Image by: FASHIONSNAP.COM

FashionPromotion

おしゃれなひげスタイルのポイントは?シックで作る3つのトレンドスタイル

Image by FASHIONSNAP.COM
Image by: FASHIONSNAP.COM

 ひげもファッションの一部。服や髪型を変えるようにその人にあったスタイルに変化させることで、見た目の印象をがらっと変えることができます。そこで今回は、ファッション性を意識した注目のひげスタイルとともに、美しい仕上がりを叶えてくれる「シック(Schick)」の新商品について紹介します。

押さえておきたいひげを整えるときのポイント

 スタイリッシュなひげに仕上げるために一番大切なのは「清潔感」。適当に剃っただけの状態ではむしろ不潔な印象を与えてしまいます。清潔感を叶えるために大切なのは以下の3つ。

◎美しい地肌を保つ
→きれいな地肌は清潔感の基礎基本。肌荒れや剃り残しは、大きなマイナス要素になります。普段のスキンケアはもちろん、ひげ剃りの際にもできる限り肌に優しいアイテムを選ぶのがベター。

◎毛の長さも調節する
→案外見逃しがちですが、ひげは長さがとても重要。理想のスタイルに仕上がるよう、トリマーなどを使い、毛の長さを調節してみましょう。

◎毛流れを整える
→剃って切ってで終わりではありません。毛流れが乱れているボサボサの状態ではせっかく整えたひげも台無し。外出の前には一度コームでとかすなど工夫してみましょう。

日本オリジナル・フラッグシップモデル「極 KIWAMI」とは?

ポイント1 きれいな地肌を保てるこだわりの5枚刃
 改良を重ねたこだわりの5枚刃には、金属アレルギーが起きづらいチタンコートを使用し、肌の安全を考えたスキンガードを採用。また敏感肌向けのバージョンも展開されています。

ポイント2 無理なく深剃りを実現
 「極」に採用されている「フリップ式トリマー(TM)」は、ヘッドの上部が後ろに倒せることで、モミアゲや鼻の下のキワまで簡単に整えることが可能。毛の根元から断ち切って、つるりとした肌に仕上がります。

ポイント3 独自技術「衝撃吸収テクノロジー」が叶える優しい使用感
 肌への圧力を自動的に調節し、常に肌への圧力を均一にして肌に密着する独自の衝撃吸収テクノロジーを搭載。肌の上を滑らせるだけで快適な深剃りが実現。

ひげもファッション、シックで作る3スタイル

Style1 ストリート

 口ひげとあごひげをバランス良く整えたスタイルは、今トレンドのストリートスタイルと相性抜群。毛量によりますが、ひげの長さは3mmくらいがおすすめです。また、頬やもみあげに少しでもひげが残っているとだらしない印象になってしまうので、剃り残しがないよう綺麗に整えてみましょう。

Style2 ベーシック

 さりげなくアクセントを加えるあごひげだけのスタイル。長さは4mmくらいがベターで、無地のベーシックなウェアとも自然と馴染みます。また、あごひげ以外は綺麗に剃り上げるスタイルだからこそスキンケアは入念に。敏感肌の人は「シック」の新商品「極」の敏感肌用を使って、肌を労ってみては?

Style3 スーツ

 大人の男性にぴったりの力強いスタイルで、スーツ姿にも映えます。清潔感を保つため長さは2cm程度がおすすめで、あごひげだけ少し長くしても◯。小回りがきくヘッドをうまく活用して、毛の生えていない部分と生えている部分の境目は丁寧に作ってあげると、スーツがよく似合うきっちりとした印象に仕上がります。

シックが創業100周年に提案する「多様性」

 1921年に創業した「シック」は今年でブランド100周年。長きにわたる伝統を持つブランドは、この機に現代における重要なキーワード「多様性」にフィーチャー。ひげはただ剃るものではなく、その人それぞれの整え方で楽しむものに、というコンセプトを掲げています。新しいブランドイメージとコンセプトを伝えるため、「極」のCMには女優の本田翼さんを起用しました。

タイトル:「モテたい男/父の葛藤」篇(30秒)
出演者:本田翼、伊島空、大倉 孝二

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング