【インタビュー】ハニカムの12年間で鈴木哲也元代表兼編集長は何を見たか

2017年06月09日 11:50 JST

 編集者という看板は、もう下ろしてもいいのかなと思っている―――ウェブマガジン「ハニカム(honeyee.com)」の代表兼編集長を退いた鈴木哲也氏はこう明かした。その背景には、経営体制やウェブ業界を巡る目まぐるしい変化があったという。ハニカム創設時から去るまでの12年間を、鈴木氏が初めて振り返る。

■過去のインタビュー
【インタビュー】honeyee.com社長 鈴木哲也が語る"M&Aまでのコトとこれからのコト"