;

【インタビュー】ユニクロジーンズを生むLA巨大研究施設のトップ 松原正明とは何者か

2017年08月10日 12:15 JST

 ユニクロが、ロサンゼルスの自社デニム研究施設「ジーンズイノベーションセンター」設立を発表したのは2016年11月。"最高のデニムを研究し開発する"をミッションに掲げる同施設で開発されたジーンズが、17年秋冬シーズンから店頭に並び始めた。ロスにありながら施設のトップに就任したのは松原 正明という名の日本人。エドウィンやAGでデニムデザイナーとしてキャリアを積んできた生粋のデニムマニアだ。「この色落ちいいと思うんだよね」という仕上がったばかりのデニムシャツに袖を通した松原が有明に建設されたファーストリテイリングの新社屋UNIQLO CITY TOKYOでインタビューに応じてくれた。

■今秋から変わったユニクロのジーンズ
ユニクロ、LAのデニム研究施設で開発した初のコレクションを発売

■ユニクロのニットが変わる
ファストリと島精機製作所が合弁会社発足 ユニクロなどホールガーメント製品生産へ

■SPAから情報製造小売業へ
ファーストリテイリング柳井正社長「革命を起こす」有明プロジェクト発表