映画「東京喰種」をより楽しむために知っておきたい衣装の裏話

「クリスチャンダダ」の森川マサノリがデザインしたマスク Photo by: FASHIONSNAP

 映画「東京喰種 トーキョーグール」が、7月29日に公開される。累計発行部数2,200万部超の人気漫画の映画化という話題性と共に、注目したいのが劇中の衣装だ。手掛けたのは、レディー・ガガからゆずまでさまざまなアーティストのツアー衣装を手掛ける他、パリコレに参加しているブランド「クリスチャンダダ(CHRISTIAN DADA)」のデザイナー森川マサノリ。オートクチュールのように登場人物に合わせた衣装制作のプロセスを紐解く。

【関連】ゆず20周年の全国ツアー衣装を「クリスチャン ダダ」が制作

【ストーリー】人の姿をしながらも人を喰らう怪人「喰種(グール)」。水とコーヒー以外で摂取できるのは「人体」のみという正体不明の怪物たちが、人間と同じように暮らしている街、東京。ごく普通のさえない大学生の金木研(カネキ)は、ある日、事件に遭い重傷を負ってしまう。病院に運び込まれたカネキは、事故の時一緒にいた喰種の女性・リゼの臓器を移植されたことで、半喰種となってしまう。自分が喰種化したことで苦悩するカネキは、以前から通い詰めていた喫茶店あんていくで働き始め、そこでアルバイトをしている女子高生・霧嶋董香(トーカ)と出会う。あんていくは喰種が集まる店で、トーカもまた喰種なのだった。トーカはぶっきらぼうな態度を取りつつも、やがてカネキを助ける存在となっていく。そんな中、喰種にも人間と同じように、守るべき家族や大切な友人がいること、愛する気持ちや哀しみ、憎しみといった感情があることを知り、カネキは人間と喰種、二つの世界の価値観の中で葛藤する。一方、喰種を駆逐しようとする人間側の組織・CCGの捜査官・亜門(鈴木伸之)、真戸(大泉洋)が現れ、熾烈な戦いに巻き込まれていくのだった...。

「クリスチャンダダ」デザイナーの森川マサノリ


ー 森川さんは「東京喰種」のファンだそうですね。

 そうなんです。以前から好きで読んでいて、漫画の単行本も購入して集めていて。

ー 衣装製作のきっかけは?萩原監督とは以前から知り合いだったのでしょうか。

 ブランドのホームページに映画の制作会社からお問い合わせを頂いて、それが衣装製作の話だったんです。監督とも今回初めてお会いしました。

劇中で窪田正孝が実際に着用したマスク


ー 窪田正孝さんが劇中で着用したマスク、かなり小さいですね。原作を再現したのでしょうか。

 窪田さんの顔に合わせて作ったら、結果的にこのサイズに(笑)。(窪田さん演じる)カネキのマスクは「口が開いているもの」「口が閉まっているもの」「口の開閉自在」の3タイプ制作したのですが、作品でも重要な役割を持つアイテムなので何度も作り直したんです。首部分にはストーンを埋め込んで蛇腹っぽい、ムカデを意識したデザインにしました。原作だとカネキのマスクは人間の歯にジップがついたデザインですが、今回作ったマスクではサメの歯を使っていたり、原作より怖く仕上がっているかもしれません。全体的に、原作に忠実にデザインしたというよりは、あえて原作より少しアップデートしています。

カネキのマスクのデザイン画

ー カネキのマスクの他に、カネキとトーカの戦闘服、喰種を駆逐する組織「CCG」の亜門と真戸のコート、喫茶店「あんていく」の制服も森川さんがデザインしていますよね。それぞれ衣装のポイントは?

 CCGの捜査官 亜門(鈴木伸之)は筋肉オタクで一途で真っ直ぐという役柄なので、コートのバックにプリーツを用いて蛇腹を表現したり、力強さを意識したデザインになっています。同じくCCGの捜査官の真戸(大泉洋)は、スーツをあえて大きめのサイズにしたり、コートの素材も1人だけレザーにして、はみ出し者という彼のキャラクターを表現しました。戦闘シーンも多いので、CCGのコートは動きやすさも重要。ただ、軽さにこだわってペラペラすぎても攻撃的に映らないので厚めの素材を使って重厚感を出しました。カネキの戦闘服は、大学生という設定から外れないようなデザインに抑えつつ、ジップやレザーなど「クリスチャンダダ」らしいディテールを加えました。トーカの戦闘服は原作でもそんなに固定のスタイルが登場するわけではないので、僕が着て欲しいなと思うデザインも反映されていると思います。

ー 原作とは少し違ったデザインなんですね。

 全く同じ衣装で作るんだったら、自分が加わる必要がそもそも無いなと。映画独自の解釈だったり見せ方もあるので、そこはあえて全部変えていこう、としました。アニメ版も原作の漫画と少し違うんですよ。人を喰うグールが存在する「東京喰種」の世界観は独特で、ファンタジーまではいかない。グールも人間の姿をして、現実世界で生活をしている。なので、現実世界から離れ過ぎた衣装にならないように、ということは意識しました。

ー 普段のデザインプロセスとも異なりましたか?

 それが、最初に僕がデザインしたものをアップデートしていくというプロセスは、普段のコレクション製作にすごく似ていると感じました。映画の衣装は「俳優さんが思い描く役に対しての像」「監督が考える像」「ファンの方が考える像」「僕が考える像」がキャラクターごとにあって、それをすり合わせて一つの像を作っていくんです。真戸を演じる大泉洋さんから「亜門のコートは綺麗だったとしても真戸はズタボロだよね」と意見をいただいたり、映画は1つの作品に関わる人間がとても多くて、それも楽しかった。またやりたいですね。

【東京喰種】
原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」 (集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
出演:窪田正孝
   清水富美加 鈴木伸之 桜田ひより 蒼井優 大泉洋
   村井國夫 小笠原海 白石隼也 相田翔子 栁俊太郎 坂東巳之助
   佐々木希 浜野謙太 古畑星夏 前野朋哉 ダンカン 岩松了
監督:萩原健太郎 脚本:楠野一郎 音楽:Don Davis
主題歌:illion「BANKA」
配給:松竹
Ⓒ2017「東京喰種」製作委員会 Ⓒ石田スイ/集英社

7月29日(土)全国公開
公式サイト