Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

今気になる"バリバリ系" 財布やスニーカーなど続々

Image by: FASHIONSNAP.COM

 誰もが聞き覚えある「バリッ」という音。「ベルクロ」や「マジックテープ」の名称でもおなじみのあの素材、正式名称を「面ファスナー」と言います。近年ではベルクロスニーカーの支持が高まり、ラグジュアリーブランドでも新作が発表されるほど。近頃気になる"バリバリ系"に着目します。

懐かしい?バリバリ財布

 昨年、最年少棋士の藤井聡太さんが持っていた"バリバリ"財布が話題に。マジックテープ式の財布はスポーツメーカーや吉田カバンの「ポーター(PORTER)」シリーズなどが知られていて、主に中高生や男性に支持されています。ファースト財布として使っていた人も多い事から、ネットでは「懐かしい」という声も挙がっていました。

 「アーペーセー(A.P.C.)」の展示会で思わず手にとったのが、この"バリバリ"財布。ミニ財布がブームが続いていますが、マジックテープ式だとフラットに畳めるのでコンパクトなのもポイント。シンプルなデザインで、大人がバリバリ使えそうです。<2019年発売予定>

 

近未来のムード

 近年のスニーカーブームと共に、ベルクロスニーカーも進化を遂げました。「アディダス(adidas)」のようなスポーツメーカーだけではなく、その波は「プラダ(PRADA)」や「ディオール(DIOR)」などのラグジュアリーブランドにも。機能的なマジックテープは宇宙服にも採用されているので、フューチャリスティックなデザインにフィットします。

 「ケンゾー(KENZO)」の新作シューズはボリュームがあり存在感たっぷり。クロスさせたベルクロ式のストラップで捻りが加わって、レトロフューチャー的なデザインが目を引きます。

 「グッチ(GUCCI)」や「サカイ(sacai)」は、スポーツサンダルをベースにアレンジ。「アクネ ストゥディオズ(Acne Studios)」や「ディオール」では、タフな印象のスニーカーに施されたストラップがアクセントになっています。<2019年春発売予定>

DIYを楽しめる

 DIY(DO IT YOURSELFの略語)が浸透し、オーダーメイドやカスタマイズで自分好みのアイテムを作ることができるサービスが増えています。そんなニーズに答えるのが、繰り返し貼ったり剥がしたりできるマジックテープ式のデザイン。「エモダ(EMODA)」と「フィラ(FILA)」のコラボスニーカーでは、ソールの上部に面ファスナーが使われていて、気分やスタイルによってロゴマークを自由に取り外しできるようになっています。

 自分自身で自由にカスタマイズできるバッグといえば「ニューニュー(newneu.)」。面ファスナーのループ面をベース素材として使用しています。ワッペンだけではなく、ビジュやスタッズ風、ファーなどの付属ピースでアレンジ自在。同じく自由にカスタマイズできるiPhoneケースなども人気があります。

 

 機能性と自由度を求める現代人にぴったりの"バリバリ系"。デザインや表現の可能性をまだまだ秘めていそうです。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング