;

ドーバーからダミアン・ハーストまで ファッション好きが行くべきロンドン10

 ファッション大国として有名な英国。なかでも世界三大ファッションスクール セントラル・セントマーチンズ芸術大学があるロンドンですが、ファッション好きが訪れる名所はもちろん数知れず。とはいえ、旅の時間は有限です。そこで、時間がない人達でも「おっ!あそこね!」や「ツウだね!」と思えるロンドンの今行くべきスポットをピックアップしました。

Dover Street Market

dover-london-2017070501.jpg

 言わずと知れたデザイナー川久保玲がディレクションを手がける「ドーバー ストリート マーケット(Dover Street Market)」の旗艦店。2016年にアーティーなドーバー ストリートから市街地のヘイマーケットへ移転し耳目を集めたのは記憶に新しいですね。巨大な球体がウィンドウを飾るエントランスは実はフェイク、とは言ってもこれがフェイクではなくアートかもしれないのがドーバーらしいですね。金網が降りているため「閉店している」と勘違いして帰ってしまう人もいるそうです。脇道に入ったエントランスでは「プレイ コム デ ギャルソン」のグレーニットを着た男性スタッフがちゃんとお出迎えをしてくれるので、安心してください(笑)。地下1階から3階までの4フロア構成で、3階にはお馴染みのローズベーカリーも。ちなみにこの建物は元バーバリー本社だったというのはファッション業界では有名な話。

▶︎Dover Street Market
住所:18-22 Haymarket London SW1Y 4DG
電話番号:+44 20 7518 0680
営業時間:月-土 11:00〜19:00、日 12:00〜18:00

>>街を変える店「ドーバー ストリート マーケット」に何故ブランドは出店したがるのか? 

sketch

pink-20170326_001.jpgpink2-20170709_001.jpg 英国に行くなら必ず体験したいのが「アフタヌーンティー」。百貨店では伝統的スタイルで楽しめますが、ファッション好きなら"進化型アフタヌーンティー"をおすすめします。その代表格「スケッチ」は、インスタグラムでも人気の高級カフェ。顔なし犬の像が鎮座した若干不気味な外観とは裏腹に、アフタヌーンティーエリアはピンク一色という万国女子の心をグッと掴むフォトジェニックな空間が広がります。価格は75ポンド(この日は母の日で25ポンド増し)とやや高額ですが、お茶にサンドウィッチやケーキ、ムース、スコーンなど内容はひたすら充実。奥のステージで奏でられるバイオリン三重奏で優雅な時間が過ごせます。ここに来たら忘れてはいけないのがレストルーム。卵のような個室が並んだ近未来的な空間で、写真を撮る人で賑わっています。なお、アフタヌーンティーの一般的な価格は20ポンドですが、このお店では思い出プライスとしてお財布の紐を緩めましょう。

london-20170705_003.jpg

▶︎sketch
住所:9 conduit street London W1S 2XG
電話番号:+44 (0) 20 7659 4500
HP:http://sketch.london/

MACHINE-A

london-20170325_003.jpg セクシーショップが並ぶ英国のソーホーエリアは近年、「シュプリーム」や「パレス」といったストリートブランドの出店で平日から大混雑。そこに店舗を構えるセレクトショップ「マシンA(MACHINE-A)」は、「ラフシモンズ(Raf Simons)」や「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」「ゴーシャ・ラブチンスキー(GOSHA RUBCHINSKIY)」「ワイ・プロジェクト(Y / Project)」など、バイイング・ディレクターのスタヴロス・カレリスの目にかなった感度の高いアイテムがギュッと詰め込まれています。BGMに合わせてダンスしながら接客をするショップスタッフは、ロンドンの今を感じさせてくれます。

▶︎MACHINE-A
住所:13 Brewer Street, Soho London W1F 0RH
電話番号:44 (0)20 7734 4334
営業時間:月-水 11:00〜19:00、木-土 11:00〜20:00、日 12:00〜18:00
HP:http://www.machine-a.com/

THE GOODHOOD STORE

london-20170324_001.jpg ロンドンの中でも若々しく活気溢れるエリアとして注目されるショーディッジは、以前はイーストロンドンの中でもあまり近寄らないエリアとして知られていました。それまではあまり注目されないエリアとして知られていたのですが、2000年頃にはアーティストが移り住みじわじわとおしゃれエリアへ変貌。そんな時に移転してきた「GOODHOOD」は、今ではロンドンの若者が集う人気店として名前が知られるようになりました。コンパクトな面積にも関わらず、メンズ・ウィメンズのウエアをはじめライフスタイルグッズ、ジュエリー、ブックまで幅広いアイテムを凝縮。創業当初から日本ブランドも積極に取り扱ってきた経緯もあり、過去には「ビームス(BEAMS)」がイベントを開いたこともあり日英交流の新原点としても気になるお店です。

住所:151 Curtain Road London EC2A 3QE
電話番号:+44 (0)207 729 3600
営業時間:月-金 10:30〜18:30、土 10:30〜19:00、日 12:00〜18:00
HP:http://goodhoodstore.com/

HUNKY DORY VINTAGE

london-20170705_001.jpghunky-20170324_002.jpg
 ヴィンテージショップ「ハンキー ドーリー ヴィンテージ(HUNKY DORY VINTAGE)」はセンスもよく価格も良心的。毎週ヨーロッパに買い付けにいくという気のいい店主によると「ふみのおかげで最近日本人がよく訪ねてくれるんだよ」とのこと。........ふみって誰?と思い店主が指差す壁に目を向けるとポラロイド。よーく見ると、なんと女優の二階堂ふみさんのことでした。アナザースカイに出演した際にこのお店をピックアップしたそうで、以来ファンが訪れてはポラロイド写真を撮影して帰るんだとか。毎週日曜日に開かれるマーケットもロンドン名物ですが、多くの店が並んでいる中で初心者が"いいもの"を見つけるのは至難の技(でした)。ゆっくりとヴィンテージを探したいという人は、まずこのお店へ。

hunky-20170324_001.jpg

▶︎HUNKY DORY VINTAGE
住所:226 Brick Ln, Shoreditch, London E1 6SA
公式サイト:http://hunkydoryvintage.com/

Worlds End

vivienne-20170709_001.jpg イギリス・パンク発祥の店として知られる「ワールズ・エンド」は、創業から変わらずキングス・ロードに鎮座。かつてはカウンターカルチャーの中心地とされていたこの通りもヴィヴィアン・ウェストウッドの飛躍とともに、現在では貫禄ある閑静な通りに変身しました。中に入ると様々なレーベルのコレクションに加えて、ここでしか手に入らない「ワールズ・エンド」タグの商品も豊富に揃ってファンにはたまらない充実具合。日本人のショップスタッフも在籍しているようで、運が良ければ日本語で接客してもらえるかも?ちなみに、現在でもお店の逆回転時計は健在です。これだけでも必見。

▶︎Worlds End
住所:430 King's Road, Chelsea London, SW10 0LR
電話番号:020 7352 6551
営業時間:月-土 10:00〜18:00
URL:http://worldsendshop.co.uk/

次のページは「時間がないけど買い物したい」時に便利な老舗百貨店やファッション業界人が今行きたい"薬だらけ"のカフェ