ADVERTISING

杉咲花 × 萩原利久 人が行動を起こす時

杉咲花 × 萩原利久 人が行動を起こす時

クリエイティブプラットフォーム
QUI

「孤狼の血」シリーズの柚月裕子による異色の警察小説が映像化。
映画『朽ちないサクラ』に出演する杉咲花と萩原利久へのインタビュー。

ADVERTISING

― 今回おふたりは、2019年公開の映画『十二人の死にたい子どもたち』以来の共演となりました。

杉咲花(以下、杉咲):前回初めて共演したときは、作品の内容としても、あまり密に交わる距離感ではなかったので、本作を通して萩原くんという人のことを知っていくような感覚でした。

萩原利久(以下、萩原):今回、どんな人でしたか?(笑)。

杉咲:あはは。すごく軽やかに現場にいらっしゃる方でした。心地よく現れて、気づいたらいなくなっている、みたいな(笑)。現場に溶け込むスピードの速さに驚きました。

― どんな現場でもすぐに溶け込んでいけるんですか?

萩原:どうですかね? 自分ではちょっとわからないですけど……。

杉咲:私は萩原くんと話していて、相手と仲良くなれる温度感をすぐにキャッチできる方なんじゃないかと思いました。

萩原:たしかに現場でも喋っていることが多いかもしれません。(杉咲さん演じる)泉さんと(自身が演じる)磯川が出会った警察研修時代のことは映画の中では描かれておらず、既に関係性ができた状態でのスタートだったので、今回はそこも含めて距離感を掴んでいくようにしていました。とは言ったものの、いい距離感やバランスがとれていたかはわからないですが。

杉咲:萩原くんがいると、肩の力が抜けるような感覚がありました。

萩原:よかったです。

― 劇中のふたりの関係性にも重なりますね。萩原さんは、杉咲さんとの共演はいかがでしたか?

萩原:前回は砕けた話をする機会がなかったので、実は今回、若干緊張していたんです。もう1度初共演するような感覚で(笑)。でも振り返ってみると、他愛ない会話をよくしていたような気がします。

杉咲:そうだね。

萩原:僕は基本、人とコミュニケーションをとるのが好きですし、何気ない会話が芝居に作用する部分もあると思っていて。今回は、かなり杉咲さんに場の空気をほぐしてもらったように感じています。

― 泉と磯川がバディという形で一緒に動くうえで、どのような部分を大切にしていましたか?

杉咲:私も現場でコミュニケーションをとる時間を大切にしたいタイプなので、そういった意味で“ものづくりの場で見つめたいもの”がお互いに遠くなかったのだと思います。

萩原:そうですね。カメラが回っていない時間も含め、現場での雑談や些細なコミュニケーションからふたりの関係を構築していけたような気がします。

もくもくと煙をあげて火が途絶えない(杉咲)

― 物語が進むたびにどんどん熱を持っていく泉と、目の前のことに柔軟に対応していく磯川。それぞれのキャラクターをどのように捉えて演じていきましたか?

萩原:磯川は観客の視点になる瞬間もあるキャラクターだと感じていたので、色で表すなら“白”のような存在でいようと思っていました。濃いキャラクターが多く、1つの物事に対していろんな角度から思想や目的が入ってくる作品だからこそ、磯川はなるべくフラットな状態でいようと。泉さんとの会話でも、張り詰めた空気を少しだけ和ませるようなやり取りを意識していました。

― 喫茶店での会話のシーンなどは、ふたりのこれまでの関係性があるからこそ生まれた空気だなと思いました。杉咲さんはいかがでしょう?

杉咲:泉は、怒りとか疑問とか、“痛み”を伴う感情ほどアクションを起こすきっかけになっているような気がしたんです。そういったところが泉の本質なのではないかと。(森田想さん演じる親友の)千佳との交流があって、事件があって、泉の人間性が炙り出されていく。1度発火したら、もくもくと煙をあげて火が途絶えない人なのではないかなって。

― いろんな人と関わるうちに、泉の中に芽生えていく信念のようなものが見えました。

杉咲:泉が組織という実態のないものに立ち向かい、闇の中を進んでいく中で、磯川や千佳のお母さんなど、血肉の通っている人たちと対面する時間は、泉の中で乾いてしまっていた何かが少しずつ潤っていく時間でもあったのではないかなと思います。

― 泉が前に進んでいくためにも、磯川は大事な存在だったんですね。

杉咲:はい。今、萩原くんの話を聞いていて、原作で磯川から喫茶店で「ちゃんと食べるまでお店出ないですよ」とか、終盤に「笑ってくださいね」などと言われる描写が浮かんできて。泉にとって磯川は、そういった生きることと密接である大切な行為や感情を思い出させてくれる存在だったのかもしれません。

― 一方で磯川は、泉への好意を隠したまま行動をともにしていきます。

萩原:脚本を読んだとき、磯川の行動の動機に、泉さんへの好意の部分がどれくらい作用しているのかが気になっていました。極端な話、それが全ての行動理由にもなるし、逆もある。その温度感で見え方も変わってくるから、撮影前に監督に確認しました。

泉さんへの想いは大きな動機でありつつも、それこそ泉さんに火がついたことで、磯川はその火に引っ張られていったんだと捉えました。もし恋心100%で動いていたら、接し方や踏み込むところも変わってきたでしょうし。どちらかというと恋心は、泉さんといる時でなく、一緒にいない時の方が作用していたように思いますね。

眠れない時は何かをクリアにする必要がある(萩原)

― 杉咲さんが本作に寄せたコメントにあった「この物語は、ひとりの人物の失敗から始まります」という言葉がすごく印象に残りました。おふたりは、起きてしまった失敗にどう向き合っていますか?

萩原:僕はかなり楽観的な性格なんです。まず解決する努力をしますけど、完全に終わったことや過ぎ去ったことに関しては変えられないと思うので、どうして失敗したのかを振り返って、同じことを繰り返さないように受け入れて落ち着くようにしています。

― なるほど。切り替えて進んでいくタイプなんですね。

萩原:とはいえネガティブな部分もあって、失敗を振り返っているとそこから抜けられなくなることもあるので、「次に繋げるしかない!」と切り替えるようにしています。そうしないと、日常生活を送る上で支障が出てくるんですよね。仕事中も気になってしまいますし。

― 切り替えも重要ですよね。

萩原:とりあえず、眠れれば一旦はオッケーなので(笑)。

杉咲:わかる。

萩原:眠れない時は1回立ち止まって、何かをクリアにする必要がありますよね。

― 杉咲さんはどうですか?

杉咲:私はその渦中にいる時には、自分自身の中で一度感情を整理し、状況を理解していくようにしています。あとは萩原くんが話していた内容に、結構共感しました。

― その時々の自分と向き合うことを大切にされているんですね。

杉咲:私もどちらかというと楽観的な方なので、いつまでも考えていても仕方がないことはあまり考えないようにしていますね。

― では最後に、本作をご覧になる方へメッセージをいただけますか?

杉咲:ダイナミックなテーマの中に、ひとりひとりの人間の心の移ろいや機微が映り込んでいる物語だと思います。映画を観た方それぞれの記憶や経験と似た手触りを感じられる瞬間を見つけてもらえたとしたら嬉しいです。

萩原:僕は現代の人間社会をすごく感じました。SNSが普及して、真実ではないものも真実かのように受け取られてしまう。でも、実際には物事は状況や見方によって全然違ってくるし、本当に多面的であるということをこの映画から改めて感じました。ぜひ映画館でご覧ください!

Profile _

右:杉咲花(すぎさき・はな)1997年10月2日生まれ。1997年10月2日生まれ。主な出演作に、ドラマ「花のち晴れ~花男Next Season~」(TBS/ 18)、NHK連続テレビ小説「おちょやん」(20~21)、「杉咲花の撮休」(WOWOW/ 23)、映画「トイレのピエタ」(15)、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」(16)、「十二人の死にたい子どもたち」(19)、「青くて痛くて脆い」(20)、「99.9―刑事専門弁護士―」(21)、「大名倒産」(23)、「法廷遊戯」(23)、「市子」(23)などがある。「52ヘルツのクジラたち」(23)、ドラマ「アンメット~ある脳外科医の日記~」(24)、「片思い世界」(25年公開予定)など話題作の公開が控える。one-piece dress ¥96,800 / STUDIO NICHOLSON (STUDIO NICHOLSON AOYAMA 03-6450-5773)

左:萩原利久(はぎわら・りく)1999年2月28日生まれ。埼玉県出身。主な出演作にドラマ「美しい彼」(MBS)、「月読くんの禁断お夜食」(テレビ朝日)、「真夏のシンデレラ」(フジテレビ)、「たとえあなたを忘れても」(ABC)、映画『劇場版 美しい彼〜eternal〜』(23)、『おとななじみ』(23)、『キングダム運命の炎』(23)、『ミステリと言う勿れ』(23)など。現在「萩原利久のwkwkはぎわランド」(フジテレビ)に出演中。7月7日より放送スタートするドラマ「降り積もれ孤独な死よ」(ytv・NTV)、映画「キングダム 大将軍の帰還」(7月12日公開)の公開が控える。また、年内に2nd写真集の発売も決定している。

Information

映画『朽ちないサクラ』

2024年6月21日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

出演:杉咲花 萩原利久 森田想 坂東⺒之助 駿河太郎 遠藤雄弥 和田聰宏 藤田朋子 豊原功補 安田顕
原作:柚月裕子「朽ちないサクラ」(徳間文庫)
監督:原廣利
脚本:我⼈祥太 山田能龍
映画『朽ちないサクラ』公式サイト
©2024 映画「朽ちないサクラ」製作委員会 

Photography : Yume Takakura
Styling for Hana Sugisaki : Saki Nakazawa
Styling for Riku Hagiwara : Shinya Tokita
Hair&Make-up for Hana Sugisaki : Masako Toyoda(dynamic)
Hair&Make-up for Riku Hagiwara : Emiy(Three gateee)
Art Director : Kazuaki Hayashi(QUI)
Text : Sayaka Yabe
Edit : Yusuke Takayama(QUI)

ADVERTISING

JOB OPPOTUNITIES

最新の求人情報(求人一覧

求人

【NEW ERA OSAKA】ストアスタッフ

New Era

【NEW ERA OSAKA】ストアスタッフ

年収

300万 〜

詳細を見る

ジャーナル

人としての成長とスキルアップの両方を支える!業績好調な「ルルレモン」の企業カルチャーに迫る

人としての成長とスキルアップの両方を支える!業績好調な「ルルレモン」の企業カルチャーに迫る

記事を読む

求人

【NEW ERA NAGOYA】ストアスタッフ

New Era

【NEW ERA NAGOYA】ストアスタッフ

年収

300万 〜

詳細を見る

ジャーナル

【イベントレポート】佐野 明政さんが手がけた3つのコラボ事例から紐解く。「ビームス流ココロを動...

【イベントレポート】佐野 明政さんが手がけた3つのコラボ事例から紐解く。「ビームス流ココロを動...

記事を読む

ジャーナル

鍛錬を続け、自分の枠を超える。日本発スキンケアブランドのCEOへ転身した、元マーケターのチャン...

鍛錬を続け、自分の枠を超える。日本発スキンケアブランドのCEOへ転身した、元マーケターのチャン...

記事を読む

ジャーナル

【連載 Vol.2】プロがわかりやすく解説!採用ブランディングの進め方 <STEP.1 現状分...

【連載 Vol.2】プロがわかりやすく解説!採用ブランディングの進め方 <STEP.1 現状分...

記事を読む

コラボパートナーの募集情報
コラボ募集一覧

コラボ

”水辺の宿場町”をデザインコンセプトとするアートホテル「東京ベイ潮見...

東京ベイ潮見プリンスホテル ”水辺の宿場町”をデザインコンセプトとするアートホテル「東京ベイ潮見...

詳細を見る

コラボ

自然素材をアップサイクルしたサステナブルなシューズブランド「Liberato(...

Liberato 自然素材をアップサイクルしたサステナブルなシューズブランド「Liberato(...

詳細を見る

コラボ

ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

ZEPPELIN ドイツ腕時計ブランドの"ZEPPELIN"とのコラボレーションウォッチパートナ...

詳細を見る

コラボ

自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

サガプライズ! 自治体の枠にとらわれない幅広いコラボ実績をもつ「サガプライズ!」とのコラボレーシ...

詳細を見る

Powered by

FIND THE NEXT

次の記事を探す

現在の人気記事

NEWS LETTERニュースレター

人気のお買いモノ記事

公式SNSアカウント