Yoichi Kabeshita

夏物衣類におすすめ、黄色に変色したシミを落とす「水洗いクリーニング」

壁下陽一

有限会社クリーニングビー代表取締役

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

こんばんわ 壁下です。 だんだん寒くなり夏物の衣類のクリーニングが出始めました。夏来ていた服はもうきれないですもんね。僕はTシャツですけど...

この時期に多いのが白いブラウスの染み抜きです。
なんだかエリ周りと脇周辺が黄色く変色している

衣類の大敵は汗です。汗は時間が経過すると酸化して茶色くなる。分かりやすく伝えるとリンゴが放置していると変色するのと同じ。味は変わらないけど変色しますよね。
衣類に付着した汗も時間が経過すると茶色に変色する。

通常のクリーニングで落ちない時もありますが、黄色に変色したものは基本的に除去できます。
ちなみに黄色に変色したシミはホワイトニング洗剤を使ってもらうと落ちますよ。

ホワイトニング洗剤の使い方

①バケツに熱湯を入れます。 シャワーから出る一番熱いお湯程度で大丈夫
②液体洗剤なら1キャップ 粉末洗剤なら1カップ 入れる
③ホワイトニング洗剤を1袋 (袋単位にしています)
④洋服を入れます。体操服・靴下・ハンカチ・タオル もオッケー
※あとでもう一度洗うので何を入れてもいいですよー
※液体ワイドハイターを50ccほど加えるとさらに白くなるよ。
⑤30分ほど放置・・・

必ず、お風呂場でやってくださいね!!

お店ではもう少し違う漂白方法をとりますけどね。

なぜ、黄色く変色するのか??

黄色く変色したことがない人はいないです。洗濯したのに変色している。クリーニング屋さんに出したのに変色している。洗ったのに変色している場合がある。理由は汗がです。ではなぜ汗が残っているのか??

クリーニング屋さんでは基本的にドライクリーニングでクリーニングします。なるべく水洗いするようにしますが、水洗いに適さない洋服がクリーニング屋に来るのでドライクリーニングが多くなる。
ではドライクリーニングって何?? 簡単に説明すると油で洗っています。
油で洗うとウールなどの動物の毛の生地に優しいんです。綿や麻は水洗いしますが基本的に綿製品は家で洗うことが多い。

油で洗うと、どうしても僕たちから出る汚れが落ちないんです。僕たちから出る汗や匂いは水洗いすると簡単に落ちるけど油で洗うとこれがほぼ落ちない。
クリーニングしたつもりでも汗の成分が残っている。

その成分が時間が経過してから黄色く変色する。特にエリや脇、袖

分かりやすく書くと

女性の方 想像してください

真夏の8月、お化粧して電車で出かける。思いもよらず徒歩で移動して汗をかいちゃった。
夕方、家に帰宅してから食事の前にお風呂に入る。化粧も落としちゃおう。
クレンジングオイルで化粧を落とす。 はいここまで!!!

クレンジングオイル=ドライクリーニングです。

クレンジングオイルで一応化粧は落ちた。でもスッキリしないでしょ??水で洗い流したいはず。

ドライクリーニングだけだと汗が残るということはそういうこと。

男性の方 想像してください

朝からスーツを着て1日営業 蒸し暑い1日 夕方には軽いく雨が降って不快指数が跳ね上がる。
会社での仕事を終えて、ビールを飲んで後輩とサウナへ行くことに。サウナで汗をかいて、水分補給してもう一度サウナへ...数分後、汗を出し切ったので、そのままお風呂へ・・・ とここでストップ

シャワー浴びたいでしょ??シャワー浴びて水風呂に入りたい。もしくは湯船に浸かりたい。

ダメです。そのまま汗を拭き取ってください。サウナに入る前よりはサッパリしていますよね。ちょうどそれがドライクリーニングのみです。

不快感をなくすために水洗いクリーニングをしてほしい

僕たちクリーニング屋さんは夏服の最後のクリーニングの時に『水洗いクリーニングどうですか??』というようにしています。 無理にはお願いしないけどね。
とりあえず最後のクリーニングは水洗いをしてほしい。

男性ならお仕事できるスーツやパンツがマストです。
女性はワンピースとサマーセーター ともにお家で洗えないやつね。

お家で普段洗ってる人は不要です。家は水で洗っているので黄色く変色することはほぼないです。
家で洗っていない。クリー二ングしか出せない洋服はできるだけ水洗いクリーニングに出してくださいね。

価格は1.5倍から2倍くらいします。ジャケットなど水洗いしていけないものを水洗いするのでもっと料金が欲しいくらいです(本音)

でも、1.5倍から2倍くらいの料金で洋服の寿命は確実に延びますよ。

僕たち毎日お風呂入りますよね。

お洋服たちにもたまにはお風呂に入れてあげてね

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング