2020 Spring Summer

ファッションウィーク

Collection

ファッションショー・ルックブック

2020-21AW

MONCLER GENIUS

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

MARC JACOBS

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

JIL SANDER -Women's-

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

GUCCI -Women's-

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

3.1 Phillip Lim

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

rag & bone

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

BURBERRY

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

JW ANDERSON

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

MM6 Maison Margiela

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

COACH

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

N.HOOLYWOOD COMPILE

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

COMME des GARÇONS HOMME

2020-21 Autumn Winter

「グッチ」20AWで改めて考えるファッションショーの持つ力

 「グッチ(GUCCI)」が2月19日、クリエイティブディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)による2020-21年秋冬ウィメンズコレクションをミラノで発表した。

Fashion /

【対談】HATRA×Synflux、効率化の先にあるクリエイティブは「新たな人間像の創造」 AIが変えるファッションデザインの未来

 テクノロジーとの関係が密接になってきたファッション業界。中でもコーディネート提案やトレンド予測、ロジスティクスなど活用の場が広がっているのがAI(人工知能)だ。膨大なデータを分析・処理できるAIを活用することで効率最適化が進むが、ファッションのクリエイティブ面にはどんな影響を与えるのか?AI(人工知能)とアルゴリズムを活用した「アルゴリズミック・クチュール(Algorithmic Couture)」を用いてパーカを作り上げた「シンフラックス(Synflux)」の川崎和也と「ハトラ(HATRA)」の長見佳祐が、デジタルツールの可能性を探りながらファッションの本質を議論する。

Technology / Fashion /

「東京ファッションウィーク」20年秋冬のスケジュール発表、トップバッターはレインメーカー

 東京ファッションウィーク「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 A/W」の開催スケジュールを、一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構が発表した。トップバッターは渡部宏一と岸隆太朗が手掛ける「レインメーカー(RAINMAKER)」に決定。新たな参加ブランドも発表し、3月16日から21日までの6日間で合計52ブランドがショーやイベントを開催する。 【あわせて読みたい】「東京ファッションウィーク」20年秋冬に参加する43ブランド発表、LDHアパレルが初参加

Fashion /

新型コロナウイルスの影響で中国ブランドがパリコレ20AW不参加を表明 Jarel ZhangやMashamaなど

 中国のファッションブランド「Jarel Zhang」や「Mashama」、台湾発のブランド「シャッツィ・チェン(SHIATZY CHEN)」が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020-21年秋冬ウィメンズパリファッションウィーク(以下パリコレ)の参加を中止した。パリコレは、2月24日から3月3日にかけて行われる。 【あわせて読みたい】新型コロナウイルス感染拡大で上海ファッションウィークの延期が決定、中止の可能性も

Fashion /

エレガントでパンキッシュ、反骨心に溢れていたドリス ヴァン ノッテン20-21AW

 「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」の2020-21年秋冬コレクションは、"エレガンス・パンク"と形容したくなるくらい反骨心に溢れていた。この場合のパンクとは、イギリスの様式美的なパンクではなく、姿勢としてのパンクである。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎) 【こちらもチェック】「ルイ・ヴィトン」20年秋冬、シュールな空間で際立つドレッシースタイル 今のヨーロッパのリアルファーに対する嫌悪感は、想像を超えるものがある。もちろん、ミラノのモンテナポリオーネ通りやパリのフォーブルサントノーレ通りなどの富裕層が集まる通りでは、ときおり毛皮を羽織ったマ...

Fashion /

「東京ファッションウィーク」20年秋冬に参加する43ブランド発表、LDHアパレルが初参加

 楽天が冠スポンサーを務める東京ファッションウィーク「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 A/W」の参加ブランドを、一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構が発表した。 【あわせて読みたい】東京ファッションウィークに何を期待する?有識者にアンケート調査 初参加ブランドは「ベース マーク(BASE MARK)」「ミーンズワイル(meanswhile)」「ユウキ ハシモト(YUKI HASHIMOTO)」「リコール(RequaL≡)」「ヨシダロベルト(...

Fashion /

コム デ ギャルソン・シャツがアシックスとコラボ、発売30周年のゲルライトスリーをベースに迷彩をデザイン

 「コム デ ギャルソン・シャツ(COMME des GARÇONS SHIRT)」が、2020-21年秋冬コレクションで「アシックス(ASICS)」とのコラボレーションスニーカーを発表した。 >>「コム デ ギャルソン・シャツ」2020年春夏コレクションのルックはこちら

Fashion /

「ファミレスは僕のWe Are The World」ダブレットがパリで初のプレゼンテーション

 聞き慣れたチャイムとアナウンス。テーブルにはオリジナルのメニューが置かれている。ここがパリのプレゼンテーション会場だと忘れてしまうほど細部まで作り込まれた空間は、まさに「ダブレット(doublet)」という名のファミレスだ。しかし、ただ日本ぽいものを持ち込んだのではない。発表された2020-21年秋冬コレクションからは、デザイナー井野将之にとっての国境がない世界、"We Are The World"を体験することができた。 【あわせて読みたい】「ダブレット(doublet) 」の東コレデビューに密着

Fashion /

黒澤明「蜘蛛巣城」が着想源 蜘蛛の巣のように観客を飲み込んだ「アンダーカバー」20年秋冬

 2020-21年秋冬の「アンダーカバー(UNDERCOVER)」が、後世に語り継がれるであろう素晴らしいコレクションを披露した。キーワードは"和と洋の融合"。感動でショーが終わってもしばらく身震いが止まらなかった。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎) 【全ルック】UNDERCOVER 2020-21年秋冬コレクション

Fashion /

プラダが描く「シュールなクラシック」20年秋冬メンズ

 2020-21年秋冬の「プラダ(PRADA)」が提案したのは、少しだけ"バランスが崩れた"クラシックな服。ファンなら必ずや歓喜する魅力的なピースが目白押しだ。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎) 【こちらもチェック】メンズ20年秋冬のトレンドはウエスタン?「ジル サンダー」などが参加したピッティ・イマージネ・ウオモをレポート 地下鉄3号線のLodi Tibb駅を降りて、10分ほどてくてく歩く。レム・コールハースの設計によるフォンダツィオーネ プラダ(プラダ財団)の建物が見えてきた。2015年にこの施設ができる前は、電車の...

Fashion /

「グッチ」ミケーレが5周年、20年秋冬メンズで示した男らしさの多元性と普遍性

 ミラノ・メンズコレクションのトリを飾ったのは「グッチ(GUCCI)」。アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)のクリエイティブディレクター就任5周年を記念するもので、2017年春夏シーズン以来のミラノ・メンズウィークでの発表となった。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎) 【こちらもチェック】メンズ20年秋冬のトレンドはウエスタン?「ジル サンダー」などが参加したピッティ・イマージネ・ウオモをレポート 会場はこれまで数々の大規模なショーが行われてきたミラノのパラッツォ・デッレ・シンテッレ。中に入ると、裁判場のような木のボックスシートが設置されていて、砂が敷かれたランウェイの中央には、巨大な鉄球のよ...

Fashion /

フェンディが日本人デザイナーと初コラボ 「アンリアレイジ」森永邦彦を迎えた2020-21年秋冬メンズコレクション発表

 「フェンディ(FENDI)」が、デザイナー森永邦彦が手掛ける「アンリアレイジ(ANREALAGE)」とのコラボレーションを発表した。ミラノメンズファッションウィークの4日目、イタリア時間で1月13日午前に開催された2020-21年秋冬メンズコレクションの一部として、コラボアイテムが披露された。 【詳細レポート】フェンディとアンリアレイジの"黄の衝撃"を体験して

Fashion /

スーツ需要が減る中、メンズファッションの祭典ピッティで注目のスタイルは?

 2020年1月7日から10日までの4日間、世界最大級の紳士服見本市「第97回 ピッティ・イマージネ・ウオモ(Pitti Immagine Uomo 97)」がイタリア・フィレンツェで開催された。8年にわたり毎シーズン取材しているファッションジャーナリストの増田海治郎がリポートする。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎)

Fashion /

東京ファッションウィークに何を期待する?有識者にアンケート調査

 これからのファッションウィークの在り方は?2019年10月に楽天が冠スポンサーを務める「Rakuten Fashion Week TOKYO」が始動したが、これまで東京のファッションウィークを継続的に見てきた有識者はどのように見ているのか。ジャーナリストやバイヤー、ディレクターなどへのアンケート調査から、"東コレ"の現状と課題、今後に期待することなど、様々な意見をまとめた。 【あわせて読みたい】FASHIONSNAP.COMが選ぶ東コレブランド トップ10<2020SS>

Business / Fashion /

【ランキング】FASHIONSNAP.COMが選ぶ東コレブランド トップ10<2020SS>

 楽天が冠スポンサーとなった東京のファッションウィーク「Rakuten Fashion Week TOKYO」をメインに、国内で新作の2020年春夏コレクションをショーやプレゼンテーション形式で発表した50以上のブランドから、設立10年以内のブランドを対象にトップ10を選出。ジャーナリストやバイヤー、ショップディレクターなどへの評価アンケートを元に、FASHIONSNAP.COMのコレクション編集委員会がランキングを決定した。独創性や市場性などを総合し、優れたコレクションを披露した10ブランドを発表する。 【前回は?】1位を獲得したのはデビュー3年目のニューカマー 前シーズンのランキングはこちら

Fashion /

「見えなくなったもの、失ったもの」リトゥンのショーに10年ぶりに行った

フィナーレでイムジン河が流れた。プロパガンダとして知られるが、分断された故郷を思う美しい歌声にふと思いを巡らせた。前回リトゥンアフターワーズのショーを観たのは10年前。あれから何を得て何を失ったのだろう。

Fashion /

リトゥン2年ぶりのショーで放浪する魔女が行進 「After All」と「ノマド」 を描く

 「リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)(以下、リトゥン)」の約2年ぶりのショーが上野恩賜公園・噴水広場で行われた。今回は、2019年春夏シーズンから新たなストーリーとして発表されていた三部作「For witches」コレクションの最終章「Anxious Witches」を落とし込んだコレクションで、ショーのメインテーマは「After All」。「自分たちのファッションを最も統合して発信できるもの」とショーに対しての考えを述べる山縣は、裏テーマに「ノマド(遊牧・放浪)」を潜ませ、ファッションで問いかけた。 >>writtenafterwards2020年春夏コレクション全ルックを見る

Fashion /

人気企画「パリコレ学」はどう生まれた?キーマンたちに聞く裏話<4. 先生:アン ミカ>

 TBS系列で放送中の「林先生の初耳学」内の1コーナー「アン ミカ先生が教えるパリコレ学」。"パリコレ"デビューを目標にタレントでモデルのアン ミカさんが先生となり、モデルの卵(=学院生)たちのパリコレまでの道のりと現地での挑戦を追った人気企画です。企画は反響を受け、第1シーズン放送終了後まもなく第2シーズンがスタート。この半年間、第2期生の切磋琢磨し成長する様子がお茶の間に届けられました。そんな「パリコレ学」のカメラに収まりきらなかった裏話について制作陣、出演者など関係者にインタビューします。第4弾となる最終回は先生を務めたアン ミカさん。パリコレ期間中に現地で話を聞きました。

Fashion /

人気企画「パリコレ学」はどう生まれた?キーマンたちに聞く裏話<3. モデル:平田かのん>

 TBS系列で放送中の「林先生の初耳学」内の1コーナー「アン ミカ先生が教えるパリコレ学」。"パリコレ"デビューを目標にタレントでモデルのアン ミカさんが先生となり、モデルの卵(=学院生)たちのパリまでの道のりと現地での挑戦を追った人気企画です。企画は反響を受け、第1シーズン放送終了後まもなく第2シーズンがスタート。この半年間、第2期生の切磋琢磨し成長する様子がお茶の間に届けられました。そんな「パリコレ学」のカメラに収まりきらなかった裏話について制作陣、出演者など関係者にインタビューします。第3弾はパリコレデビューを飾ったモデルの平田かのんさん。パリコレ期間中に現地で話を聞きました。 【関連記事】人気企画「パリコレ学」はどう生まれた?キーマンたちに聞く裏話<2.ディレクター:山内健太郎&プロデューサー:内藤結葉>現役高校生モデル平田かのんとは? ー「パリコレ学」第2シーズンの合格者に選ばれ、そしてパリコレの舞台に立つことができました。今の率直な感想は?  自分の成長を実感できて、とても嬉しいです。ここまでこれ...

Fashion /

マルジェラ、コペルニ、マリーン・セル......パリコレ来場者の所持率が高いアイテム6選

 9月23日から10月1日まで開催されたパリコレ。セレブリティやスタイリスト、ジャーナリストやバイヤーなどファッション関係者が世界中から集いましたが、トレンドに敏感なファッションのプロだからこそ着用アイテムがかぶることも。2020年春夏コレクションシーズンの会場周辺で撮影したスナップから、所持率が高かった6つのアイテムをピックアップ!

Fashion /

首、腰、脚......アクセサリー感覚で身につけるバッグ最前線【パリコレスナップから見る2019年秋冬トレンド】

 9月23日から10月1日まで開催されたパリコレ。ランウェイでは来春に向けた新作が発表された一方で、オフランウェイ(=ストリート)のトレンドも見逃せません。  ここ数年ですっかり浸透したベルトバッグなど"身につけるバッグ"の人気は、今年の秋冬も健在。定番のウエストバッグやネックレスポーチ、そして今シーズンは足首に巻きつけるタイプや、ベルトループにマイクロサイズのミニバッグをぶら下げるスタイルなど、斬新な身につけ方の上級者も。バッグの定義がよりアクセサリーに近くなっているようです。スナップは下のスクロールから。

Fashion /

人気企画「パリコレ学」はどう生まれた?キーマンたちに聞く裏話<2.ディレクター:山内健太郎&プロデューサー:内藤結葉>

 TBS系列で放送中の「林先生の初耳学」内の1コーナー「アンミカ先生が教えるパリコレ学」。"パリコレ"デビューを目標にタレントでモデルのアンミカさんが先生となり、モデルの卵(=学院生)たちのパリまでの道のりと現地での挑戦を追った人気企画です。企画は反響を受け、第1シーズン放送終了後まもなく第2シーズンがスタート。この半年間、第2期生の切磋琢磨し成長する様子がお茶の間に届けられました。そんな「パリコレ学」のカメラに収まりきらなかった裏話について制作陣、出演者など関係者にインタビューします。第2弾は現場を指揮するディレクターの山内健太郎さんとプロデューサーの内藤結葉さん。

Fashion /

売るためのファッションショーに未来はない?ミキオサカベが示したショーの意味

 業界紙の記者との会話の中で「ファッションショーのレポート記事が読まれない」という話題になった。それはウェブメディアにおいても顕著だが、ショーという限られたライブコンテンツに対して、ひと昔前のように限られた人のみが享受し発信できる情報ではなくなったという事実はある。しかし根本的には、ショーの意義をブランドも受け手も見い出せていないからではないか?果たしてショーは何のためにあるのか?心の奥底で引っかかっている疑問の答えを、ハッキリと示そうとしたのが「ミキオサカベ(MIKIO SAKABE)」だった。デザイナー坂部三樹郎なりの考えはシンプルに、「強くファッション性を打ち出す」こと。

Fashion /

「ファッションでポジティブなパワーを伝えたい」ミスター・ジェントルマンが10色のタイダイで彩り豊かなフィナーレ

 オオスミタケシと吉井雄一が手掛けるメンズブランド「ミスター・ジェントルマン(MISTERGENTLEMAN)」が10月18日、「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S」で2020年春夏コレクションを発表した。ショーミュージックとして大沢伸一が制作したオリジナルトラックが、特設のスピーカーを通じて大音量で流れて会場のテンションを上げた。

Fashion /

ファッションが文化の架け橋に、日本とアフリカ6組の若手デザイナーがプレゼンテーションを開催

 日本とアフリカのファッションを繋ぐ新たなプロジェクト「FACE.A-J」が東京タワーの麓にあるスターライズタワーのスタジオで10月17日に開催され、6組の若手デザイナーたちがコレクションを発表した。

Fashion /

コウザブロウとランドロードが合同ショー、対照的なメンズブランドが渋谷の地下でカオスな融合

 ニューヨークを拠点に活動する「コウザブロウ(KOZABURO)」と「ランドロード ニューヨーク(LANDLORD NEW YORK)」が10月16日、東京で初の合同ショーを行なった。テーマは「THE GREAT CITY TOKYO」。

Fashion /

冨永愛やKōki,などが出演した「トモ コイズミ」日本初のショー、ピュアな女性が大成するまでのストーリー描く

 小泉智貴が手掛ける「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」が10月16日、表参道ヒルズのスペース オーでショーを開催し、2020年春夏コレクションを発表した。ニューヨークで行った2019年秋冬コレクションショーをきっかけに一躍人気デザイナーとなった小泉による日本で初めてのショーには、冨永愛やKōki,など人気モデルが集結。10ルックそれぞれに合わせて音楽や照明が変化する演出で、ピュアな女性が大成するまでのストーリーを描いた。 小泉智貴は1988年生まれの衣装デザイナー。著名人の衣装や広告の衣装を手掛けていたところ、大御所スタイリストのケイティ・グランド(Katie Grand)に見出されたのがきっかけで、2019年秋冬シ...

Fashion /

ハイクとアディダスブランドのコラボ再び、「adidas by HYKE」20年春夏コレクションから登場

 デザイナー吉原秀明と大出由紀子が手掛ける「ハイク(HYKE)」が、東京のファッションウィーク2日目の10月15日に、2020年春夏コレクションを発表した。会場は、晴海エリアにあるCROSS DOCK HARUMI。ランウェイショーでは新作コレクションに加えて「アディダス(adidas)」とのコラボレーションライン「adidas by HYKE」が発表された。 ハイクは今シーズン、US NAVY(米海軍)やBRITISH ARMY(イギリス陸軍)、FRENCH ARMY(フランス陸軍)、GERMAN NAVY(ドイツ海軍)などをインスピレーションソースに製...

Fashion /

パリ進出と出産を経験して変化は?「ステア」20年春夏は曖昧で不完全なものに宿る美を追求

 デザイナー武笠綾子が手掛ける「ステア(STAIR)」が10月15日の今日、1年ぶりとなるショーをPACIFIC ARTS AOYAMA MORIO'S STUDIOで開催した。2020年春夏コレクションのテーマは「SIGHT」。曖昧で不完全なものに宿る美と感情の移ろいをアイテムで表現したという。 STAIR 2020年春夏コレクション ©︎FASHIONSNAP.COM  コレクション製作はパターンメイキングからスタートするというステア。その時々の気分に沿って、シルエットを組み立てて...

Fashion /

強さと可憐さを併せ持つ"愛の戦士"たちを表現、「ノントーキョー」東コレ初参加でランウェイショー開催

 デザイナー市毛綾乃のウィメンズブランド「ノントーキョー(NON TOKYO)」が、ブランド初のランウェイショーを「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S」のプログラム内で開催した。新作のテーマは「SOLDIER OF LOVE」。「美少女戦士セーラームーン」のテーマソング「ムーンライト伝説」をサンプリングしたBGMなどで、市毛が幼少期に憧れを抱いた"愛の戦士"たちを表現した。  今回のショーは、パルコ(PARCO)が若手デザイナーの発掘と支援を目的に始動した新インキュベーションプロジェクト「ネクストエイジパルコ(NEXT AGE PARCO)」の一環で、ノントーキョーが東京...

Fashion /

人気企画「パリコレ学」はどう生まれた?キーマンたちに聞く裏話<1. 放送作家:堀江利幸>

 TBS系列で放送中の「林先生の初耳学」内の1コーナー「アンミカ先生が教えるパリコレ学」。"パリコレ"デビューを目標にタレントでモデルのアンミカさんが先生となり、モデルの卵(=学院生)たちのパリまでの道のりと現地での挑戦を追った人気企画です。企画は反響を受け、第1シーズン放送終了後まもなく第2シーズンがスタート。この半年間、第2期生の切磋琢磨し成長する様子がお茶の間に届けられました。そんな「パリコレ学」のカメラに収まりきらなかった裏話について制作陣、出演者など関係者にインタビューします。第1弾は企画の発案者である放送作家の堀江利幸さん。

Fashion /

「ティート トウキョウ」見慣れた景色の美しさを描く 20年春夏

 「ティート トウキョウ(tiit tokyo)」が2020年春夏コレクションで描いたのは、「見慣れた景色の美しさと対話する物語」。今シーズン、デザイナーの岩田翔と滝澤裕史は、水たまりや雨に濡れた窓ガラスに映った街並みなど、見慣れた風景でありながらいつもと少し異なり、解像度が低くぼやけたような街のイメージからインスピレーションを得た。ショースタート前には、ロゴがプリントされた円形の紙吹雪が降り注ぎ、ノスタルジックな雰囲気で会場を満たした。

Fashion /

YOSHIKIの着物ブランドがオープニング飾る、楽天が冠スポンサー就任して初の東京ファッションウィーク開幕

 東京のファッションウィーク「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S」が、10月14日の今日開幕した。トップバッターはアーティストのYOSHIKIが手掛ける着物ブランド「ヨシキモノ(YOSHIKIMONO)」。オープニングステージとして、YOSHIKIのピアノ演奏が華を添えた。 【各日ショーのスケジュール】楽天が冠スポンサーを務める初の東京ファッションウィーク、トモ コイズミやLVMHグランプリブランド参加

Fashion /

2020年春夏トレンドを知る6つのポイント【パリコレ】

 パリファッションウィーク、いわゆるパリコレのランウェイは時代を反映する。エココンシャス、サステナブル、そして本質を問うこと。例えば2018年春夏から今年にかけてトレンドが続いたPVC(ポリ塩化ビニル)はすっかり影を潜め、繊細なレースやオーガンジーに取って代わった。クラシックやオーセンティックを見つめ直し、職人技術も最先端技術も持続的で本質的なものづくりのために用いられるようになってきている。そんな2020年春夏コレクションを知るための、6つのポイントをまとめた。

Fashion /

パリコレ来場者から最も支持を得た柄は「パイソン」【2019年秋冬トレンド】

 9月23日から10月1日まで開催されたパリコレ。ランウェイでは来春に向けた新作が発表された一方で、オフランウェイ(=ストリート)のトレンドも見逃せません。  来場者の間で最も着用率が高かった柄は、ずばり「パイソン」。ブーツなど小物で取り入れる人が多く、ロングコートやシャツ、パンツなど難易度が高いパイソン柄をウェアとしてさらりと着こなす上級者も。モノトーンや中間色のコーディネートに、アクセントとして取り入れるスタイリングが目立ちました。スナップは下のスクロールから。

Fashion /

バッグはストラップ短めで90'sムードに【パリコレスナップから見る2019年秋冬トレンド】

 9月23日から10月1日まで開催されたパリコレ。ランウェイでは来春に向けた新作が発表された一方で、オフランウェイ(=ストリート)のトレンドも見逃せません。  昨年から「フェンディ(FENDI)」のバゲットバッグや「ディオール(DIOR)」のサドルバッグなど90年代に一世を風靡したアイコンバッグの復刻が続く中、今シーズンのパリコレ来場者から人気を集めたのは90'sムード漂うストラップが短めのショルダーバッグ。ジャケットのフォーマルスタイルやフューチャリスティックな装いに、ノスタルジックなバッグを一点投入するスタイリングが目立ちました。スナップは下のスクロールから。

Fashion /

女優・高畑充希とパリとルイ・ヴィトンと――2020年春夏コレクションの旅へ

クロップドニットカーディガン ¥154,000 ※予定価格 ドレープスカート ¥215,000 ※予定価格 ブーツ ¥202,400 左手に付けた指輪「バーグ・エセンシャルV ギヨーシュ」 ¥42,000 ピアス「ブックル ドレイユ・フープ ルイーズ」 ¥75,900 右手につけた指輪「バーグ・ルイーズ」¥59,400 / すべてLOUIS VUITTON(いずれも税抜価格)  高畑充希と共に「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の旅へ——10月1日、ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquière)氏が手掛ける2020年春夏ウィメンズコレクションが、パリのルーヴル美術館で発表されました。世界各国のセレブリティらが集結した会場に、日本から招待されたのは女優として活躍する高畑充希さん。彼女とルイ・ヴィトンの特別な一夜の旅をドキュメント。招待状を手に、旅への準備  ショー開始予定時刻の2時間前、高畑さんの姿はホテルの一室にありました。少し前に短く揃えたという髪は、大胆なオールバックにスタイリング。凛としていてマ...

Fashion /

デビュー2ヶ月でルイ・ヴィトン、シャネル、サンローランのショーを歩いた新星モデル「美佳」の素顔とは?14の質問

 ミラノ、そしてパリコレのランウェイを飾った注目のニューフェイス。18歳の美佳とは?  今年7月にモデル事務所ボン イマージュと契約したばかり。モデルデビューから2ヶ月という速さで「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「シャネル(CHANEL)」「ロエベ(LOEWE)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」といった一流メゾンの2020年春夏コレクションショーを歩いた。彗星のごとく現れた美佳の素顔を探る、14の質問。

Fashion /

パリコレ来場者の靴やバッグは「ボッテガ・ヴェネタ」に集中【2019年秋冬トレンド】

 9月23日から10月1日まで開催されたパリコレ。ランウェイでは来春に向けた新作が発表された一方で、オフランウェイ(=ストリート)のトレンドも見逃せません。  ショー会場や周辺のストリートでは、昨年クリエイティブ・ディレクターのダニエル・リー(Daniel Lee)を迎えフレッシュに生まれ変わった「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のアイテムを身に着けた来場者が続出!餃子のようなフォルムが愛くるしいクラッチ「ザ・ポーチ」をはじめ、アイコニックなイントレチャートをあしらったパンプスまで様々なアイテムが目立ちました。

Fashion /

コム デ ギャルソン「オーランドー」第二部作は時を超える――2020年春夏コレクション

 デザイナー 川久保玲が手掛ける「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」の2020年春夏コレクションは、ヴァージニア・ウルフ原作の「オーランドー(Orlando)」に関連した三部作のうちの二部作目。過去から未来へと時を超えるコレクションとなった。 【全ルックを見る】コム デ ギャルソン 2020年春夏コレクション

Fashion /

サカイと地球、"ハーモニー"で描く団結のメッセージ 2020年春夏

 自然光が差し込みファンクミュージックが流れるランウェイ。阿部千登勢が手掛ける「サカイ(sacai)」が、2020年春夏ウィメンズコレクションをパリのグラン・パレにあるギャラリー・クルブで発表した。会場には今シーズンの着想源となったファンクバンド「ファンカデリック(Funkadelic)」のジョージ・クリントン(George Clinton)をはじめ、多くの観客が詰めかけ熱気を帯びていた。 【全ルックを見る】「サカイ」2020年春夏コレクション

Fashion /

ルイ・ヴィトン 2020年春夏を知る4つのポイント:ランウェイの背景となったアーティストSOPHIEからビデオカセット型バッグまで

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が10月1日、パリファッションウィークのトリとして2020年春夏ウィメンズコレクションショーを開催した。ミニマルな会場で行われたショーでは、パリの華やかな時代"ベル・エポック"期にインスパイアされ、少しノスタルジックでエレガントなルックが登場。ランウェイ背景の巨大映像を飾ったアーティストからビデオカセット型バッグまで、4つのポイントからコレクションを掘り下げる。

Fashion /

ヴァレンティノ20年春夏は引き算の白とジャングルモチーフ、ジュエリーの強化も

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」が、パリで2020年春夏ウィメンズコレクションを発表した。クリエイティブディレクターのピエール パオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)はアーティスティックなアプローチで、引き算によるモノクロームに、フォービズムを想起させるジャングルモチーフが彩りを添えた。 【全ルックを見る】「ヴァレンティノ」2020年春夏コレクション  ショーはライムグリーンで彩られた特設会場で行われ、スタートから序盤はシャツを軸にオールホワイトのルックが続いた。グレーとホワイトの濃淡のみで絵画を描くテクニック「グリザイユ」のように、ヴァレンティ...

Fashion /

パリコレ閉幕、次は・・・【パリコレ裏ニュース 20年春夏 DAY9】

 キラキラと華やかな印象のパリコレですが、現場にいると見えてくる、あんなコトやこんなコト......。報道されないニッチな情報や裏事情、ウワサ話やランウェイの外で起きている出来事など、パリで取材している記者がリアルに気になった"裏ニュース"を配信します。<9日目:10月1日> 【パリコレの情報をもっと見る】ファッションウィーク 特設サイト

Fashion /

DIORのランウェイ「インクルーシブな庭園」の秘密――いま私たちがすべきことは?

 「ディオール(DIOR)」2020年春夏コレクションのシーズンノートを開くと、冒頭に印象的なメッセージが記されていた。「Think we must. We must think" - 考えなければならない。私たちがすべきことを。」  今シーズンのパリファッションウィークは、環境に配慮する取り組みや本質を問うアプローチが目立つ。その先陣を切ったのがディオールだ。2つの側面から、2020年春夏コレクションに込められたメッセージを掘り下げる。

Fashion /

Schedule

ショーのスケジュール

Collection

コレクション

Paris

パリコレ