2020 Autumn Winter

ファッションウィーク

Save The Fashion Week

Supported by

HARE
LUMINE
MIYASHITA PARK
One O
PARCO
PARCO

Collection

ファッションショー・ルックブック

2020-21AW

HARE

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

KIDILL

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

BASE MARK

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

tac:tac

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

meagratia

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

BODYSONG.

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

MITSURU OKAZAKI

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

FUMIE=TANAKA

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

MISTERGENTLEMAN

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

STAIR

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

NEGLECT ADULT PATiENTS

2020-21 Autumn Winter

2020-21AW

THE RERACS -Women's-

2020-21 Autumn Winter

「ステラ マッカートニー」動物たちと共生する2020年ウィンターコレクション

 「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」2020年ウィンターコレクションのショー会場はパリのオペラ座。エントランスでは着ぐるみの動物たちがファニーなポーズで招待客を迎え、ショーへの来場によって排出される炭素を相殺するための苗木を配っていた。余った苗木は、全てブランド側で責任を持っていずれかの場所に植えるという。思わず笑顔になるような朗らかなムードの中、ショーのスタートを迎えた。 【全ルックを見る】ステラ マッカートニー 2020年ウィンターコレクション   エルテの作品を大胆なモチーフに  コレクションのインスピレーションは、現実に根差しながらも自由なスピリットを持ち、力強い意志に満ちた女性たち。カラーパレットは、ミネラルやクレイ、サンド、チャコー...

Fashion /

【密着】小高真理「マラミュート」クリエイティブが交差したヴィジュアル制作の舞台裏

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、渋谷パルコ屋上で開催予定だったファッションショーを中止した小高真理が手掛ける「マラミュート(malamute)」。コンセプトからシーズンイメージ、デザインの特徴まで、「伝える」ための方法を模索してきた小高は、ブランド初の試みとしてデジタルプレゼンテーションという方法を選んだ。ランドスケープ動画やルックで、2020-21年秋冬コレクション「One's Garden」はいかように、表現されたのか?コレクションを掘り下げるため制作現場に潜入した。 【あわせて読みたい】新型コロナの影響でランウェイショー中止のマラミュート、最新コレクションをインスタグラム上で24時間限定配信へ

Fashion /

ハイクが無観客ショーで20年秋冬コレクション発表、「adidas by HYKE」新作は90年代のアイテムに着想

 デザイナー吉原秀明と大出由紀子が手掛ける「ハイク(HYKE)」が3月17日、都内で無観客ショーを開催し、2020-21年秋冬コレクションを発表した。参加を予定していた東京ファッションウィーク「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 A/W」が新型コロナウイルス感染拡大により中止となったことを受け、ライブ配信を通じて新作を披露する形となった。 >>9年ぶりに東コレが中止、無観客ショーのライブ配信など支援策発表

Fashion /

「シャネル」のシンプルでピュアな白と黒 20AWは自由を楽しむ乗馬服をエレガントに

 「シャネル(CHANEL)」が、パリファッションウィークの最終日に2020-21年秋冬プレタポルテコレクションのショーを開催した。ヴィルジニー・ヴィアール(Virginie Viard)がアーティスティック ディレクターに就任して2年目。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で来場できない招待客が多かったことなどから、メゾンとして初めてショーのライブ配信を行った。 【全ルックを見る】シャネル 2020-21年秋冬プレタポルテコレクション

Fashion /

イッセイ ミヤケ「つながり」の尊さをニットで表現する20-21年秋冬コレクション

 空からドレスが舞い降りる、というドラマティックな演出で観客の心を惹きつけた近藤悟史による「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」のデビューコレクションから約半年。近藤が手掛けた2シーズン目となる2020−21年秋冬コレクションは「繋がり」を強く感じさせるコレクションとなった。 【全ルックを見る】「イッセイ ミヤケ」2020-21年秋冬ウィメンズコレクション

Fashion /

200人のコーラスと500年の歴史を背に――「ルイ・ヴィトン」20AW "時間の衝突"

 ステージの幕が上がると、木製のひな壇に歴史ある絵画から飛び出してきたかのような装いの男女200人が立っていた。「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」2020年秋冬コレクションのテーマは「タイムクラッシュ」。ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquière)は、"時間の衝突"に美を求めた。 【全ルックを見る】ルイ・ヴィトン 2020年秋冬ウィメンズコレクション

Fashion /

【インタビュー】80〜90年代の働く母の服にインスパイア アジア人トリオ手掛ける「コミッション」とは?

 3人のアジア人が手掛けるニューヨーク発の若手ブランド「コミッション(COMMISSION)」が、2020年秋冬ファッションウィーク期間中の3月にパリで初となる展示会を開催した。ブランドを手掛けるのは、名門校パーソンズでファッションを学んだジン・ケイ(Jin Kay)、ディラン・カオ(Dylan Cao)、フイ・ルオン(Huy Luong)の3人。企業で働く母、医師の母、レストランを経営する母――。それぞれのパーソナルな母の記憶から生まれる服は、西洋の影響を受けながら発展してきたリアルな「アジアンカルチャー」を表している。今年度のLVMHプライズ ショートリストに選出されるなど注目を集める彼らにインタビュー。

Fashion /

「バレンシアガ」のスペクタクルが示唆する、ファッションと人と地球の関係

 水没したランウェイ、頭上からは自然の脅威。裾を濡らしながら前進するモデルが水を蹴る。デムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)が手掛ける「バレンシアガ(BALENCIAGA)」が行ったショーは、いつか目の当たりにするかもしれない人と地球を舞台にしたスペクタクルだった。 【全ルックを見る】バレンシアガ 20年ウィンターコレクション 20年ウィンターコレクションの会場に選ばれたのは、前回と同じくパリ郊外の巨大なスタジオ。足を踏み入れると暗闇に冷えた空気が滞留しているのがわかり、静寂をより一層シリアスに感じさせる。  一体目のモデ...

Fashion /

サカイが探求する"4次元シルエット"とワンランク上の上質 20AW

 「サカイ(sacai)」2020年秋冬ウィメンズコレクションのバックステージで、阿部千登勢は今シーズン目指したイメージについて「4次元」と話した。高度なハイブリッドの手法に定評があり立体的なフォルムを得意としているが、それをさらにグレードアップし、時間と動きを掛け合わせることで3次元を超えるようなシルエットを探求したという。 【全ルックをみる】サカイ 2020年秋冬ウィメンズコレクション

Fashion /

「セリーヌ」圧巻の111ルックでエディ流ブルジョワジーを更新 2020年ウィンターコレクション

 「フレンチ」「ブルジョワジー」「70年代」――3つのキーワードをシーズンを追うごとに色濃く表現しているエディ・スリマン(Hedi Slimane)による「セリーヌ(CELINE)」。最新の2020年ウィンターコレクションは更にステージを上げて新たに顧客向けのメイドトゥオーダーを提案するなど、特にブルジョワジーの要素が際立った。 【全ルックを見る】「セリーヌ」2020年ウィンターコレクション

Fashion /

除菌ジェル収納ジャケット、マスク、ボトル......2020年をサバイブする「マリーン・セル」5つのアイテム

 「サバイバルとは、慣れない海で泳ぐ能力のことだ」――「マリーン・セル(MARINE SERRE)」2020-21年秋冬コレクションショーの冒頭で、SF作家フランク・ハーバート(Frank Herbert)の言葉がアナウンスされた。ランウェイに登場したのは、顔まで覆うフード付きトップスやマキシ丈のコート、除菌ジェルが収納できるジャケットなど。未知なる脅威から身を護り、日々をサバイブするための「マリーン・セル」新作アイテム5選を紹介する。

Fashion /

ウイルス問題に揺れたパリコレ 9日間の全日程が終了

 フランス・パリで、ファッションウィーク(以下、パリコレ)が、2月24日から3月3日までの9日間にわたって開催された。新型コロナウイルスが世界各地で猛威を振るう中、一部のキャンセル以外は初日の「マメ(Mame Kurogouchi)」から最終日の「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」まで全日程が執り行われたが、通常とは異なるムードのウィークとなった。 【あわせて読む】新型コロナウイルスがファッションウィークに打撃、パリコレにも影響

Fashion /

「メゾン マルジェラ」ガリアーノが新たに提案する"レチクラ"とは? 20AWでカプセルコレクション発表

 「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」が、新カプセルコレクション「レチクラ(Recicla)」を発表した。2月26日にパリで行われた2020年秋冬「デフィレ」Co-edコレクションのショーで初披露。過去の遺産を新しいものに再生するという概念を提唱する。 クリエイティブディレクターのジョン・ガリアーノ(John Galliano)は、2020年春夏「アーティザナル」Co-edコレクションで提起した「ブルジョワ ジェスチャー」のコンセプトをさらに探求。...

Fashion /

ロエベと日本の陶芸作品や和柄が融合 20AWテーマは「ファッションと遊ぶことを愉しむ」

 「ロエベ(LOEWE)」がパリで行われた2020-21年秋冬コレクションのショーで日本人陶芸家の桑田卓郎とコラボレーションしたアイテムを披露した。 クラフトとの新しい関わり方を探求しながら「ファッションと遊ぶことを愉しむ」をテーマに掲げた今シーズンは、素材やボリュームのバリエーションが豊富。ウールやブロケード、ジャカードシルクや厚手のコットンな...

Fashion /

東コレが東日本大震災以来の中止決定、新型コロナの影響で

 東京ファッションウィーク「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 A/W」(以下、東コレ20年秋冬)の開催中止が決定した。日本ファッション・ウィーク推進機構(以下、JFWO)は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から「関わるすべての皆様の安全・安心を最優先に考え、多くの関係各所との慎重な協議を重ねた結果、開催は断念せざるをえないと判断しました」と声明を発表。東コレの中止は、2011年に起きた東日本大震災の影響で取り止めた第12回「東京発 日本ファッション・ウィーク(JFW in Tokyo)」(2011-12秋冬シーズン)以来となる。

Fashion /

「コム デ ギャルソン×ナイキ」新作はエア フォース 1 今秋発売へ

 「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」が2月29日、「ナイキ(NIKE)」とコラボレーションした新作スニーカーを2020-21年秋冬コレクションショーで発表した。

Fashion /

ディオールが掲げた「I Say I(私は私を言う)」 20AWで提示する自己肯定と団結のマニフェスト

 パリのチュイルリー庭園内、「ディオール(DIOR)」2020-21年秋冬コレクション会場のエントランスに掲げられていたのは、自己肯定を意味する「I Say I(私は私を言う)」の文字。ランウェイの床一面には新聞紙がデザインされ、頭上には様々なマニフェストと共に「CONSENT(=同意)」のサインが点灯していた。昨今では性的同意(セクシャル・コンセント)といった形で取り沙汰されることが多い言葉だが、奇しくもディオールのショーが行われたのは、MeToo運動のきっかけにもなったハーヴェイ・ワインスタイン被告に有罪判決が下された翌日。マリア・グラツィア・キウリにとって同意とは、何を意味するのだろうか。

Fashion /

新生「ケンゾー」が高田賢三の遊牧精神を未来へ アイコンの虎は絵画ドレスに

 「ケンゾー(KENZO)」が2月26日、新クリエイティブディレクター フェリペ・オリヴェイラ・バティスタ(Felipe Oliveira Baptista)による初のシーズンとなる2020-21年秋冬コレクションを発表した。メンズ&ウィメンズ合同形式で、テーマは「Going Places」。

Fashion /

「コペルニ」パリコレで初のショー デジタルネイティブ世代に提案するコードの崩し方

 セバスチャン・メイヤー(Sebastien Meyer)とアルノー・ヴァイヤン(Arnaud Vaillant)が手掛ける「コペルニ(COPERNI)」が2月25日、ブランド初となるショーを開催し、2020-21年秋冬コレクションを発表した。これまでも、iPhoneのスワイプボタンから着想した「スワイプバッグ」や前シーズン発表した「Wi-Fiバッグ」など、デジタルとの関わりが強いコレクションを発表してきたブランド。今シーズンは、決められた「コード」の崩し方を知っているデジタルネイティブな女性像を提案した。

Fashion /

ソウルファッションウィークの開催中止が決定、新型コロナウイルスの影響で

 韓国国内での新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、2020年秋冬シーズンのソウルファッションウィークの開催中止が決定した。今シーズンの各都市のファッションウィークのうち、中止の措置が取られたのは初めて。 【あわせて読みたい】新型コロナウイルスがファッションウィークに打撃、パリコレにも影響

Fashion / World News /

マリーン・セルの紙のお香、ミケーレからのボイスメッセージ...開けてびっくり招待状まとめ<ミラノ&パリコレ20AW>

 今日も届いています!あのブランドからの面白い招待状が――。2020年秋冬パリファッションウィーク開催中に、編集部の元に送られてきたユニークなファッションショーの招待状を厳選して紹介します。<随時更新>

Fashion /

新型コロナウイルス流行で東京ファッションウィークの開催に不安の声、ショー中止するブランド相次ぐ

 新型コロナウイルスの感染が日本国内でも依然として拡大し、ファッション関連のイベントの中止が相次いでいる。3月に開催を控えている東京ファッションウィーク「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 A/W」は、今月18日時点では予定どおり3月16から21日まで開催する方針を示したが、感染収束の目処が立っていないことから、参加ブランドを中心に開催可否を心配する声が出ている。こうした状況を受けて日本ファッション・ウィーク推進機構は「(東京ファッションウィークに)関わるすべての皆様の安全・安心を第一に、早急に最善策を決定したいと考えております」とし、3月2日に実施の可否やそのほかの決定事項について発表すると公式サイトで明らかにした。 【あわせて読みたい】新型コロナウイルスがファッションウィークに打撃、パリコレにも影響

Fashion /

ボッテガ・ヴェネタ2020年フォールコレクション、無駄を削ぎ落として魅せる"センシュアリティ"

 「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」が、ミラノで2020年フォールコレクションを発表した。2019年フォールコレクションからクリエイティブ・ディレクターに就任した33歳のダニエル・リー(Daniel Lee)による3度目のショー。引き続き50年以上の歴史を持つブランドのヘリテージにモダンな解釈を加え、センシュアルなムード漂うワードローブが披露された。

Fashion /

パリコレ2020年AW 日本の「マメ」のランウェイショーで開幕

 2020-21年秋冬パリファッションウィークが、2月23日に開幕した。初日は黒河内真衣子が手掛ける「マメ(Mame Kurogouchi)」が、先シーズンに続き公式スケジュールのトップを飾った。 【全ルックをみる】Mame Kurogouchi 2020-21年秋冬コレクション 日本の「マメ」がパリコレの公式スケジュールで参加するのは2シーズン目。前回と同じくパリ6区の薬科大学Faculté de pharmacie de Parisを会場にランウェイショーを開催した。20...

Fashion /

「エルメス」のエレガンスで急進的なメンズウェア 20AWパリ

 トレンドがグッとエレガンス寄りに振れた2020-21年秋冬のパリ・メンズコレクション。となると、俄然と輝いて見えたのが「エルメス(HERMÈS)」である。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎)

Fashion /

「色の抵抗」にギャルソンの真意を見るーーCOMME des GARÇONS HOMME PLUS 2020AW

 パリで発表された「コム デ ギャルソン オム プリュス(COMME des GARÇONS HOMME PLUS)」2020-21年秋冬コレクションに付けられたタイトルは「Color Resistance」。テーマ通りランウェイには色と柄が溢れると同時に、黒服がほとんど見られなかった。ギャルソンの代名詞とも言える黒を封じた「色の抵抗」の真意は? 【全ルックを見る】COMME des GARÇONS HOMME PLUS 2020-21年秋冬コレクション

Fashion /

新型コロナウイルスがファッションウィークに打撃、パリコレにも影響

 中国をはじめ各地で猛威をふるう新型コロナウイルスが、2020-21年秋冬シーズンのファッションウィークに影響を及ぼしている。ミラノで開催中のファッションウィークでは、中国や日本などから現地への渡航を自粛するエディターやバイヤーらが少なくない。2月24日に開幕するパリファッションウィーク(以下、パリコレ)も、すでに複数のブランドや担当者が参加をキャンセルしている。世界中から最も多くのブランドやファッション関係者が集う場であるため、ウイルスの感染拡大への懸念だけではなく、プロモーションやセールスといったビジネス面でも影を落としそうだ。 【こちらもチェック】国内アパレル各社も新型コロナウイルス対策、店頭スタッフのマスク着用強化 2月18日から24日まで開催されているミラノファッションウィークでは、「サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」などラグジュアリーブランドの日本のPRチームが現地への渡...

Fashion /

「グッチ」20AWで改めて考えるファッションショーの持つ力

 「グッチ(GUCCI)」が2月19日、クリエイティブディレクターのアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)による2020-21年秋冬ウィメンズコレクションをミラノで発表した。

Fashion /

【対談】HATRA×Synflux、効率化の先にあるクリエイティブは「新たな人間像の創造」 AIが変えるファッションデザインの未来

 テクノロジーとの関係が密接になってきたファッション業界。中でもコーディネート提案やトレンド予測、ロジスティクスなど活用の場が広がっているのがAI(人工知能)だ。膨大なデータを分析・処理できるAIを活用することで効率最適化が進むが、ファッションのクリエイティブ面にはどんな影響を与えるのか?AI(人工知能)とアルゴリズムを活用した「アルゴリズミック・クチュール(Algorithmic Couture)」を用いてパーカを作り上げた「シンフラックス(Synflux)」の川崎和也と「ハトラ(HATRA)」の長見佳祐が、デジタルツールの可能性を探りながらファッションの本質を議論する。

Technology / Fashion /

「東京ファッションウィーク」20年秋冬のスケジュール発表、トップバッターはレインメーカー

 東京ファッションウィーク「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 A/W」の開催スケジュールを、一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構が発表した。トップバッターは渡部宏一と岸隆太朗が手掛ける「レインメーカー(RAINMAKER)」に決定。新たな参加ブランドも発表し、3月16日から21日までの6日間で合計52ブランドがショーやイベントを開催する。 【あわせて読みたい】「東京ファッションウィーク」20年秋冬に参加する43ブランド発表、LDHアパレルが初参加

Fashion /

エムエム6 メゾン マルジェラが「ザ・ノース・フェイス」とコラボ、9月発売

 「エムエム6 メゾン マルジェラ(MM6 Maison Margiela)」が、2020年秋冬コレクションで「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」とのパートナーシップによるカプセルコレクションを発表した。ショーでは、ザ・ノース・フェイスのアイコニックなエクスペディションシステム(Expedition System)のジャケットをアレンジしたモデルが登場。9月から両ブランドの主要店舗やオンラインストアで販売する予定だ。 【全ルックを見る】「エムエム6 メゾン マルジェラ」2020-21年秋冬コレクション ザ・ノース・フェイスのエクスペディションシステムは機能性に優れたファブリックと取り外し可能なレイヤードピースが特徴。カプセルコレクションでは、アウターからフード付きのヒマラヤコートやケープスタイルの...

Fashion /

新型コロナウイルスの影響で中国ブランドがパリコレ20AW不参加を表明 Jarel ZhangやMashamaなど

 中国のファッションブランド「Jarel Zhang」や「Mashama」、台湾発のブランド「シャッツィ・チェン(SHIATZY CHEN)」が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020-21年秋冬ウィメンズパリファッションウィーク(以下パリコレ)の参加を中止した。パリコレは、2月24日から3月3日にかけて行われる。 【あわせて読みたい】新型コロナウイルス感染拡大で上海ファッションウィークの延期が決定、中止の可能性も

Fashion /

エレガントでパンキッシュ、反骨心に溢れていたドリス ヴァン ノッテン20-21AW

 「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」の2020-21年秋冬コレクションは、"エレガンス・パンク"と形容したくなるくらい反骨心に溢れていた。この場合のパンクとは、イギリスの様式美的なパンクではなく、姿勢としてのパンクである。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎) 【こちらもチェック】「ルイ・ヴィトン」20年秋冬、シュールな空間で際立つドレッシースタイル 今のヨーロッパのリアルファーに対する嫌悪感は、想像を超えるものがある。もちろん、ミラノのモンテナポリオーネ通りやパリのフォーブルサントノーレ通りなどの富裕層が集まる通りでは、ときおり毛皮を羽織ったマ...

Fashion /

「東京ファッションウィーク」20年秋冬に参加する43ブランド発表、LDHアパレルが初参加

 楽天が冠スポンサーを務める東京ファッションウィーク「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 A/W」の参加ブランドを、一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構が発表した。 【あわせて読みたい】東京ファッションウィークに何を期待する?有識者にアンケート調査 初参加ブランドは「ベース マーク(BASE MARK)」「ミーンズワイル(meanswhile)」「ユウキ ハシモト(YUKI HASHIMOTO)」「リコール(RequaL≡)」「ヨシダロベルト(...

Fashion /

コム デ ギャルソン・シャツがアシックスとコラボ、発売30周年のゲルライトスリーをベースに迷彩をデザイン

 「コム デ ギャルソン・シャツ(COMME des GARÇONS SHIRT)」が、2020-21年秋冬コレクションで「アシックス(ASICS)」とのコラボレーションスニーカーを発表した。 >>「コム デ ギャルソン・シャツ」2020年春夏コレクションのルックはこちら

Fashion /

「ファミレスは僕のWe Are The World」ダブレットがパリで初のプレゼンテーション

 聞き慣れたチャイムとアナウンス。テーブルにはオリジナルのメニューが置かれている。ここがパリのプレゼンテーション会場だと忘れてしまうほど細部まで作り込まれた空間は、まさに「ダブレット(doublet)」という名のファミレスだ。しかし、ただ日本ぽいものを持ち込んだのではない。発表された2020-21年秋冬コレクションからは、デザイナー井野将之にとっての国境がない世界、"We Are The World"を体験することができた。 【あわせて読みたい】「ダブレット(doublet) 」の東コレデビューに密着

Fashion /

黒澤明「蜘蛛巣城」が着想源 蜘蛛の巣のように観客を飲み込んだ「アンダーカバー」20年秋冬

 2020-21年秋冬の「アンダーカバー(UNDERCOVER)」が、後世に語り継がれるであろう素晴らしいコレクションを披露した。キーワードは"和と洋の融合"。感動でショーが終わってもしばらく身震いが止まらなかった。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎) 【全ルック】UNDERCOVER 2020-21年秋冬コレクション

Fashion /

プラダが描く「シュールなクラシック」20年秋冬メンズ

 2020-21年秋冬の「プラダ(PRADA)」が提案したのは、少しだけ"バランスが崩れた"クラシックな服。ファンなら必ずや歓喜する魅力的なピースが目白押しだ。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎) 【こちらもチェック】メンズ20年秋冬のトレンドはウエスタン?「ジル サンダー」などが参加したピッティ・イマージネ・ウオモをレポート 地下鉄3号線のLodi Tibb駅を降りて、10分ほどてくてく歩く。レム・コールハースの設計によるフォンダツィオーネ プラダ(プラダ財団)の建物が見えてきた。2015年にこの施設ができる前は、電車の...

Fashion /

「グッチ」ミケーレが5周年、20年秋冬メンズで示した男らしさの多元性と普遍性

 ミラノ・メンズコレクションのトリを飾ったのは「グッチ(GUCCI)」。アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)のクリエイティブディレクター就任5周年を記念するもので、2017年春夏シーズン以来のミラノ・メンズウィークでの発表となった。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎) 【こちらもチェック】メンズ20年秋冬のトレンドはウエスタン?「ジル サンダー」などが参加したピッティ・イマージネ・ウオモをレポート 会場はこれまで数々の大規模なショーが行われてきたミラノのパラッツォ・デッレ・シンテッレ。中に入ると、裁判場のような木のボックスシートが設置されていて、砂が敷かれたランウェイの中央には、巨大な鉄球のよ...

Fashion /

フェンディが日本人デザイナーと初コラボ 「アンリアレイジ」森永邦彦を迎えた2020-21年秋冬メンズコレクション発表

 「フェンディ(FENDI)」が、デザイナー森永邦彦が手掛ける「アンリアレイジ(ANREALAGE)」とのコラボレーションを発表した。ミラノメンズファッションウィークの4日目、イタリア時間で1月13日午前に開催された2020-21年秋冬メンズコレクションの一部として、コラボアイテムが披露された。 【詳細レポート】フェンディとアンリアレイジの"黄の衝撃"を体験して

Fashion /

スーツ需要が減る中、メンズファッションの祭典ピッティで注目のスタイルは?

 2020年1月7日から10日までの4日間、世界最大級の紳士服見本市「第97回 ピッティ・イマージネ・ウオモ(Pitti Immagine Uomo 97)」がイタリア・フィレンツェで開催された。8年にわたり毎シーズン取材しているファッションジャーナリストの増田海治郎がリポートする。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎)

Fashion /

東京ファッションウィークに何を期待する?有識者にアンケート調査

 これからのファッションウィークの在り方は?2019年10月に楽天が冠スポンサーを務める「Rakuten Fashion Week TOKYO」が始動したが、これまで東京のファッションウィークを継続的に見てきた有識者はどのように見ているのか。ジャーナリストやバイヤー、ディレクターなどへのアンケート調査から、"東コレ"の現状と課題、今後に期待することなど、様々な意見をまとめた。 【あわせて読みたい】FASHIONSNAP.COMが選ぶ東コレブランド トップ10<2020SS>

Business / Fashion /

【ランキング】FASHIONSNAP.COMが選ぶ東コレブランド トップ10<2020SS>

 楽天が冠スポンサーとなった東京のファッションウィーク「Rakuten Fashion Week TOKYO」をメインに、国内で新作の2020年春夏コレクションをショーやプレゼンテーション形式で発表した50以上のブランドから、設立10年以内のブランドを対象にトップ10を選出。ジャーナリストやバイヤー、ショップディレクターなどへの評価アンケートを元に、FASHIONSNAP.COMのコレクション編集委員会がランキングを決定した。独創性や市場性などを総合し、優れたコレクションを披露した10ブランドを発表する。 【前回は?】1位を獲得したのはデビュー3年目のニューカマー 前シーズンのランキングはこちら

Fashion /

「見えなくなったもの、失ったもの」リトゥンのショーに10年ぶりに行った

フィナーレでイムジン河が流れた。プロパガンダとして知られるが、分断された故郷を思う美しい歌声にふと思いを巡らせた。前回リトゥンアフターワーズのショーを観たのは10年前。あれから何を得て何を失ったのだろう。

Fashion /

リトゥン2年ぶりのショーで放浪する魔女が行進 「After All」と「ノマド」 を描く

 「リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)(以下、リトゥン)」の約2年ぶりのショーが上野恩賜公園・噴水広場で行われた。今回は、2019年春夏シーズンから新たなストーリーとして発表されていた三部作「For witches」コレクションの最終章「Anxious Witches」を落とし込んだコレクションで、ショーのメインテーマは「After All」。「自分たちのファッションを最も統合して発信できるもの」とショーに対しての考えを述べる山縣は、裏テーマに「ノマド(遊牧・放浪)」を潜ませ、ファッションで問いかけた。 >>writtenafterwards2020年春夏コレクション全ルックを見る

Fashion /

人気企画「パリコレ学」はどう生まれた?キーマンたちに聞く裏話<4. 先生:アン ミカ>

 TBS系列で放送中の「林先生の初耳学」内の1コーナー「アン ミカ先生が教えるパリコレ学」。"パリコレ"デビューを目標にタレントでモデルのアン ミカさんが先生となり、モデルの卵(=学院生)たちのパリコレまでの道のりと現地での挑戦を追った人気企画です。企画は反響を受け、第1シーズン放送終了後まもなく第2シーズンがスタート。この半年間、第2期生の切磋琢磨し成長する様子がお茶の間に届けられました。そんな「パリコレ学」のカメラに収まりきらなかった裏話について制作陣、出演者など関係者にインタビューします。第4弾となる最終回は先生を務めたアン ミカさん。パリコレ期間中に現地で話を聞きました。

Fashion /

人気企画「パリコレ学」はどう生まれた?キーマンたちに聞く裏話<3. モデル:平田かのん>

 TBS系列で放送中の「林先生の初耳学」内の1コーナー「アン ミカ先生が教えるパリコレ学」。"パリコレ"デビューを目標にタレントでモデルのアン ミカさんが先生となり、モデルの卵(=学院生)たちのパリまでの道のりと現地での挑戦を追った人気企画です。企画は反響を受け、第1シーズン放送終了後まもなく第2シーズンがスタート。この半年間、第2期生の切磋琢磨し成長する様子がお茶の間に届けられました。そんな「パリコレ学」のカメラに収まりきらなかった裏話について制作陣、出演者など関係者にインタビューします。第3弾はパリコレデビューを飾ったモデルの平田かのんさん。パリコレ期間中に現地で話を聞きました。 【関連記事】人気企画「パリコレ学」はどう生まれた?キーマンたちに聞く裏話<2.ディレクター:山内健太郎&プロデューサー:内藤結葉>現役高校生モデル平田かのんとは? ー「パリコレ学」第2シーズンの合格者に選ばれ、そしてパリコレの舞台に立つことができました。今の率直な感想は?  自分の成長を実感できて、とても嬉しいです。ここまでこれ...

Fashion /

マルジェラ、コペルニ、マリーン・セル......パリコレ来場者の所持率が高いアイテム6選

 9月23日から10月1日まで開催されたパリコレ。セレブリティやスタイリスト、ジャーナリストやバイヤーなどファッション関係者が世界中から集いましたが、トレンドに敏感なファッションのプロだからこそ着用アイテムがかぶることも。2020年春夏コレクションシーズンの会場周辺で撮影したスナップから、所持率が高かった6つのアイテムをピックアップ!

Fashion /

首、腰、脚......アクセサリー感覚で身につけるバッグ最前線【パリコレスナップから見る2019年秋冬トレンド】

 9月23日から10月1日まで開催されたパリコレ。ランウェイでは来春に向けた新作が発表された一方で、オフランウェイ(=ストリート)のトレンドも見逃せません。  ここ数年ですっかり浸透したベルトバッグなど"身につけるバッグ"の人気は、今年の秋冬も健在。定番のウエストバッグやネックレスポーチ、そして今シーズンは足首に巻きつけるタイプや、ベルトループにマイクロサイズのミニバッグをぶら下げるスタイルなど、斬新な身につけ方の上級者も。バッグの定義がよりアクセサリーに近くなっているようです。スナップは下のスクロールから。

Fashion /

人気企画「パリコレ学」はどう生まれた?キーマンたちに聞く裏話<2.ディレクター:山内健太郎&プロデューサー:内藤結葉>

 TBS系列で放送中の「林先生の初耳学」内の1コーナー「アンミカ先生が教えるパリコレ学」。"パリコレ"デビューを目標にタレントでモデルのアンミカさんが先生となり、モデルの卵(=学院生)たちのパリまでの道のりと現地での挑戦を追った人気企画です。企画は反響を受け、第1シーズン放送終了後まもなく第2シーズンがスタート。この半年間、第2期生の切磋琢磨し成長する様子がお茶の間に届けられました。そんな「パリコレ学」のカメラに収まりきらなかった裏話について制作陣、出演者など関係者にインタビューします。第2弾は現場を指揮するディレクターの山内健太郎さんとプロデューサーの内藤結葉さん。

Fashion /

Schedule

配信スケジュール

Collection

コレクション

Tokyo

東コレ

Paris

パリコレ

Milan

ミラノ