Culture マストチューン

【今週のマストチューン】SiR、ヴェルベット・ネグローニ、Aya Gloomy〜8月第5週〜

 トレンド最前線を行く者、音楽も最前線を聴け——毎週金曜日、最新アルバム・EPの中からFASHIONSANP.COMが独自の視点でピックアップする音楽連載「今週のマストチューン」。ジャンルを問わず、今注目したい3タイトルを紹介します。8月最後の週は、業界期待の新鋭R&BシンガーソングライターSiRがRCAと契約して発表したメジャーデビューアルバム、ヴェルベット・ネグローニ(Velvet Negroni)が4ADと電撃契約しリリースしたデビュー作、独特な世界観で音楽シーンを騒がせた1stアルバムで注目を集めたAya Gloomyによる2nd EPをセレクト。

— ADの後に記事が続きます —

Top Dawg Entertainment所属のSiRによる待望のニューアルバム

 シーンを代表するビッグアーティストを擁する西海岸のレーベル「Top Dawg Entertainment」の所属アーティストSiRが、新たに流通契約を結んだRCAからニューアルバムをリリース。参加ゲストにはレーベルメイトであるケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)やザカリ(Zacari)をはじめとして、リル・ウェイン(Lil Wayne)やスミノ(Smino)など、超豪華布陣が揃い踏み。ナイトシーンにぴったりの、色気たっぷりでムーディーなサウンドが詰まった今作は、お酒を飲みながら聴きたい大人な1枚です。夏の終わりを感じる夜のお供に。

ヴェルベット・ネグローニが4ADからデビュー作をリリース

 ミネアポリスを拠点に活動するエクスペリメンタルなシンガーソングライター ジェレミー・ナッツマンによるプロジェクト ヴェルベット・ネグローニ。カニエ・ウェストやボン・イヴェールも虜にする、唯一無二のシンガーが名門レーベル「4AD」との契約を果たし、待望のデビューアルバムをリリースしました。今作にはPsymunを共同プロデューサーに迎えており、温かみのあるシンセの音とダウンテンポなパーカッション、R&Bのスロージャム、そしてバンドのエネルギーが融合したサウンドと低音の優しく甘いボーカルが絶妙に絡み合った楽曲の数々は、他のアーティストとは一線を画しています。

ファッション業界も注目するアーティスト Aya Gloomyの最新作

 オリエンタルなサウンドとフューチャリスティックな世界観でシーンを揺るがせた1stアルバム「陸の孤島」から1年、Aya Gloomyが2nd EP「KANJIRU」をストリーミング配信でリリースしました。セルフプロデュースによるアンダーグラウンドでありつつもどこか親しみを感じるエレクトリックなサウンドで、自身のパーソナルな思いを綴った日本語詞も披露しています。一聴するとクセの強い楽曲に面食らいますが、聴き込むごとにどんどん作品に引き込まれていく、不思議な魅力を持った刺激的な一枚です。

>>マストチューンバックナンバーはこちらから

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング