CREDENCE

EC関連の求人が過去最高に 2021年3月のファッション業界求人動向

クリーデンス

アパレル・ファッション業界の求人・転職サービス

フォローする:

アパレル・ファッション業界の最新版「業界動向」を発表します。

本調査は、2019年6月~2021年2月までに「クリーデンス」が受領した求人データをもとに算出しています。

— ADの後に記事が続きます —

調査トピックス

◆業界全体の求人数は、1月の緊急事態宣言の影響はほぼ受けず、横ばい。
◆求人数は、前年同期比で正社員97.2%、契約社員62.2%、全体で87.4%と回復傾向。
 ◆「EC・通販関連」の求人数(クリーデンス調べ)は過去最高に。即戦力採用に加え、未経験者の採用も増加。
◆人事・総務・財務・経理の求人は前年比220%に増加。

求人数の前年同期比

(※2019年12月~2020年2月までの求人数と2020年12月~2021年2月までの求人数を比較。赤いハイライトは前年同期比で増加した職種 )

業界の求人数は前年同期比で、正社員が97.2%、契約社員が62.2%、全体で87.4%へと回復。特に正社員の求人は新型コロナウイルス流行以前の数値にまで戻りつつあります。前年よりも求人数が増加した職種は、「生産管理」「プレス・販売促進」「EC・通販関連」「人事・総務・経理・財務」でした。これには、業界全体のデジタル化やEC化、余剰在庫を生まないための生産管理など、長年抱えてきた業界の課題を、コロナを契機に解消しようとする流れが生まれてきたことが要因にあげられます。一方、「店長・販売」は前年同期比で50%を下回り、海外の工場への外注が進む「パタンナー」とともに依然として厳しい状況が続いています。

求人数の推移

1月に発令された緊急事態宣言の影響は受けず、業界全体の求人数は横ばいに

求人数の推移を見ると2020年6月を境に回復傾向にあった求人数は、2021年に入り、横ばいになっています。新型コロナウイルスの影響下において、注力すべき取り組みが各社で明確になってきたため、今まで控えていた契約社員の採用を職種によって再開させる企業が増加しました。そのため契約社員の求人数は前期の67.9%から13.3ポイント上昇しました。(グラフ①)職種ごとに増減の変化はあるものの、1月の緊急事態宣言発令においては、採用活動への影響はほとんど見られませんでした。

解説者プロフィール

クリーデンス 事業責任者 河崎 達哉(かわさき たつや)
1984年、兵庫県生まれ。
2008年、株式会社インテリジェンス(現社名:パーソルキャリア株式会社)入社。
キャリアアドバイザーとして、IT・ウェブ領域や金融、医療を担当。
また、さまざまな業界のハイクラス層の転職も支援。
これまでに支援した転職希望者は、1,500名を超える。
キャリアアドバイザー部門のゼネラルマネジャーを経て、2019年4月からは「クリーデンス」の事業責任者として、アパレル・ファッション領域の人材サービスをけん引している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング