お買いモノ

ファッションECのエキスパートに聞いた、2020年に売れたモノと2021年のおすすめアイテム<ウィメンズ編>

 2020年も残りわずか。ファッションのエキスパートは今年をどう振り返るのでしょう。グローバルにビジネスを展開するファッションECサイト「マッチズファッション(MATCHESFASHION)」のキーパーソンに2020年ウィメンズウェアのお買いモノ傾向の振り返りと、2021年のトレンドについて聞きました。

メンズ編はこちらから>>
ファッションECのエキスパートに聞いた、2020年に売れたモノと2021年のおすすめアイテム<メンズ編>

▶︎答えてくれたのは...

ナタリー・キンガム
Natalie Kingham

MATCHESFASHION/ グローバルファッションオフィサー

ー2020年人気だったブランドとアイテムを教えてください。また、COVID-19の影響でカスタマーのショッピングに変化はありましたか?

 今年はすべてのブランドでアクティブウェアの売上が急増しました。「レ ティアン(LES TIEN)」や「エクストリーム カシミア(extreme cashmere)」、「レイ(RAEY)」のエフォートレスなルームウェアや、Web会議に最適なシャツなども好調でした。

 興味深いことに、COVID-19による都市ロックダウンのピーク時には、「グッチ(GUCCI)」のホースビットや「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のキルティング カセットなどのクラシックなハンドバッグの売り上げも増加しました。

 ファインジュエリーのカテゴリーも好調でした。傾向としては以前は特別な日のためのジュエリーが人気でしたが、今年は日常の装いに取り入れられるようなデザインが特に人気でした。例としてあげるなら、カシミアのジャンパーやクラシックな白シャツに、「シャイ(Shay)」の繊細なレインボーカラーのダイヤモンドのチョーカーや「ローレン ルビンスキー(Lauren Rubinski)」のゴールドのステートメントチェーンなどを組み合わせるといったスタイリングです。

 また、今年は例年に増してデザイナーズブランドのホームウェア(インテリア雑貨)へのニーズが高かったです。ホームウェア全体を通して、特に「色」にとても関心があるように感じます。おそらく、家の中で過ごす時間が長くなるにつれ、もっと色味や面白い雑貨を取り入れたいという思考が働いたのかもしれませんね。

ー2021年に注目しているブランドとその理由を教えてください。

Kenneth Ize

 ナイジェリア・ラゴス生まれで、西アフリカの布地と祖国の工芸品を再解釈したレディ・トゥ・ウェアコレクションを展開する「ケネス・イゼ(Kenneth Ize)」は、ラゴス郊外のサボ・ヤバにあるスタジオを拠点に活動しています。ナイジェリア全土のアーティストやデザイングループとのコラボレーションや、ラゴスのローカルの織工の小さなコミュニティを支援しているブランドです。

LASTFRAME

 2018年にローンチされた「ラスト フレーム(LASTFRAME)」は、工芸品を称えるもう一つの新しいブランドです。デザイナーの奥出貴ノ洋氏は、出身地である石川県の伝統的な職人技を守ることに焦点を当てており、ビビッドカラーのパターンニットのトートバッグは個性的で、まさにモダンさと伝統のコンビネーションが光るアイテムです。

LASTFRAME デザイナー奥出貴ノ洋

関連記事
【インタビュー】日本の伝統技術を未来に継承、「ラストフレーム(LASTFRAME)」が目指す"簡単に消費されない"ものづくり

 また、引き続き「イノベーターズThe Innovators)」プログラムに参加しているデザイナー12名とのパートナーシップも継続中です。どのデザイナーもMATCHESFASHIONのキュレーションに不可欠なユニークでパワフルなDNAを持っており、多様性と創造性にあふれているブランドばかりです。

関連記事
【インタビュー】"普通の服"をアップデートする「ステファン クック」とは?

ー手に取りやすい価格帯のおすすめブランドを教えてください。

 アイテムで言えばデニムなどいかがでしょう。デニムは今シーズン、様々なデザイナーが注力しているアイテムです。SS21には「ビー サイズ ジーンズ(B Sides Jeans)」「トゥ エ モン トレゾア(Tu es mon Tresor)」「メイド イン トムボーイ(Made in Tomboy)」といった刺激的な新しいデニムブランドも登場しています。

ー2021年のトレンドはどのようなものになると予測していますか?

 これからの季節のムードも考慮すれば、3つの組み合わせになると思います。それは、リラクシング感のあるエレガンス陽気で高揚感のある装い、そしてライフスタイルに即したエフォートレスなワードローブへのアプローチです。人々は再びドレスアップする機会を求めるはずです。よりゆっくりと自然なタイミングではありますが、そういったシーンが日常生活の中に徐々に戻ってくるでしょう。新しいものに対する人々の欲求や新たなトレンドに対する関心もまだあると信じています。何年も着用できる、汎用性が高くタイムレスなアイテムへの関心は安定して変わらず人気でしょう。

MATCHESFASHIONとは?
 イギリス・ロンドンを拠点にする総合ファッションECサイト。450以上のラグジュアリーブランドを取り扱い、ここでしか買えない人気ブランドの限定アイテムも多数ラインナップ。オリジナルのマーブルプリントの梱包材はギフトラッピングとしてそのままギフトにも最適。3万円以上の購入で送料無料。購入後28日以内なら返品も無料。
https://www.matchesfashion.com/jp/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング