FASHION HEADLINE

アートディレクター ファビアン・バロンの36年間を収めた回顧作品集が登場

FASHION HEADLINE

東京を拠点にファッション文化を発信するウェブメディア

フォローする:

各ブックストアがFASHION HEADLINE読者に向けて「今読むべき1冊」をコンシェルジュ。毎週土曜日は、洋書を専門に扱う原宿・外苑前のブックショップ「シェルフ(Shelf)」(東京都渋谷区神宮前3-7-4)が選ぶ書籍をご紹介。

— ADの後に記事が続きます —

■『Works 1983-2019』Fabien Baron

「世界で最も人気のあるクリエイティブディレクター」(雑誌『バニティ・フェア(Vanity Fair)』)や、「間違いなく、今日最も成功し、影響力があり、人気のあるクリエイティブディレクター」(ウェブマガジン「Wallpaper*」)などと、媒体各社や業界人からも認められる世紀のアートディレクター、ファビアン・バロン(Fabien Baron)の30年以上の成果を収めた待望の回顧作品集。

本書では、タイポグラフィー、パッケージング、プロダクト、家具、インテリアデザインなどを含め広範囲から作品をセレクトし、彼の美的論理を明快に伝える内容となっている。

また、ケイト・モスによる前書き、アダム・ゴピックによる文章も収録。

デザイン、ファッション、写真を専門とする人には必携の1冊だ。

【書籍情報】
『Works 1983-2019』
写真:Fabien Baron
出版社:Phaidon Press
言語:英語
ハードカバー/424ページ/380×300mm
発刊:2019年
価格:2万6,010円(為替により変動)
■Shelfオフィシャルサイトで『Works 1983-2019』を購入する

Shelf

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング