inkyokeidanshi

自分にとっての理想の世界を実現する方法

隠居系男子

ブロガー

フォローする:

先週末、こんなツイートをしてみました。

このブログを熱心に読んでくださっている方々にとっては「もう何度目だよ」って話だと思います。

例えば、この記事など。

参照:まわりに勝たせる方法だけを考えれば、うまくいく。 | 隠居系男子

目の前にいるひとを勝たせよう。

また、全く別の文脈でこんなことも書きました。

広く一般的に通用しそうな方法で、自分も勝ちながら、多くのひともいっぺんに「勝たせよう」とするから、その壁の大きさに絶望してしまうのだと思います。

最初はやる気に満ち溢れていても、そこから一気に絶望してしまうと、その急激な落差ゆえに戦意を喪失してしまう...。

参照:ドキッとさせることは簡単。継続させることがむずかしい。 | 隠居系男子

「私とあなた」の関係性の中に可能性を見出す。

だからこそ、もっともっとシンプルに考えていいと思うんですよね。

世の中は「私とあなた」が一番最初の起点であり、究極的にも「私とあなた」でしかないのだから。

いま目の前にいる「あなた」を救おう。

顔と名前が明確にある「あなた」を勝たせよう。

そう考えるとマザーテレサの「世界平和のために私たちは何をしたらいいですか?」の質問に対する答えって、本当に優れた言葉だなと思います。

絶対に絶望しないで済みますから。

参照:「暮らし」というテーマに人生を賭けることの意味。 | 隠居系男子

最後に

そうやってひとりずつ勝たせていった結果、自分にとって理想とする世界が少しずつ実現していくのだろうなあと。

もちろん、自分ひとりで積み上げたものではないので盤石なものとなっていくでしょう。

やっぱり「急がば回れ」ということなんでしょうね。

ただそうは言っても、ジェットコースターみたいな波乱万丈な人生に憧れてしまうのが、また人間の性なのですが...。

今日のお話がいつもこのブログを読んでくださっている方々にとっても何かしらの参考になったら幸いです。

鳥井弘文

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング