ミレニアルピンク一色「アルフレッドティールーム」はなぜ人気なのか

 今秋、日本に初上陸するロサンゼルスのティーブランド「アルフレッド ティー ルーム(ALFRED TEA ROOM)」。ハイエンドなショップが並ぶメルローズプレイスの並木通り沿いに本店を構え、地元住民だけではなくセレブリティやインスタグラマーが足繁く通う人気店として名を馳せている。誕生のきっかけ、そして話題を集めた理由は"ミレニアルピンク"にあった。

【関連記事】LA発「アルフレッド ティー ルーム」青山と新宿に同時出店、カフェ・カンパニーが展開

 「アルフレッド ティー ルーム」は、同じくメルローズプレイスの並木通り沿いに位置するコーヒーショップ「アルフレッド コーヒー ショップ(ALFRED COFFEE SHOP)」から派生したブランド。もともとはアルフレッド コーヒー ショップが人気店として知られ、米国内に6店舗を展開している。

alfredtearoom_interview_20171013_005.jpg

 ティールームはなぜ生まれたのか。オーナーのJoshua Zadは「ミレニアルピンク」がきっかけになったという。ミレニアルピンクは、淡いピンク色をミレニアル世代がファッションコーディネートに多用していたことから名付けられた色名で、カフェやスイーツでも取り入れられるなど一大ブームとなった。

 Joshuaは当初、ミレニアルピンクを使ったコーヒーショップの出店を計画していたが、スケジュール通りには進まなかった。「ミレニアルピンクが流行しているこのタイミングに、時代背景に合ったものを作りたかった」と出店を先延ばしにする選択肢はなかったといい、ピンクが持ち合わせるフェミニンさがティーと相性が良いという考えから、ティーブランドの展開を決めた。ブランドを象徴する"オールピンク"の店舗デザインについては、「当初は一部のみにピンクを使う予定だったが、進めていくうちに"全てピンクの空間に入ってみるのはどんな気分だろう?"とやってみたくなって。結果的に全部ピンクになった」と振り返る。今ではフォトジェニックなスポットとしても認知されており、撮影目的で来店する人も少なくない。

alfredtearoom_interview_20171013_008.jpgalfredtearoom_interview_20171013_006.jpg

alfredtearoom_interview_20171013_007.jpg

 店舗デザインだけではなく、ドリンクもフォトジェニックな見栄えに徹している。アルフレッド コーヒー ショップでも好評のコンブチャや抹茶、ブラックティーなどをベースに、ブランドに合うドリンクを開発。高品質な原材料にこだわりながら、ビーツのパウダーを入れてピンク色を作り出すなど見た目も色鮮やかに仕上げている。「伝統的すぎるとハイクオリティーにこだわるばかりで余裕がなくなってしまう。でもあまりにもクレイジーなことをやると、一回は来てくれるかもしれないけどリピーターにはなってくれない。その中間を目指して、高品質でありながらある程度クレイジーなところもあるメニューがアルフレッド ティー ルームの魅力だと思う」(ビバレッジディレクター Jordan G. Hardi)。

alfredtearoom_interview_20171013_013.jpg

ティーメニュー

alfredtearoom_interview_20171013_014.jpg

スイーツやフードも展開

 高品質にこだわり、メニューにユニークさを取り入れるだけでは爆発的な人気は生まれない。アルフレッド ティー ルームでは、オープン前からインスタグラムを活用。プロダクトが何もない状態からスタートしたアカウントには「とにかくピンクのもの」を投稿し、カラーチャートのような見せ方でブランドイメージを作り上げた。飲食店では異例の取り組みとなったが、結果として「世界中で最もインスタグラムされているティールーム」としてメディアやイベントで名前が挙がる機会が増えたという。

alfredtearoom_interview_20171013_102.jpg

公式アカウント(@alfredjapan)より

 かねてよりティー専門店の展開を視野に入れていたカフェ・カンパニーの楠本修二郎代表は、「アルフレッド ティー ルームは日本にはない空気感がある。協業することで新しいトレンドを作れるんじゃないかと思った」と上陸の決め手を振り返る。強調するのは、今までにない価値を提供すること。アルフレッドにはロケーションから店舗の空間、ドリンクまで、トータルで価値があると捉え、ライフスタイルを牽引する女性をターゲットとし、青山と新宿にオープンする2店舗でその価値を表現していく考えだ。

alfredtearoom_interview_20171013_100.jpg

(左から)楠本修二郎代表、CEOのJoshua Zad、ティーマイスターの伊藤孝志、ビバレッジディレクターのJordan G. Hardi

 Joshuaは他国からのアプローチを数多く受けてきたが、「コーヒーショップではなく、(出会った当時)オープンから4カ月しか経っていないティールームに興味を持ってくれて非常に面白いと思った」と話す。カフェ・カンパニーとのパートナーシップも良好で、細かいディテールは同社に委ねているという。青山店と新宿店は10月31日に開店を予定。青山本店の内装を実際に見学したJoshuaは「イートインスペースも併設されていて、インパクトがある。オープンへの心配はない。新しいアプローチに日本がどう反応するかも楽しみ」と期待を示している。

alfredtearoom_interview_20171013_004.jpg

■ALFRED TEA ROOM 青山本店
オープン日:2017年10月31日(火)
住所:東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラポルト青山 1F / 2F
アクセス:東京メトロ「表参道駅」徒歩7分
電話番号:03-6427-3031 ※10月30日(月)開通予定
客席数:26席
営業時間:11:00~21:00

■ALFRED TEA ROOM ルミネエスト新宿店
オープン日:2017年10月31日(火)
住所:東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト1F
アクセス:JR「新宿駅」直結
電話番号:03-6380-6721 ※10月30日(月)開通予定
客席数:42席
営業時間:10:00~22:00

公式サイト