CREDENCE

アパレル業界の平均年収と転職動向<2020年版>

クリーデンス

アパレル・ファッション業界の求人・転職サービス

フォローする:

あなたの年収は安い?高い?気になるあの職種の平均年収は?

アパレル・ファッション業界、2020年の職種別・年齢別平均年収と、そこから読み取れる転職動向・選考ポイントをまとめて発表します。

— ADの後に記事が続きます —

ファッションデザイナーの平均年収と転職動向

ファッションデザイナーの平均年収

ファッションデザイナーの転職動向

デザイナーの求人数は、コロナ影響により4~8月ごろにかけて落ち込んだものの、それ以降は復調し、10~12月の3ヶ月間では前年をやや上回りました。ただしその内訳を見ると、OEM/ODM企業や、D2C事業を展開する企業からの求人が増加している一方で、ブランド側の求人はブランド閉鎖などの影響を受けて減少しています。D2C事業においては、デザイナーとしてのクリエイティビティだけではなく、インフルエンサーとのやり取りを通じて、その意図を具現化できる力や、企画生産までの知見など、これまでとはやや傾向の異なるスキルが求められています。

またリモートでの働き方が普及したことで、一人ひとりの作業効率が上がり、業務委託などフルタイムでない求人も増えてきました。育児や介護などとの両立を目指す方にとっては、以前よりも希望に沿った働き方ができるようになったと言えるでしょう。

ファッションデザイナーの転職成功のヒント

上述したように、ブランド側の求人は減少しており、この傾向は今後も続くものと見られます。ぜひご自身の本来の力を発揮できるよう、ご自身に合ったブランドを取引先に持つ商社やOEM/ODM企業、D2C企業への転職も検討してみてください。希望を叶えられる可能性が拡がります。OEM/ODM企業であれば、広い商材を手掛けられること、マーケットを見る力やスキルの幅を伸ばせること、生産背景やコスト感覚が身についてモノづくりに反映できることなど、成長・スキルアップの面に多くのメリットがあります。

どのような企業であれば、ご自身の希望が叶い、感性や個性を活かせるのか。その見極めのために、まずはご自身のスキルややりたいことの洗い直し、そして企業研究が重要です。コロナ影響にともない、どの企業においても、より「売れる商品を生み出す」ことの重要性が増しています。そのため業種にかかわらずデザイナーとして意識してほしいのは、「なぜその絵を描いたのか」を語れるようになることです。現職でも数字や提案力などを意識しながら業務を進めましょう。またデザイナーに限った話ではありませんが、リモートでの働き方が普及したことで、「分からないことを隣の席の先輩にすぐに聞ける」というような、これまでは当たり前だったことができなくなっています。積極的なコミュニケーションも心掛けてください。

パタンナーの平均年収と転職動向

パタンナーの平均年収

パタンナーの転職動向

コロナ禍によるブランドの閉鎖や、パターン作製の海外工場への委託などにより、パタンナーの求人は減少傾向にあります。それにともなって採用条件は上がっており、素材・仕様の深い知識や、CAD・手引きの双方でパターンを作成できること、それに加えてオールアイテムに対応できることなどが求められています。

職種の性質上、評価制度に結び付きにくく、ご自身の成果が分かりやすく給与に反映されるというイメージが弱いパタンナーですが、<手に職>というイメージの一方で、マーケットを踏まえたビジネス目線の考え方も求められます。また最近では、3D CADなどの新しい技術も普及しつつあります。そんな中でも、ベースとなるスキルや知識が最も重要であることに変わりはありません。

平均年収は昇給が大きくないように見えますが、これは育児や介護などで時短勤務に切り替える方が増えているためです。年収は下がってしまうものの、一人ひとりがライフスタイルに合わせて、希望に沿った働き方ができるようになりつつあります。

パタンナーの転職成功のヒント

このような状況下での転職成功のためには、上述したとおりパターンスキルや知識があることを前提として、さらに他者との差別化や自身の強みとなる、プラスアルファのアピールが必要です。

積極的に外へ出て、パターンのトレンドや流行のシルエットをリサーチするなど、MDに近い目線でマーケットを見回ってみること。長らく同じアイテムを担当する中でも、自発的にさまざまなアイテムのパターン作製にチャレンジすること。これらの研究熱心な姿勢が、実務に活かされる可能性もあります。ぜひ積極的に取り組んでください。また3D CADの技術は、スポーツユニフォームや通販業界からアパレルに参入した企業を中心に、数年前から需要が高まっています。今後は一般のアパレルにも普及すると考えられます。セミナーを受講するなどして勉強しておくと、キャリアの幅が広がるでしょう。

このほか、原価率や生産効率の改善につながる仕様変更を、パタンナーならではの目線で考えられることも大切です。どの職種にも言えることですが、具体的な数字を提示することで、経歴や成果の説得力が変わってきます。日々の業務の中でも意識してみてください。

MD(マーチャンダイザー)・アパレルバイヤーの平均年収と転職動向

MD(マーチャンダイザー)・アパレルバイヤーの平均年収

MD(マーチャンダイザー)・アパレルバイヤーの転職動向

ブランドを作るうえで、最も重要な職種のひとつであるMDやバイヤー。そのためブランドの売上が給与や賞与に反映されやすく、コロナ禍の影響を受けた2020年はやや低めの結果となっています。求人数はコロナ影響により4~8月ごろにかけて落ち込んだものの、それ以降は復調し、10~12月の3ヶ月間では前年を上回りました。その内訳を見ると、D2C事業を展開する企業の求人が増加している一方で、ブランド側やセレクト企業の求人はブランド閉鎖・バイイング比率の低下などの影響を受けて減少しています。

求職者の傾向としては、現職にいても思い描くキャリアアップが望めない、将来に不安を感じるという転職理由が比較的多いのがMD・バイヤーの特徴です。ポジション上経営層が近く、自社の状況が良く見えているため、いち早く将来のことを考えてしまう。MD・バイヤーならではの転職活動のスタートと言えるかもしれません。

MD(マーチャンダイザー)・アパレルバイヤーの転職成功のヒント

就業人口が多くないため、もともと常に求人が豊富にある職種ではありません。また、事業やブランドに直結する職種のため、ウェブサイトなどで表立って公開しないケースが多いのもMD求人の特徴です。転職活動にあたっては早い段階から人材紹介会社に登録してアンテナを張り、ご自身でも準備を始めておくなど、環境を整えておきましょう。

「転職市場で求められるMD」という観点では、業種を問わず数値面に強いMDのニーズが高い傾向にあります。またブランド全体を俯瞰できる、スキルバランスの良い方が好まれる傾向がありますので、職務経歴書には幅広い実績を、具体的な数字も交えて記載しましょう。特に上述したD2C企業においては、MD設計だけではなく、生産面まで幅広く担える人材が求められています。

MDの中でも特に高年収の方の特徴として共通しているのが、経営者目線を持っていることです。残念ながらファッション・アパレル業界全体が縮小傾向にあると言われている現在、自らが経営側に立っていると意識し、新しいことを実行して利益を生み出せる人を、どの企業も求めています。現時点で「数値面が弱い」「経営者目線に不足を感じる」という方は、その経験が積める環境に身を置いてみることをおすすめします。あまり急がずにしっかりと経験を積み、アピールできるスキルを身に付けてから転職活動を始めたほうが、5年後・10年後の良い結果に結び付く可能性が高まります。/p>

またバイヤーですが、現在店頭で働いている方が希望職種として挙げることの多い職種の一つです。求人も少なく、未経験からのチャレンジは難しいですが、可能であれば現職でECにも携わり、仕入やバイイングの経験を重ねておくと良いでしょう。

アパレルVMDの平均年収と転職動向

アパレルVMDの平均年収

アパレルVMDの転職動向

VMDの求人数は以前から多くはありませんでしたが、2020年はコロナ禍による店舗閉鎖などの影響でさらに減少しました。急な欠員などがあった場合も、店舗スタッフや販促スタッフなどの兼任で賄ってしまうケースが多く、突発的に急募求人が出るということもまれです。

1ブランドを1人で担当する本社付きVMDの求人は、店舗付きVMD以上に希少です。ですが最近ではEC化率の高い企業を中心に、ECサイト上に使用する画像のコーディネートや、クリエイティブのディレクションなど、広い意味でのVMD業務を担うポジションもあります。これらのポジションには、VMD経験のほか、販促やグラフィックソフトの使用経験でチャレンジできる求人もあります。

アパレルVMDの転職成功のヒント

現在店頭で働いている方が、その経験を活かせるキャリアチェンジ先として挙げることの多い職種の一つですが、残念ながら転職のタイミングでのキャリアチェンジは難しいでしょう。複数店舗のVMDや本社VMDの経験を求められることがほとんどで、現職でディスプレイにも携わっていた経験のみでは、経験不足とみなされてしまいます。まずは現職で販売スタッフとVMDを兼務しながら経験を積み、そこからVMD専任を目指すことをお勧めします。 現在の職場にそのようなキャリアパスがない場合は、キャリアパスがある企業に絞って、販売職としての転職活動を検討することも視野に入れてください。

VMDのポジションは、MDや企画担当者が策定したブランド戦略を分析してVMDとしての戦略を立て、店舗へと展開していく。この一連の流れを自己完結で遂行できることが大前提です。加えてどれだけブランドイメージの打ち出しができ、売上に貢献できるかがポイントになります。またほとんどの面接ではポートフォリオが必須ですから、つどブランドに向けて作り込んだものを準備し、ご自身の分析力をプレゼンしてください。

アパレルプレスの平均年収と転職動向

アパレルプレスの平均年収

アパレルプレスの転職動向

コロナ禍によってECの利用率が格段に上がった2020年、「デジタルマーケティング」「EC販促」「SNS運用・企画」などの業務で即戦力となる人材を求める声が高まり、求人数は増加しました。アパレル・ファッション業界は、他業界と比較するとEC化やデジタル化にやや遅れを取っていたため、これらにかかわる職種は、比較的異業界からの転職者が多くなっています。だからこそデジタルの知見に加えて業界経験をお持ちであることが、大きな強みになると言えるでしょう。

その一方で雑誌など紙媒体を中心としたプレス職の求人は減少しました。企業によっては販管費削減の影響などもあり、この傾向は今後も続くものとみられます。

アパレルプレスの転職成功のヒント

上述したとおり、現在はデジタル領域に関する知見の有無が最も重視されています。言い換えると、プレスとしての豊富な経験や幅広いスキルをお持ちの方であっても、これらの知識や経験がなければ転職は難しい状況です。実際にキャリアの長い方でも、転職活動が難航してしまう事例がありました。デジタル領域にかかわった経験が少ないと感じられる場合は、現在の職場で意識して伸ばしておくこと、また職務経歴書へ記載する際に、これらのスキルを発揮して得られた成果も含めて記載することをお勧めします。

未経験からの転職は、デジタル領域であっても年々狭き門となっていますが、SNSや店舗ブログでの発信、そのための写真撮影などに少しでも積極的に関わっている方は、ぜひアピールしてください。チャンスにつながります。

このように職種をとりまく状況は一変しましたが、プレスはブランドの世界観を体現する立場ですから、大前提としてイメージに沿った雰囲気をお持ちであることも重要です。ECに携わるポジションであっても、ご自身がモデルになる機会もあります。面接には、そのブランドのテイストや世界観を理解し、ぜひふさわしいコーディネートで臨んでください。もちろんブランドへの愛情や、そこから生まれるやる気・積極性なども忘れずにアピールしましょう。

アパレルOEM営業の平均年収と転職動向

アパレルOEM営業の平均年収

アパレルOEM営業の転職動向

取引先や工場などとの人脈・つながりを重視するOEM営業は、企業としても自社で長く活躍してほしいという意向が強く、「辞めない」という印象の強い職種です。転職する場合も、ブランドへの提案や工場との折衝などを通して培われた人脈を活用される方が多く、求人広告や転職サービスを活用する方は多くありません。ですが現在は、アパレル業界へ新規参入したEC/通販系の企業などで、モノづくりに幅広く携わるポジションでの求人が増えており、OEM営業の方であれば、これまで培ったスキルを活かした転職も可能です。もちろん商圏を持ち込める方が歓迎されますが、タイミング次第では、やや条件が緩和された求人が発生することもあります。転職サイトをこまめにチェックするなど、常にアンテナを張っておくと良いでしょう。

アパレルOEM営業の転職成功のヒント

OEM営業の経験者を選考する際には、企画から請け負える提案力、仕様書や商材の構造などに関する知識、MDに近い数値系の経験・スキルなど、多岐にわたって評価されますが、OEM営業として転職する際に最も重要視されるのは、やはり「営業力」です。

商圏をお持ちであるか、新規の得意先を開拓するフットワークはあるか、どれだけの売上を残せるか。これまでのご経歴をもとに、具体的な数字も挙げてアピールしてください。そのうえでスピード感を持って行動できる方が評価されます。クライアントの動きに対応するための咄嗟の判断力や、即時に対応できる柔軟性など、これまでの経験から、お話できるエピソードをあらかじめまとめておきましょう。加えて工場のハンドリングや調整の能力があれば、一連のモノづくりへの理解にもつながります。ぜひ日ごろの業務の中で意識してみてください。

アパレル営業の平均年収と転職動向

アパレル営業の平均年収

アパレル営業の転職動向

一口に「営業」と言ってもその業務は細分化されており、コロナ禍を経た現在、SVや直営店営業など、小売にかかわるポジションの求人は減少しています。その一方で、ECモールを展開する企業でコンサルティング業務に携わる求人が発生するなど、EC系の企業で営業経験をお持ちの方を求めているほか、数は少ないですが、現状をチャンスととらえて出店を加速する企業での、直営店営業の求人もまれにあります。ぜひ転職サイトをこまめにチェックしてみてください。

業種をまたいだ転職がしやすいのも営業職の特徴の一つで、業種の違いが年収の違いに直結しているのも事実です。そんな中でファッション・アパレル業界の営業職の魅力としては、店頭と本社をつなぐ懸け橋として店頭イベントの企画にも携われ、その頻度もデザインの変更や季節の変わり目に応じて比較的多く、主体的・能動的に働けるなどの点が挙げられます。

アパレル営業の転職成功のヒント

営業職としてより良い企業と出会える可能性が高いのは、なんといっても数値に対する意識の高い方です。応募の際に提出する職務経歴書には、売上や担当エリアの詳細など、ご自身の実績につながる情報を具体的な数字が分かるかたちで必ず記載しましょう。他職種でも当たり前のことですが、営業であればなおさらです。未経験からのチャレンジの場合も同様に、たとえば店長や販売スタッフの方であれば、店舗売上、予算比、前年比、個人売上、顧客数、フェアにご招待した人数など、ご経歴を数値化することを、日ごろから意識すると良いでしょう。このほか高い語学力をお持ちの方であれば、商社の営業やインポートブランドの海外営業など、海外と関わる仕事に就けるチャンスです。

営業職はキャリアチェンジやエリア異動の頻度も高い職種です。求人が発生しやすいうえにそのつど条件が異なりますから、以前は選考に通らなかった企業でも今回は大丈夫というケースも多くあります。同時にご自身のスキルも、以前よりアップしているはずです。市場の中でのご自身の立ち位置を把握・自覚しながら、効率的に転職活動を進めましょう。そのためにはできるだけ早いうち、転職について「考えてみた」というタイミングでクリーデンスなどの転職支援サービスにご登録いただくことをお勧めします。カウンセリングでは転職市場の動向や具体的な求人情報だけでなく、例えば異業界へ転職した方の成功事例や失敗事例など、お一人での転職活動では手に入らないような、ヒントとなるエピソードも数多く聞くことができます。

アパレル店長・アパレル販売の平均年収と転職動向

アパレル店長・アパレル販売の平均年収と転職動向

アパレル店長の平均年収

アパレル販売の平均年収

アパレル店長・アパレル販売の転職動向

これまでの売り手市場から一転、店長・販売職は、コロナ禍の影響を最も受けた職種です。2020年は4月ごろから求人が大きく減少し、9月には復調傾向に入ったものの、前年比で70%程度の求人数となりました。このような状況下で採用を行う企業ももちろんあり、その背景として下記の二点が考えられます。一点目は、ラグジュアリーブランドやデザイナーズブランドでの採用です。これらのブランドはコアなファンを獲得していることが多く、景況感の影響を受けにくいため、求人数は少ないながら安定しています。これらのブランドは、販売員だからこそ提供できる付加価値を重視するため、ブランド理解に加え、経験者を求めるケースが多くなっています。もう一点は、新しい店舗接客のあり方を模索し、それを体現できる人材のニーズです。販売力やブランドイメージを向上させるため、「オンライン接客」や「SNS・ECとの連動」などの経験・スキルがこれまで以上に求められるでしょう。

アパレル店長・アパレル販売の転職成功のヒント

2020年は残念ながら会社都合での退職を余儀なくされたケースも多く、接客・販売業務の将来性に不安を感じている方もいらっしゃるかと思います。ですが、上述したように求人数は9月以降、増加傾向にあります。今後も新しい接客方法を取り入れて変化を続ける店長・販売職は、ご自身も成長できる職種であると言えるでしょう。またEC化率が上昇し続けるなかで、「店舗でしか実現できない価値」を生み出すことに思考をおよばせ、行動に移すことも重要なポイントです。

さらにアパレル・ファッション業界を広くとらえ、コロナ禍以降も好調なコスメやリユースにまで目を向けると、選択肢が増えます。最近ではアパレル企業の取り扱い商材も幅広くなっているため、企業側・求職者側ともに、以前よりもその垣根は低くなりつつあります。またアパレルと異なり、キャリアを重ねるにつれて生じる、ご自身の年齢とのギャップを感じにくく、長く活躍しやすいというメリットもあります。アパレルショップでの店舗運営や売上管理などのご経験は、取り扱い商材が変わっても再現性があるスキルですので、これらの経験をお持ちの方は、ぜひチャレンジしてください。日ごろから意識して、店舗売上、予算比、前年比、個人売上、顧客数、フェアにご招待した人数など、ご経歴を数値化する癖をつけておきましょう。

もちろんこれまでどおり、店舗見学を行い、企業・ブランドを深く知ることも大切です。美しい所作や、お客さまに「この人から買いたい」と思わせる雰囲気など、ご自身なりに研究し、面接での所作や証明写真の撮影などに反映してください。

アパレル生産管理の平均年収と転職動向

アパレル生産管理の平均年収

アパレル生産管理の転職動向

生産管理の求人は他の職種と同様、コロナ禍により減少しましたが、2020年9月以降に復調し、9~12月は前年を上回る求人数になりました。海外出張に行かれず、新しい生産背景を開拓することが難しい現在、直貿の経験や知見をお持ちの方のニーズが高まっています。

特にD2C事業を展開する企業の採用活動が活発です。これらの企業は異業界からアパレルに参入しているため、マーケティング力を駆使したブランド認知の向上や、システムについては既存のスタッフで賄える一方で、モノづくりのための人材を強く求めています。仕様書の作成などから幅広く携わるケースが多く、ご自身の経験・スキルと合致すれば、年収アップをともなう転職も可能でしょう。また、ECの売上比率が伸びたことから、物流に携わる人材を増員する企業が採用を行ったことも、求人数が上昇した要因の1つであると考えられます。

アパレル生産管理の転職成功のヒント

どの職種にも言えることではありますが、採用においては基本的なスキルに加えて「突出したアピールポイント」が評価されます。生産管理で言えば、こだわりのモノづくりを手掛けるブランドなどを中心に、明確に国内生産の経験を求める求人が少しずつ増えています。あらためてご自身の強みを理解したうえで存分にアピールし、それをもっとも評価してくれる企業を見つけることが大切です。

生産管理の仕事はいわゆる縁の下の力持ちで、「生産を滞りなく進めるのが当たり前で、評価が減点方式」とネガティブに捉えてしまうことも多いかと思います。精神的にも余裕をもって転職活動を進められるよう、クリーデンスなどの転職支援サービスを積極的に活用してください。

アパレル生産管理の平均年収と転職動向

アパレル生産管理の平均年収

アパレル生産管理の転職動向

生産管理の求人は他の職種と同様、コロナ禍により減少しましたが、2020年9月以降に復調し、9~12月は前年を上回る求人数になりました。海外出張に行かれず、新しい生産背景を開拓することが難しい現在、直貿の経験や知見をお持ちの方のニーズが高まっています。

特にD2C事業を展開する企業の採用活動が活発です。これらの企業は異業界からアパレルに参入しているため、マーケティング力を駆使したブランド認知の向上や、システムについては既存のスタッフで賄える一方で、モノづくりのための人材を強く求めています。仕様書の作成などから幅広く携わるケースが多く、ご自身の経験・スキルと合致すれば、年収アップをともなう転職も可能でしょう。また、ECの売上比率が伸びたことから、物流に携わる人材を増員する企業が採用を行ったことも、求人数が上昇した要因の1つであると考えられます。

アパレル生産管理の転職成功のヒント

どの職種にも言えることではありますが、採用においては基本的なスキルに加えて「突出したアピールポイント」が評価されます。生産管理で言えば、こだわりのモノづくりを手掛けるブランドなどを中心に、明確に国内生産の経験を求める求人が少しずつ増えています。あらためてご自身の強みを理解したうえで存分にアピールし、それをもっとも評価してくれる企業を見つけることが大切です。

生産管理の仕事はいわゆる縁の下の力持ちで、「生産を滞りなく進めるのが当たり前で、評価が減点方式」とネガティブに捉えてしまうことも多いかと思います。精神的にも余裕をもって転職活動を進められるよう、クリーデンスなどの転職支援サービスを積極的に活用してください。

調査概要

  1. 調査期間:2020年1月~2020年12月
  2. 対象:クリーデンス転職支援サービス登録者
  3. 調査方法:登録時の年収データより算出

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング