【連載:マニアですがなにか コンバース編】第四回「レアモデル」

 広島の古着屋「KAZZIN Time recycler」で働く僕"自称コンバースマニア"高雄 大善が全4回に渡り、「コンバース(CONVERSE)」について紹介する連載。最終回の第4回は「レアモデル」について。今回登場するモデルは、Instagramにアップすると海外からも「売って欲しい」とDMが届くほどのマニアも探す名作ばかり。僕が集めた中でも選りすぐりのレアモデルをお気に入りランキング順に紹介します。

【連載:マニアですがなにか コンバース編】
第一回「覚えておくべき5モデル」
第二回「オールスターの種類」
第三回「年代判別と選び方」
第四回「レアモデル」

第9位「80年代〜90年代オールスタースエード」

converse-takao4-2017-08-30-zz-20170830_001.jpg

二次流通価格相場:15,800円〜29,800円 ※販売者によって前後

 まずは、第3回でチャックテイラーの次に好きと言った「あて布&サイドステッチの無いインソール囲みのオールスター」のスエード素材です。スエード素材は90年代のものに使用されていることが多いですが、インソールは80年代に使用されていた囲みのデザインが採用されています。最近ではCONSの黒スエードを履いている人をよく見かけるので、あえてシューレースを黒色に変えてCONSに見えるように履くのがマイブームです。

converse-takao4-2017-08-30-20170830_031.jpg 好きなモデルなので頻繁に着用しているので使用感は結構あります。ストックしたくて同じものを探しているのですがなかなか見つかる気配がありません。見つけた方はぜひご一報を!

第8位「83年オールスター83CAMO」

converse-takao04-083117-zzzzzz-20170830_003.jpg

二次流通価格相場:49,800円〜79,800円 ※販売者によって前後

 バスケットボールの競技用だったオールスターにファッション性を取り入れようと初めて採用された柄物がこの「83 CAMO」です。商品名通り83年に発売されました。コンバースがカジュアルシューズとして認知されるようになったことに大きく影響しているモデルと言えるでしょう。たまに目にすることはありますが大きいサイズや小さいサイズばかりで、マイサイズ(9 1/2〜10 1/2)に出会うことはなかなかありません。

converse-takao4-2017-08-30-20170830_026.jpg

 このモデルは特に、インソールが硬化していたり劣化しているものが多いので、購入する前にしっかりチェックしましょう。

 ここで少し話がそれますが、ソールの硬化や劣化に悩んでいる人も多いと思いますので、僕が実践しているソール劣化の防止対策をご紹介したいと思います。

▶︎マニアが教える「ソール劣化の防止対策」

converse-rekkakouka-taka04-11-09-17.jpg

 材料分析の仕事をしている知人から聞いたところ、トゥキャップはシリコン系のゴムで固めているので、乾燥や紫外線の影響で硬化や黄ばみの原因になる塩素が混ぜ込まれているそうです。劣化を防ぐためには、ホームセンターなどで手に入るホワイトグリスというシリコン系のグリスが効果的です。アッパーやサイドのひび割れ部分にホワイトグリスを塗り込み、サランラップなどで空気に触れないように一ヶ月ほど保護します。さらに、その後にシリコンスプレーなどで拭き、保管しておくといいでしょう。

 ちなみに保管に関してですが、靴を買った時にスニーカを包んでいる紙は、シミや汚れの原因になることがあるので別で保管することをオススメします。

 

第7位「70年代 ワンスター」

converse-takao4-2017-08-30-20170830_015.jpg

二次流通価格相場:79,800円〜128,000円 ※販売者によって前後

converse-takao4-2017-08-30-20170830_017.jpg

「幻」と言われている70年代に製作されたワンスターのオリジナルです。これは私物ではなく最近買い付けてきた商品になります。委託品で出回ることはたまにありますが、仕入れで入ってくることは本当に珍しいんです。70年代のワンスターは当時の最高級レザーを使用して製作しているのでスエードの質や発色が復刻モデルとは比べにものにならないぐらい魅力的です。同じサイズのチャックテイラーと比べるとワイズは狭い作り。紐をきつく縛って履きたいという人はワンサイズ上がオススメですが、幻のスニーカーで数が少ないため、サイズを妥協してでも手に入れたいスニーカーです。

第6位「70年代 ジャックスター」

converse-takao4-2017-08-30-20170830_012.jpg

二次流通価格相場:79,800円〜98,000円 ※販売者によって前後

converse-takao4-2017-08-30-20170830_013.jpg

 ジャックスターのスエード素材。ワンスターと同様にスエードの質や発色が良く、ワイズも狭くなっています。小さめのサイズや大きめのサイズは売れ残っているイメージがありますが、マイサイズ周辺のものは本当に少ないです。

第5位「70年代 ジャックスター 黒レザー」

converse-takao04-083117-zzzzzz-20170830_002.jpg

二次流通価格相場:198,000円〜298,000円 ※販売者によって前後

converse-takao4-2017-08-30-20170830_011.jpg

 黒レザーのジャックスターは、スエードのジャックスターと比べるとかなり見つかりにくい希少品。購入時はデッドストックのグッドコンディションでしたが、我慢できず数回履いてしまいました。サイズが合わないものはたまに見かけることがありますが、マイサイズは初めて見つけたので迷わず購入。金額は20万円ぐらいで、僕が所持しているコンバースの中で最も高額な1足です。過去に30万円で販売されているものを見たことがありますが、出現率を考えると妥当な金額だと思えるほど見つかりません。

次のページは、マニアが選ぶお気に入りランキング4位〜1位を発表