2021 SPRING SUMMER

ファッションウィーク

Collection

ファッションショー・ルックブック

REDVALENTINO 2021年スプリング ルックブック

2021SS Pre-Collection

REDVALENTINO

2021年プレスプリング / クルーズ

2021SS Pre-Collection

BOTTEGA VENETA

2021年プレスプリング / クルーズ

2021SS

RAF SIMONS

2021年春夏

2021SS

CELINE

2021年春夏

2021SS

tricot COMME des GARÇONS

2021年春夏

2021SS

noir kei ninomiya

2021年春夏

2021SS

COMME des GARÇONS

2021年春夏

2021SS

KORI-SHOW PROJECT

2021年春夏

2021SS

SHOOP

2021年春夏

2021SS

PERMINUTE

2021年春夏

2021SS

MIKIO SAKABE

2021年春夏

ケイスケヨシダが1年半ぶりにショー開催 「エモーショナルな気持ち」をテーマにしたルックを荒川河川敷で披露

 吉田圭佑が手掛ける「ケイスケヨシダ(KEISUKEYOSHIDA)」が、2021年春夏コレクションのショーを開催した。会場は新荒川大橋下の河川敷。「EMOTIONAL LANDSCAPES」をテーマに全20ルックを披露した。  約1年半ぶりのショーとなった今回は、死から生を見つめることをテーマにした2020-21年秋冬コレクションの続きとして「生きていくための情熱、エモーショナルな気持ち」をテーマに製作。コレクションを製作...

Fashion /

「ハイク」がジェンダーレスサイズを展開  2021年春夏コレクションは進化系ミリタリーを上品に

 吉原秀明と大出由紀子が手掛ける「ハイク(HYKE)」は、先シーズンに続き無観客で行ったショーの映像で新作を発表した。2021年春夏コレクションも引き続き、古着などから着想し、歴史ある服のディテールを色濃く反映したコレクションを展開。コロナ禍の制作となったが、不安な思いはありながらも「前に進むことに注力した」(吉原)という。今シーズンは男女で着られるサイズを用意するなど、新たな試みで展開を広げている。

Fashion /

エディ・スリマンの劇的な変節をどう捉える?——「セリーヌ」2021年サマーコレクション

 「セリーヌ(CELINE)」はウィメンズの2021年サマーコレクションを映像で発表した。若い世代をドキュメンタリーのように捉えたコレクションは、7月に発表したメンズコレクションと同様に、前シーズンまでの"ザ・フレンチ"なスタイルから一変している。(文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎)

Fashion /

(左から)DIOR、CHANEL、LOEWE、HERMÈS、LOUIS VUITTON

コロナ禍のパリコレ、トップメゾンの21SS――ディオール、ロエベ、エルメス、シャネル、ルイ・ヴィトン

 コロナ禍のファッションウィークとなった2020年9月末〜10月頭のパリコレクション。各ブランドが様々な形式で2021年春夏コレクションを発表した。パリを代表するトップメゾンは、それぞれ趣向を凝らしてリアルとデジタルを融合。ロックダウンなど例年とは異なる状況下での制作を経て、どのようなコレクションを見せたのか。今季のパリコレに参加した、ディオール、ロエベ、エルメス、シャネル、ルイ・ヴィトンの新作発表に注目する。

Fashion /

noir kei ninomiya 2021年春夏コレクション

ノワール ケイ ニノミヤが初の東京ショー、身近にあるものを「自分たちの手で変えていく」

 2月末発表の2020-21年秋冬コレクションでパリコレの公式スケジュール入りした「ノワール ケイ ニノミヤ(noir kei ninomiya)」。続く今シーズンの舞台は東京へ。10月19日午後に、南青山のコム デ ギャルソン本社でフロアショーを開いた。二宮啓の物づくりの姿勢は変わらないが、2021年春夏コレクションは力強さだけではなく、野花の命を宿したような優しさが同居するクリエイションを見せた。 前回のパリコレ パリで見た「ノワール ケイ ニノミヤ」 2020-21年秋冬コレクションの舞台裏 毎回特定のテーマは設けず、常に「新しさ」を追い求め続けている二宮。今回は、全く見たことがない新しさではなく身近にある素材を用いながら、アイデアや発想とハンドワークによって新しく変換していくことに取り...

Fashion /

COMME des GARÇONS 2021年春夏コレクション

コム デ ギャルソン川久保玲「不協和音がエネルギーを生む」 約40年ぶりに東京で新作発表

 「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」が、東京で新作コレクションを発表するのは約40年ぶり。1981年からパリコレクションに参加し続けてきたが、新型コロナウイルスの影響で今シーズンは参加を取りやめ、南青山の本社で2021年春夏コレクションのフロアショーを開催した。デザイナー川久保玲による創作のテーマとなったのは「不協和音」。

Fashion /

小松菜奈

「シュープ」東京初のショーでパンデミック後のディストピアを表現、東コレフィジカルショーのトリ飾る

 デザイナー大木葉平が手掛ける「シュープ(SHOOP)」が10月17日、2021年春夏コレクションをランウェイ形式で発表した。10月12日からスタートした「Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/S」のフィジカルショーのトリを飾った。

Fashion /

男性のためのオートクチュール、東コレ初参加の「リコール」がショー開催

 デザイナー土居哲也が手掛ける「リコール(Re:quaL≡)」が10月17日、「Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/S」で2021年春夏コレクションのショーを開催した。会場は渋谷ヒカリエのホールAで、中央に一段高くしたステージを設置。全26ルックを披露した。 リコールは文化ファッション大学院大学(BFGU)やここのがっこう、meを卒業した土居が友人と立ち上げたブランドで、2016年にデビューした。昨年4月に「第34回イエール国際モードフェスティバル」に出...

Fashion /

FACETASM 2021年春夏コレクション

5年ぶりに東京に帰ってきた「ファセッタズム」 息子の絵と記憶を服に

 東京では5年ぶりとなるショーの終了後、「楽しんでできました」と清々しい表情で答えたデザイナーの落合宏理。「ファセッタズム(FACETASM)」の2021年春夏コレクションが、天王洲アイルの寺田倉庫で発表された。 2007年にデビューしたファセッタズムが、落合の夢だったというランウェイショーを初めて開催したのは2011年10月22日。東日本大震災の年だったが、様々なカルチャーやスタイルをレイヤードしたエネルギ...

Fashion /

バネ付きスニーカーで定点ジャンプした「バレンシアガ」2021年プレ・サマーコレクション

 ボーイフレンドとはよく言ったものだ。  BFRNDことロイク・ゴメス(Loik Gomez)、すなわち2017年から公私ともにデムナ・ヴァザリア(Demna Gvasalia)のパートナーであるまだ27歳かそこらのミューズの影響力と存在感が「バレンシアガ(BALENCIAGA)」2021年プレ・サマーコレクションでは恐ろしく際立っていた。ちなみに、サマーコレクションではなく"プレ(前)・サマー"コレクションであるので念のため。 (文責:北條貴文)  アーティスティック・ディレクターを務めるデムナが今季はオンライン上でのビデオプレゼンテーションでの発表を採用しているからして至極当然ではあるのだが。わかりやすく言うとBFRNDファンにはたまらないミ...

Fashion /

編集部に届いた招待状

缶、梨、あのマスク...?開けてびっくり招待状まとめ<ミラノ・パリ・東京 21SS>

 コレクションの招待状といえばファッションショーへと案内するものですが、デジタル発表が多い今シーズンは、一風変わったものが多くなっています。じっくり見ると新作のヒントになっていたり、実際に触れて体感できたり。編集部に届いた招待状の中から、ユニークで趣向を凝らしたデザインを厳選して紹介します。

Fashion /

「ミーンズワイル」初のファッションショーは櫓を設置、シーズンレスに組み立てたコレクション発表

 藤崎尚大が手掛ける「ミーンズワイル(meanswhile)」が10月14日、「Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/S」で初のファッションショーを開催した。会場には工事現場をイメージした鉄骨の櫓を用意し、56人のモデルを起用してコレクションを披露した。

Fashion /

TAAKK 2021SS COLLECTION

タークとダブレットの妙な縁 - 2021SS -

 10月12日、東京都内でそれぞれショーを行った森川拓野が手掛ける「ターク(TAAKK)」と井野将之の「ダブレット(doublet)」。2つのブランドの共通点は、同じ東京発のメンズブランド、というくらいかもしれない。しかし初期から両者を見てきた筆者が感じるのは、妙な縁。7年前から今日まで、その縁を辿りながら、それぞれの歩みを振り返ってみようと思う。 2013年、ファッションの合同展示会「JFW インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)」にまだブランドを立ち上げて間もないタークとダブレットが出展していた。筆者と2人との最初の出会...

Fashion /

「リンシュウ」が29年ぶりに東京でショー開催 原点に立ち返る「服を纏うことを極める」がテーマ

 メンズブランド「リンシュウ(RYNSHU)」を手掛けるデザイナー山地正倫周が10月12日、29年ぶりに東京でショーを開催し、2021年春夏コレクションを発表した。1991年以来、長年にわたりパリで新作を発表してきたが、今シーズンは「Rakuten Fashion Week TOKYO」に初参加。八芳園を会場に、男女のモデルを起用して全40ルックを披露した。 東コレが開幕 タークの2021SSは「マグリット」がテーマ、新宿御苑の温室でランウェイショー開催 リンシュウは「マージ マサトモ(MA-JI MASATOMO)として1986年にデビュー。1992年に「マサトモ(MASATOMO)、2010年に現ブランド名に改称した。リンシュウは毎年パリのメンズ...

Fashion /

タークの2021SSは「マグリット」がテーマ、新宿御苑の温室でランウェイショー開催

 森川拓野が手掛ける「ターク(TAAKK)」が10月12日、2021年春夏コレクションをランウェイ形式で発表した。会場は新宿御苑 大温室。今日開幕したデジタルイベントとオフラインイベントで構成される「Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/S」のフィジカルショーのトップバッターを飾った。

Fashion /

「クロエ」2021年春夏の新作発表 パリの街中を歩くリアルな女性がモデルに

 「クロエ(Chloé)」が10月1日、クリエイティブ・ディレクターのナターシャ・ラムゼイ=レヴィ(Natacha Ramsay-Levi)が手掛ける2021年春夏コレクションをパリファッションウィークで発表した。 2021年春夏コレクションはフィジカルショー形式で発表され、同時に世界に向けてオンラインで生配信された。会場となったパレ・ド・トーキョーでは、2021年春夏の新作コレクションを身に纏ったモデルたちが...

Fashion /

新生「ジバンシイ」2021年春夏コレクション

マシュー・ウィリアムズによる「ジバンシィ」デビュー、カットアウトバッグや3本指シューズなど新たなアイコンが登場

 「ジバンシィ(GIVENCHY)」が、新クリエイティブディレクターのマシュー・M・ウィリアムズ(Matthew M Williams)によるデビューコレクションを発表した。ウィリアムズのシグネチャーであるテクニカル素材を用いながら、メゾンのアーカイヴや伝統を更新し、男女の隔たりなく提案する2021年春夏コレクション。上部がV字にカットされている「カットアウトバッグ」や、つま先が3つに分かれた「トライプ・ トゥシューズ」など、新たなアイコンとなりそうなアイテムも登場している。

Fashion /

上はビジネス仕様・下はパーティー仕様 「エムエム6 メゾン マルジェラ」新しい日常に対応する21年春夏の新作を発表

 「エムエム6 メゾン マルジェラ(MM6 Maison Margiela)」が、2021年春夏コレクションをオンラインフィルム形式で発表した。

Fashion /

by R ロゴ

楽天が新プロジェクト「by R」を立ち上げ、ダブレットとファセッタズムのショー開催を支援

 楽天が、日本発のファッションブランドを支援するプロジェクト「バイアール(by R)」を立ち上げた。

Fashion /

平手友梨奈が「アンリアレイジ」21SSコレクション映像に出演 デジタルパリコレで披露へ

 森永邦彦が手掛ける「アンリアレイジ(ANREALAGE)」が、パリのファッションウィーク2日目の9月29日に新作の2021年春夏コレクションをデジタルショー形式で発表する。建築家・隈研吾やサカナクションの山口一郎など様々なクリエイターが参加しており、オープニング映像では平手友梨奈を起用。発表に先駆けてティザー動画が公開された。コレクションテーマは「HOME」。

Fashion /

(左から)N.HOOLYWOOD TEST PRODUCT EXCHANGE SERVICE、COMPILEの新作

「N.ハリウッド」2021年春の新作コレクションは原点のミリタリーにフォーカス

 100を超えるブランドが参加した2021年春夏シーズンのニューヨーク・ファッションウィークは、ほとんどのブランドが映像による新作プレゼンテーションだった。11年目の参加となる「N.HOOLYWOOD(N.ハリウッド)」も初めて映像で発表したが、半年以上前から方向性を変えてショーではない方法で発表することを決めていたという。シンプルな演出ながら見る人を思考の泉に誘う映像を読み解いてみよう。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎) N.ハリウッドと尾花大輔を知る 連載「ふくびと」第1話 ―とにかく好きな古着の世界にどっぷり

Fashion /

「Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/S」キーヴィジュアル©Japan Fashion Week Organization

東コレ21年春夏の参加ブランドと日程発表 半数以上が初参加、デジタル配信も多数

 日本ファッション・ウィーク推進機構(以下、JFWO)が9月17日の今日、東京ファッションウィーク「Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/S」のスケジュールを発表した。デジタルイベントとオフラインイベントから構成し、全35ブランドが参加(9月17日時点)。このうち19ブランドが初参加。開催期間は当初7日間の開催を予定していたが、最終的に10月12日から17日までの6日間に決定した。 東京ファッションウィークは例年、渋谷ヒカリエ内のヒカリエホールA・Bと表参道ヒルズ・スペースオーがメイン会場だったが、今回は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、ソーシャルディスタンスの確保が...

Fashion /

アズマ、初のインスタレーションで「ブルーハーツ」をイメージしたコレクション発表

 デザイナー東研伍が手掛ける「アズマ(Azuma.)」が、2021年春夏コレクションを初のインスタレーション形式で発表した。新宿アルタの屋上の3×3専用バスケットボールコート「HOOP/CITY」で開催。インスタレーションの様子は動画として後日公開が予定されている。

Fashion /

「ルイ・ヴィトン」の"旅するショー"が東京に上陸 岩田剛典と体験する21年春夏メンズコレクション

 雨上がりの雲間から漏れる光が水面を染める夕暮れ時。湾岸の新アドレスに、招待客を乗せた車が続々と集まってきました。「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」メンズの"旅するショー"は、パリから上海、そして東京へ――。9月2日の夜に東京で何が起こったのか、アンバサダーの岩田剛典さんと共にレポートします。

Fashion /

新鋭ブランド「Sheba」デザイナー柴崎博和が考える、リアリティのある服と日常から繋がるクリエイティブの形

 「Ordinary Pleasure =日常的な喜び、心地よさ」をコンセプトに掲げ、2019-20年秋冬にデビューしたメンズブランド「シーバ(Sheba)」。デザイナーは「ディガウェル(DIGAWEL)」出身の柴崎博和で、自分自身や日々の生活とリンクした服作りを行っている。「日々の生活を落とし込んで、自分自身が納得できるものを作る」と語る、柴崎の考える"日常"と"服"の関係性とは?学生時代の思い出や、「ディガウェル」での経験、そして30歳で立ち上げた自身のブランドについて――柴崎の過去と現在から探る、次世代デザイナーが打ち出すこれからのファッションの形。 【あわせて読みたい】ディガウェル出身の柴崎博和による新ブランド「シーバ」がデビュー

Fashion /

ネグレクトアダルトペイシェンツがディーゼルとのコラボアイテム発表、渋谷パルコでランウェイ開催

 WACK代表の渡辺淳之介がクリエイティブディレクターを務める「ネグレクトアダルトペイシェンツ(NEGLECT ADULT PATiENTS)」が、2021年春夏コレクションのファッションショーを渋谷パルコ10階の屋上で開催した。「ディーゼル(DIESEL)」とセレクトショップ「グレイト(GR8)」とのトリプルコラボレーションアイテムと、家具ベンチャー「カマルク(KAMARQ)」とのコラボアイテムを発表した。 ショーは新型コロナウイルスによる感染症対策で、限られた招待客が間を空けて観覧。一般客に向けて、ライブストリーミング配信「ドミューン(DOMMUNE)」でショーの様子が生配信された。ショーの音楽にはビ...

Fashion /

FUMITO GANRYU、UNDERCOVER、kolor、BOTTER、TAAKK

パリメンズ一考:ファッションデザイナーはデジタルの場をどう活かしていたか?

 今のところ僕は、ファッションフィルムが、従来のようなファッションショーの代替にはならないだろう、と感じている。ほんの一因でしかないが、ディスプレイの光を処理する運動と、肉眼で目の前をモデルが通過する経験は、まったく性質が異なっている。国内外の多くの人が予想していた通りだ。もちろん、ネガティブな意図はまったくない。 (文:山口達也) 【前回の記事】パリメンズ一考:「語り(ナラティブ)」が伝えること / 果たしたこと

Fashion /

「ルイ・ヴィトン」2021年春夏メンズコレクション

「ルイ・ヴィトン」メンズコレクションはアップサイクル&シーズンレスに 上海のショーに続く発表地は東京

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が8月6日、中国・上海で2021年春夏メンズコレクションのショーを開催した。 【第一弾はこちら】「ルイ・ヴィトン」メンズの方向性を示すプロローグ「ズームと仲間たちの冒険」の映像公開――次は上海へ ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が手掛けるルイ・ヴィトンの2021年春夏メンズコレクションは、7月のパリデジタルファッションウィーク期間中に公開したアニメーションフィルム「The A...

Fashion /

「ルメール」2021年春夏コレクション

「私たちはデザイナーとして、半分の仕事しかできない」ルメールの2人に訊く21SSとコロナ禍について

 67ブランドが参加したパリ・デジタル・メンズファッションウィーク。その大トリを静かに飾ったのは、クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)とサラ=リン・トラン(Sarah-Linh Tran)が手掛ける「ルメール(LEMAIRE)」だった。2人のインタビューを交えて、2021年春夏コレクションを振り返ってみよう。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎)

Fashion /

「セリーヌ」スプリング2021年コレクション

Eボーイこそが現代のユース像 「セリーヌ」21年スプリングメンズはTikTokカルチャーに着想

 エディ・スリマン(Hedi Slimane)手掛ける「セリーヌ(CELINE)」が7月29日、「THE DANCING KID」と題した2021年メンズスプリングコレクションをオンラインで発表した。ショーの告知からコレクションの着想源、サントラにまで色濃く反映されていたのは、現代のユースが熱狂する「TikTok(ティックトック)」カルチャーの影響だった。

Fashion /

Yue Minjunの作品をプリントした新作

コム デ ギャルソン・シャツが東京で初のショー 中国現代アーティストYue Minjunの作品をデザインに

 コム デ ギャルソンが7月28日、メンズコレクションの展示会初日に「コム デ ギャルソン・シャツ(COMME des GARÇONS SHIRT)」のフロアショーを開催した。通常なら6月末にパリのショールームでショーを行っているが、今回は約1ヶ月遅れて東京の本社での新作発表となった。 「コム デ ギャルソン オム プリュス(COMME des GARÇONS HOMME PLUS)」のショーが終わった1時間後、同じフロアでコム デ ギャルソン・シャツのショーが行われた。パリではい...

Fashion /

2021年春夏コレクション(モデルは写真家の蓮井幹生)

「Dr.スランプ」や「プレイボーイ」など、コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン新作は渡辺淳弥の身の回りにある本を服に

 渡辺淳弥が手掛ける「コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン(COMME des GARÇONS JUNYA WATANABE MAN)」が、新作の2021年春夏コレクションをヴィジュアルブックと展示会で発表した。新型コロナウイルスの影響ではあるが、ショーを行わなかったのは今回が初めて。 ジュンヤ ワタナベといえばこれまでも老舗ブランドやスポーツメーカーなど幅広くコラボレーションを行ってきたが、今シーズンは渡辺の身の回りにある本を服として紹介するというアプローチ。「改めて本という物と...

Fashion /

「コム デ ギャルソン オム プリュス」2021年春夏コレクション

「今直面する難題を乗り越える強さを」コム デ ギャルソン オム プリュスが26年ぶりに東京でショー開催

 2020年7月28日、「コム デ ギャルソン オム プリュス(COMME des GARÇONS HOMME PLUS)」は、東京・青山の本社の展示会場で2021年春夏コレクションを発表した。最大限のコロナ対策をした上で招待されたのは、数十人のプレス関係者のみ。東京でのショーは1994年秋冬のウィメンズ、メンズの合同ショー以来で、26年ぶりとなる。その心は? (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎)

Fashion /

サルバム 2021年春夏コレクションムービーより。デザイナー藤田哲平の語りと共に新作コレクションを映している。

パリメンズ一考:「語り(ナラティブ)」が伝えること / 果たしたこと

 オンラインを舞台に、2021年春夏パリメンズファッションウィークが開催された。この間、1月のパリを頭の片隅に思い浮かべながら、自室でひっそりと、15インチのディスプレイと向かい合ってきた。結果、オンライン発表にまつわるいくつかの発見があった。 (文:山口達也)

Fashion /

ミラノの象徴「ドゥオモ・ディ・ミラノ」

「フェンディ」が21年春夏をミラノで発表、メンズとウィメンズ合同のプレゼンテーションショー形式

 「フェンディ(FENDI)」が、2021年春夏シーズンのメンズおよびウィメンズのコレクションをプレゼンテーションショー形式でミラノ現地時間9月23日に発表する。 ブランドは当初、ローマ本社での発表を検討していたが、ミラノで行うことを決めた。フェンディは「他のメイドインイタリーブランドやイタリアファッション協会のメンバー企業との相乗効果を通じてミラノファッションウィークを支援することは、この数ヶ月間大きな打撃を受けてきたミラノにとって再生のシンボルになる」とコメントしている。 【あわせて読みたい】朝日新聞社がデジタル版ミラノファッションウィークを独占配信...

Fashion /

エルメス 2021年春夏メンズコレクションムービーより

舞台裏が覗ける? 新しいライブ表現に挑んだ「エルメス」21SSメンズ

 パリ・デジタル・メンズコレクションに先駆けること7月5日、「エルメス(HERMÈS)」が2021年春夏コレクションのイメージ映像を公開した。その後、7月12日の公式ファッションウィーク期間中に再公開。エルメスらしい上質でクリーンな世界を堪能できる映像は、なんと一発勝負のライブで表現したという。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎)

Fashion /

2021年春夏コレクション

アフリカから着想を得た「ディオール(DIOR)」新作から読み解く、コラボを続けるキム・ジョーンズの本懐

 キム・ジョーンズ(Kim Jones)が手掛ける「ディオール(DIOR)」メンズがサマー2021コレクションを発表した。今回のコラボレーション相手は、フォール2020コレクションの発表地となったマイアミで出会ったという、ガーナ生まれ、ウィーンを拠点に活動するアーティストのアモアコ・ボアフォ(Amoako Boafo)。「アーティストの肖像画」と題したコレクションでは、アフリカの自然や文化からインスピレーションを得たカラーパレットや柄にスポーツウェアの要素を取り入れた。  キム・ジョーンズは、自身の名を冠したブランド「キム ジョーンズ」では「マルベリー(Mulberry)」などとコラボし、前職の「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」では「シュプリーム(Su...

Fashion /

White Mountaineering 2021年春夏コレクションムービーより

ホワイトマウンテニアリングの黒――10年ぶりのハイスペックライン「BLK」を初のデジタルショーで発表

 相澤陽介が手掛ける「ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)」が、2021年春夏コレクションで「BLK」ラインを10年ぶりに再開する。BLKを含めた新作コレクションは、ブランド立ち上げ以来初めてデジタルショー形式で発表。ライゾマティクス(Rhizomatiks)真鍋大度による演出で、独自のパターンメイキングをヴィジュアル化するなどテクノロジーを融合したコレクションムービーとなった。 【対談】デジタルショーの作り方――ホワイトマウンテニアリング相澤陽介&ライゾマティクス真鍋大度

Fashion /

ロエベから届いた「Show in a box」

ロエベの箱入りファッションショー「Show in a box」12の資料から見て触って作る新体験

 ロエベの新作メンズコレクション発表日の2日前、編集部宛に小包が届いた。中身はキャンバス地で装丁された箱。トランクケースほどの大きさで「Show in a box」と名付けられている。蓋を開けると、コレクション制作のプロセスを紐解くリファレンスと共に、五感を刺激する体験が待っていた。

Fashion /

「メゾン ミハラヤスヒロ」コレクション動画より

パペット人形のパリコレ珍道中? ――ファッションショーの光と陰に焦点を当てたミハラヤスヒロ

 ファッションショーというものは、膨大な人が関わって作り上げられる。デザイナーなどのメゾン側はもちろん、プレス、バイヤー、編集者、ジャーナリスト、スナップカメラマン、セレブ目当ての一般の観客......その誰もが欠かせない"共犯者"だ。「メゾン ミハラヤスヒロ(Maison MIHARA YASUHIRO)」は、そんなパリコレの華やかで悲哀に満ちた群像劇を、アトリエで手作りしたというパペット人形と人間のモデルが登場するリアルなファッションショーとを組み合わせた映像で表現した。そこにはどんな意図があるのだろうか? (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎)

Fashion /

ルイ・ヴィトン 2021年春夏メンズコレクション動画より

「ルイ・ヴィトン」メンズの方向性を示すプロローグ「ズームと仲間たちの冒険」の映像公開――次は上海へ

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が2021年春夏メンズコレクションの映像を公開した。「The Adventures of Zoooom with Friends(ズームと仲間たちの冒険)」と名付けられた3分45秒の映像は、アニメと実写映像を融合させたもので、アニメーション監督を務めたのはレージー・ロウ。メンズ アーティスティックディレクターのヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)とメンズのルイ・ヴィトンの今後の方向性を示唆したプロローグ的な映像は、ファンならずとも必見だ。  (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎)

Fashion /

ダブレット 2021年春夏コレクションムービーより

「ダブレット(doublet)」が21SSをムービーで発表、なんでもない日をハッピーにする贈り物を描く

 「ダブレット(doublet)」が、2021年春夏コレクションをフランスオートクチュール・プレタポルテ連合協会(Federation de la Haute Couture et de la Mode)が運営するデジタルプラットフォームで発表した。新作は約10分のムービーで披露。ユーモラスなストーリーは、デザイナー井野将之が自粛期間に感じたことがアイデア源だいう。タイトルは「A VERY MERRY UNBIRTHDAY FOR YOU (なんでもない日、おめでとう)」。

Fashion /

YOHJI YAMAMOTO HOMME 2021年春夏コレクション動画より

目玉を散りばめた「ヨウジヤマモト」――ダークとユーモアが共存したデジタルショー

 ベテラン勢の不参加が目立つパリ・デジタル・ファッションウィークだが、ヨウジヤマモトは当たり前のことのように参戦した。新しいことに果敢に挑戦する巨匠に敬意を表すともに、様々な"目玉"が散りばめられた映像とコレクションは、いつも以上にメッセージ性の強いものだった。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎)

Fashion /

ヨウジヤマモト オムが公開した動画より

「ヨウジヤマモト オム」21年春夏の動画に東出昌大が出演、パリコレのデジタルプラットフォームで公開

 「ヨウジヤマモト オム(Yohji Yamamoto HOMME)」が、パリメンズファッションウィークのデジタルプラットフォームで発表した2021年春夏コレクションに、俳優の東出昌大を起用した。ルック画像とコレクション動画にモデルとして出演している。

Fashion /

Show in a box

「ロエベ」が24時間限定でデジタルコンテンツ配信、新作のプレゼンからジョナサンの朝食まで

 「ロエベ(LOEWE)」が、2021年春夏メンズコレクションの発表に先駆けて、7月12日10時から13日9時までの24時間限定でデジタルコンテンツを発表する。ブランドのインスタグラムと公式サイトで配信する。 【先日はYoutubeでイベント配信】片寄涼太が「ロエベ」のオンラインイベント出演、実父との対談を公開

Fashion /

「グッチ」がエピローグコレクションをライブ配信、遊び心のある実験的な作品を発表

 「グッチ(GUCCI)」がイタリア時間7月17日、メンズとウィメンズを統合した「エピローグ(Epilogue)コレクション」をミラノのデジタルファッションウィーク内で発表する。 【あわせて読みたい】デジタル版ミラノファッションウィークのスケジュール公開、エトロとドルチェ&ガッバーナはショー開催へ

Fashion /

イタリアファッション協会公式サイトより

デジタル版ミラノファッションウィークのスケジュール公開、エトロとドルチェ&ガッバーナはショー開催へ

 イタリアファッション協会が、7月14日から17日まで開催する2021年春夏シーズンのデジタル版ミラノファッションウィークのコレクションスケジュールを発表した。

Fashion /

Collection

コレクション

Tokyo

東コレ

Paris

パリコレ

Milan

ミラノ