Promotion

【特集】クリス-ウェブ・佳子が着る"女を上げる"ユニクロ


scene4:素肌×シルクで大人オフカジュアルに

uniqlo-caline-rr-20160114_013.jpg

uniqlo-caline-rr-20160114_015.jpg

uniqlo-caline-rr-20160114_012.jpg

uniqlo-caline-20160114_077.jpg

カリーヌのスタイルについて、「すごくモード。特にレース使いがカリーヌらしい」とチョイスしたのは今季コレクションで唯一、ドレスとして提案されているキャミソールワンピース。上質なシルク生地を使用したドレスにレースを乗せたシック&セクシーらしいアイテム。「カリーヌは無造作な髪の毛とほぼスッピンのようなメイク、なのに装いはセクシーというのが特徴。作りすぎないセクシーって、なかなか難しいけどぜひトライしてほしいですね」。上から羽織ったミリタリージャケットはハリのある素材にコンパクトなシルエット。ライナーにはフォレストをイメージしたユニークな柄を採用しながら、落ちついた色味なので大人の遊び感を演出。

トップス:ミリタリーブルゾン ¥5,990+消費税
ワンピース:シルクキャミソールワンピース ¥6,990+消費税

scene5:「女を愉しむ」自分のための上質

uniqlo-caline-rr-20160114_016.jpg

uniqlo-caline-rr-20160114_018.jpg

uniqlo-caline-rr-20160114_020.jpg

「母親や妻としてではなく、女として愉しみたいコレクションですね」とコレクションの中で、最も人気が高いペンシルスカートを主役に据えたスタイリング。上品に仕上がった柄に目が行きがちだが、"美尻"スカートとしてキャリアウーマンから絶大な評価が集まるシルエット。都内でも完売店舗が相次いだ鉄板アイテムだけに今季も見逃せない。「バックのスリットが深く入っていて最初驚きましたが、履くと歩きやすく、絶妙な脚の見え方がさすが」。クロコダイル柄が施されたコートも艶やかながら着やすい。ペンシルスカートは、バリエーション豊富なため自分に合った色を選べるのも嬉しい。

コート:ジャガードコート ¥12,900+消費税
トップス:ラウンドネックセーター ¥2,990+消費税
ボトムス:コットンペンシルスカート ¥3,990+消費税
アクセサリー:シルクストール ¥1,990+消費税 / タイツ ¥990+消費税

カリーヌ・ロワトフェルド 2016年春夏コレクションムービー

スペシャルムービーの監督は、カリーヌのドキュメンタリー映画「マドモアゼルC ファッションに愛されたミューズ」(2013年に全世界で公開)の監督を務めたファビアン・コンスタン(Fabien Constant)が担当。10年以上にわたりカリーヌの取材をし続けたというコンスタンだからこそ撮れる洗練された映像に仕上がっている。

URL:http://www.uniqlo.com/carineroitfeld/


【関連】ユニクロ×カリーヌ・ロワトフェルド 春夏は働く女性向けの"簡単ウェア"

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング