づけたっていうのは大きいですね。

ー周りからあの攻撃的な時も面白かったけどねって言われるけど、でも根本的な自分の芯っていうのは変わってない。無駄な部分がなくなっただけ。丸くなって、笑顔の撮影がスムーズにできるようになりました。前は「笑顔おねがいします」って言われても顔がパッキパキで(笑)ファッションの撮影で笑顔を出すなんてダサいと思ってたけどできない方がダサい。求められたものができないのが一番ダサいんだなって。

・いろんな引き出しが自分の中で作られてきたんですね。

ーそうなんですよ。自分自身が自分をどういうものかわかっていないのに、なんで自分はこうだ!って決めつけてるんだろうって。

・ファッション好きになったきっかけは?韓国で仕事してファッションに対する意識は何か変わりましたか?

ー今、原宿の古着屋で働いている幼馴染がいるんですけど、学生の頃からすごくオシャレで、いろいろ教えてもらいました。友達の影響が大きいですね。韓国では何も変わらなかったですね(笑)相変わらず自分の着たいものを着るっていう感じ。自分がカッコいいと思ったものをずっと着ています。

MAISON KITSUNÉ

popeye

・そもそも韓国へのトライのきっかけは?

ー事務所が韓国にできて、2、3ヶ月してから仕事で初めて1週間ほど行きました。
その間にマネージャーさんの売り込みのおかげもあって、ラグジュアリー系の有名な媒体3誌に出させていただけて。ファッション関連でこんなにいい仕事できるなんて嬉しかったし、こんなハイクオリティな撮影を経験させてもらえるならヨーロッパに挑戦する前に韓国でしっかり準備してからいきたいなって思ったんです。
ソウルコレクションで1ヶ月行くつもりだったんですけど、韓国のクライアントの方に「12月まで3ヶ月はいたほうが君にとっていいキャリアを残せるよ」って言われて。1月にはミラノに行くことが決まってたし、韓国とミラノ合わせると4ヵ月も日本を離れることになるのでちょっと怖かったんですけど、ここでビビってても仕方ないなと思って行くことを決めました。失敗しても死ぬわけじゃないし(笑)

・色々なタイミングが重なったんですね。

ータイミングが来てそこにうまく乗っかれたというか、乗っかるように頑張りました。これはチャンスだと思ったので行ってよかったです。

・韓国より先にミラノに行くことが決まってたのですか?

ードルチェ&ガッバーナの来日ショーの時にあちらのGQの編集長に気に入っていただけて。その時はまた会おうねって感じで終わったんですけど、最近になって「ミラノに仕事しにくる予定はないの?」ってメッセージをいただいたので、「行きたいです!!」って返事したら「俺が事務所も決めてやる!」ってあちらの事務所を紹介していただきました。
滞在先もその方にお世話してもらうんです。すごく運がよかったと思います。

・ミラノはファッションウイークに?

ーとりあえず今回はあちらで自分がどんな感触なのか、どんな感じなのか見てきたいと思っています。ファッションウイークに向けて行くんですけど、そこから1ヶ月間滞在するのでいろいろ挑戦したいですね。日本でのキャンペーンの仕事も絶対取りたいので、自分で期限を決めて1月31日ぎりぎりまではミラノで頑張ってきます。

・ミラノでまだ1ヶ月色んな体験ができそうですね。

ー先輩モデルさんたちのおかげで、今ではヨーロッパでもアジア人がかなり認められてきていると思います。その礎の上に立っている僕らがもっと日本人モデルの立ち位置を築き上げていきたい。もっと認めさせていきたいし、自分自身のレベルアップにも繋げたい。今回はすごくいいチャンスなので、いろんなことに目を向けてメンズモデル業界でもっと新しいことできたらいいなって思いますね。

・2019年の始まりはミラノから?

ーはい、ミラノの後はパリにも行けたら。パリの知り合いに連絡が取れれば、その方にお世話になろうかと。無理だったら野宿でもなんでもいいので(笑)

・2019年は海外のトライから始まってその先は?

ー海外で戦って自分自身のレベルをもっと上げて行きたい。その先に何が見えるかはまだわからないけど、まだまだトライしたい気持ちでいっぱいです。2月1日にミラノから帰国して10日後にはまた韓国。ほぼ日本にいないけど、今の自分に必要なことなので一つ一つがむしゃらにやっていかなきゃいけない年になると思う。2018年の後半から走り出しているので、2019年はもっとスピードあげていかなきゃという感じかな。
前は「仕事がない、お金がない」っていう所で悩んでたけど、今は仕事に対する姿勢や問題で悩めてる。それは一つステップが上がってるということですよね。またもう一つステップを上げていって、物事に対して真剣に一つ一つをクリアできていけたらいいなと思ってます。

・将来のビジョンは?

ーモデルやろうと思って東京に出てきた時に決めていたのは「25歳でモデルを辞める」ということ。今はモデル自体を辞めるかどうかはまだわからないけど、もっとグローバルに動きたいなという意識が出てきています。今の時代だからこそできることだし、もっといろんな人と会っていきたい。次の課題としては映像ですね。

・仕事をしていくうちにどんどん考えも変わっていきそうですね。

ー今やれることを全部やって成果を残せたら、また考えることも変わってくるんだろうな。今は目先のことしか考えられてないですけどね。でも先のことって考えれば考えるほど不安じゃないですか?今現在のことをしっかり見つめれば見つめるほど僕は希望が湧いてくるタイプ。明日の仕事のことや今の自分に何が必要なのかを考えたり、毎日自分と向き合ってます。
今だからこそ、こうやってミラノに行く前にインタビューで残してもらうことにも意味があるなって。

・今回ぜひインタビューをと思ったのも、韓国でのご活躍を見ていて海外での活動を視野に入れて今後、人としてどう変わっていくか、挑戦の過程を聞いてみたかったんです。

ーこれまでインタビューされている方々の記事を見たんですけど、僕でいいのかなって正直思いました(笑)
でも今後、僕がもっと大きい人間になればいいし、今インタビューしていただけるっていうことは何かしらの応援や期待を持ってもらえているからだと思う。発信したい欲はあるからすごく嬉しかったです。

・これからのご活躍も楽しみにしています!

ー東京に来なかったら、ここまで人との繋がりが大事なことだと思えなかった。ここまで来れたことにもお世話になった方々へのご恩を感じるし、自分が100%の力で表現していく姿を見せることでしかその恩は返せないと思う。この先は何をしてるかまだわからないってさっき言いましたけど、人前に立つことは何かしらしてるはず。これまでもこれから先も、表現している姿で人に何かを感じてもらいたい。そして自分に常に正直でいたい。
自分がやりたいと思って突き進んでいることは誰に何を言われても曲げないし、常に実現する方法だけを考えていきたいですね。カッコ良すぎる言い方かもしれないけど、"背中で見せる"って感じかな。

PHOTO Ena Kitamura©RETOY'S

■BARK in STYLe

http://www.barkinstyle.jp/

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング