Fashioninterview

【インタビュー】十倍直昭・野村仁美「グリモワール」躍進の理由は?

十倍直昭と野村仁美 Image by Fashionsnap.com
十倍直昭と野村仁美
Image by: Fashionsnap.com


お二人の結婚は?

十倍:いや、まだ結婚してないです。今付き合って7年目ですね。

野村:よく聞かれます(笑)。

十倍:しない理由もないんですけどね。バタバタですることが出来なかったっていうのもありましたし。

野村:機会があれば。タイミングが合えばですね。

十倍:しないつもりはないです(笑)。

grimo-interview-2013-12-20131218_053.jpg

海外にファンも多いと思いますが、海外展開については考えていますか?

十倍:具体的な出店についてはまだ未定ですが、考えてはいますね。実は海外の方が人気があって、正直、オンラインショップも海外からすごくアクセスがあります。ちょうど何日か前も一気に「VERUM」のタイツが何十足も売れました。

「Grimoire」は海外で「ドーリー系」と呼ばれています。

野村:誰も言ってないのに気がついたら「ドーリー系」になっていました(笑)。

grimo-shop-20120727_004.jpg

Grimoire店内


どうして海外で人気があるのでしょうか?

十倍:僕らが作っているタイツって海外に置いてないんですよ。年間3分の1以上海外に行っているので日本にないものや、海外で何がウケるのかを普通の日本人よりも理解できているのが大きいんだと思います。基本的には海外に無いものがウケますね。

野村:日本人の若い子って着物に興味がないし、骨董市とかもいかない。でも海外の若い人は古い建物とか教会とか古いアンティークなものにとても興味を持っている。やっぱり日本は人気で、その中で、フランスとイギリスの文化と親和性が高いのが「Grimoire」だったのかもしれません。

十倍:日本人がドレスを着ると良いハズシになるんですよ。海外の方って背が高くて、顔が小さくて目がぱっちりしてるのを日本人に望んでないんですよ。例えば、きゃりーぱみゅぱみゅちゃんが何で海外で人気あるかというと、背がちっちゃくて枠がちっちゃいから。あーゆう顔の人って外国に居ない。野村も外国の方に人気があって(笑)、日本に住まなきゃいいのにってぐらいあっちですごい人気があるんです。

grimo-interview-2013-12-20131218_004.jpg

日本は海外に目を向けるべき?

十倍:一番そこに目を付けた方がいいと思います。僕らは海外に行っているからわかるのですが、日本にいるだけだったらわからないと思います。現地のメディアは届けている情報が遅いんです。日本の最新情報が海外に広まるまでのタイムラグが中々改善されませんね。

野村:昔は日本がパリコレなど、海外の情報を吸収する流れでしたが今は逆。これは私の勝手な予想ですけど、イギリスってほんとは若い子達が日本に流れるのに困ったんじゃないかなと思います。今は止まらないぐらいの人気があって、20代前半の子達のほとんどは日本人が好きですよ。CANDY(キャンディー)さんやgalaxxxy(ギャラクシー)さんとか、私達とテイストは違いますけどすごい人気ありますね。

 次のページは>>次の流行は?両氏がネクストブーム予想を語る

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング