Fashion

「ロエベ」メンズのショーを初開催、ゲートバッグのビッグサイズも登場

 ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が手掛ける「ロエベ(LOEWE)」が、ブランド初となるメンズコレクションのランウェイショーを、パリのファッションウィーク公式スケジュールで開催した。

 これまでメンズはプレゼンテーション形式での新作発表だったが、2019年秋冬コレクションはショー形式に変更。ウィメンズコレクションでも使用しているユネスコ本部が会場となった。

 ショーではオーバーサイズのニットやラガーシャツのほか、ジャケットやシャツスタイルに防水ズボンからインスピレーションを得たカーフ素材のロングブーツを合わせたスタイリングが多く組まれたほか、ビーズやドローイング、糸や紐で装飾が施されたロングのニットやパッチワークシャツなどクラフトの技術が随所に用いられた。また、アクセサリーではアイコンの「ゲートバッグ」のビッグサイズやダークブラウンカラーのバスケットバッグなどが登場した。

 会場にはキャンペーンにも起用されているジョシュ・オコナー(Josh O'Connor)とフランク・オーシャン(Frank Ocean)のほか、日本からはモデルのUTAが招待された。

「ロエベ」メンズ2019年秋冬コレクション

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング