【連載】ファッション業界徒然日記:「ロレックスはいつ買える?」高級時計販売員 佐藤さんの場合

 華やかなイメージがあるファッション業界。そこで働く人はいったい日々何を思っているのか?通常では語られることのない業界で働く人達の"本音"を覗く、あの人気連載「ファッション業界徒然日記」が再びスタート。リニューアル第1回目は都内の某高級時計専門店で販売員をしている佐藤 正一さん(仮名)。ゴールデンウィーク明けの高級販売員の1週間とは?ちなみに周りに似たような人がいても、あくまでもフィクションです。

- プロフィール -
氏名
:佐藤 正一(仮名)
年齢:34歳
職業:高級時計専門店販売員
大学:中堅私立大学
年収:約360万円
住居:渋谷区 家賃:9万円

都内中堅私大を卒業後、百貨店に入社。たまたま配属された宝飾フロアで時計に目覚める。「好きな事を仕事に」のブームに乗って現在の会社に転職するも気づけば普通の会社員として日々を送っている。店頭に立つ時は、着用時計を貸与されるが自身では高級時計をまだ持っていない。

■5月9日(月)

週初めは、いつもの朝礼からスタート。先週の売上と今週の売上目標を確認。最近売上が落ちているためか、店長の詰めがキツい。それとバーゼル2016で発表された新型デイトナの問い合わせが凄いらしい。うちは、ロレックス正規店じゃないので扱ってないんだよね。でも、「新型デイトナ待ちの余波でウチの売上がさらに下がるかも」と店長がぼそりと言ったため、全員の危機感が増した。ぶっちゃけ、新型デイトナカッコいいもんな。昼ごはんを一緒に行った先輩も、早くロレックス扱って欲しいって言ってた。理由は、"黙っていても売れる→ノルマが軽くなるんじゃないか"という淡い期待。

新型デイトナ→ロレックス社スポーツモデルのフラッグシップ機新型。SSモデルは毎朝入荷しているかを調べに来店する客もいるため、店頭に置かれる事がほとんどない。

■5月10日(火)

いつも以上に人が来ない。暇なのでケースを磨いたり、カタログをしっかり見て新作のお勉強をする。うちの店は1000万級も揃える雲上ブランドから1万円くらいまでの大衆ブランドまで取り扱う正規店なんだけど、自分が担当するブランドの1つがどんどんケバくなっていることをカタログで実感。確かにこのブランド買うお客様は、イケイケドンドンな感じ多いもんな。ブランドもしっかり顧客マーケティングしているんだなぁ笑。

イケイケドンドンな感じ多いもんな→担当店員もイケイケドンドン系になることが多い

■5月11日(水)

今日は、お休み。土日が大切な仕事なため、平日に休みが振られることが多いのだ。暇だったので、伊勢丹新宿店の時計フロアを見に行く。ウチが取り扱っているブランドも多々あるけど、やっぱりパテックとランゲは飛び抜けて高いな。ここまで行くと「いつか欲しい」じゃなくて「絶対無理」ってなるよね。ロレックスは相変わらず混み混み。とはいえ、入口付近にあるスポーツモデルのケースに密集しているだけだけど。売れ線はサブマリーナとGMTらしい。店頭に置いているの見たことないけど笑。しかし、ロレックスも高くなったなぁ。帰りにルミネにある「えん」で鯛だし茶漬けを食べて帰宅。金麦を飲みながらダラダラとテレビを見て0時に就寝。

パテックとランゲ→最高級ブランドのパテックフィリップとランゲアンドゾーネのこと。この他にオーデマピゲとヴァシュロンコンスタンタンを加えて"雲上4大ブランド"と呼ばれる。

次のページは高級時計を買う客の"種類"について