ショーツ誕生から100年、プチバトーが発明した「プチ・キュロット」のストーリー

2018年05月15日 20:00 JST

 ショーツの誕生から2018年で丸100年。フランスを拠点とする「プチバトー(PETIT BATEAU)」が「プチ・キュロット」と呼ばれるショーツを開発し、1世紀に渡ってカッティングや素材を工夫しながら、子どもから大人まで世界中の人々に届けてきました。今や定番となったプチ・キュロット(ショーツ)の歴史を紐解きます。

■ショーツが100周年
プチバトーのショーツ「プチ・キュロット」が誕生100周年、記念アイテムが登場

【特集】名品・定番
手帳ブランド9選 〜ほぼ日からスマイソンまで〜
クリエイター・デザイナー向けの高機能ワークチェア8選
雨の日やアウトドアを快適に、レインウェア専門ブランドまとめ
ドクターマーチンのブーツ
ワークパンツといえば「ディッキーズ」
高機能ワークチェアの代表格「アーロンチェア」とは