【インタビュー】パンを被写体にして話題になった「チーム未完成」とは

チーム未完成(黄:ぴっかぱいせん、青:ゆりしー、赤:しをりん) Photo by: Fashionsnap.com

 世界で初めてパンを被写体にした写真集「パン」を発表し、アジア最大級のアートブックフェア・THE TOKYO ART BOOK FAIR 2014(9月19日〜21日)の話題をさらった女性ユニットが居る。皿の上に置かれるだけのインドア派だったパンを、夜のストリートや元気な子供の声が響く公園など意表をつく場所に飛び出させたのは、7月に活動をスタートさせたばかりの「チーム未完成」。初取材になったという今回のインタビューではパン好きなカラオケ店員になりきってもらい、日頃の活動実態を語ってもらった。



■テーマカラーは赤・青・黄

― まずは自己紹介をお願いします。(※挨拶はこれが定形のようです

しをりん(以下S):チーム未完成の見切り発車担当、じょうねつレッドはめんたいこー!リーダーのしをりんことさとうしをりでーす。

ゆりしー(以下Y):うれしーかなしーわたしは\ゆりしー!/チーム未完成の文部科学省担当、ブルーライトヨコハマー!ゆりしーことゆりしーです。

ぴっかぱいせん(以下P):機材担いで右往左往。みんなのハートをシューティング!チーム未完成の大きい方、せんべいえろー、ぴっかぱいせんです。

― 3人の強みを合わせて「チーム未完成」。

S:まだ「パン」しか世に出ていませんが、具体的にはロゴやレイアウトなどデザインまわりをしをりんが担当しています。それから割と全体的にわーわー言っているのも、私です。

Y:冒頭の「パンとは」という文章など、字を書く系はゆりしーが担当しました。

P:写真関係は全てぴっかぱいせんが担当しました。

team-mikansei-20140924_001.jpg夜景が綺麗なカラオケ店にて撮影。


ー キャッチコピーは「イケイケ世代のイケない女子によるちょっぴりイケてない制作活動」とのことですが、どんな経緯で「チーム未完成」は結成されたのでしょう?

S:最初は私とゆりしーの2人で、「何か新しいことやりたいね」と話をしていたんです。それが今年7月なのですが、その「何か」が最初は全く決まっていなくて...。

Y:2人とも割と音楽のイベントに顔を出すことが日頃多いのですが、ライブハウスのケータリングって「いつもゴハンがしけてるよね」と意見が一致したところが「何か」の始まりかな。例えばライブを観に行ってお酒を飲みながら踊りたいのに、なぜかカレーを両手で食べなきゃいけない。ジレンマを感じていたんですよね。それで「片手で食べられるものって何だろう」という疑問から、「パンだ!」というアイデアが浮かんだんです。

次のページは>>美白モードでパンとプリクラ?