【細川あさなにインタビュー】スタイリストから「TWNROOM(ツインルーム)」プロデューサーに

 世界に向けたグローバル旗艦店「The SHEL'TTER TOKYO」にて、今春デビューした話題の5ブランドが一挙ラインナップされます。そこで、新ブランドを仕掛ける3名のディレクター&プロデューサーにインタビュー。新ブランドのことや、渋谷・原宿という街についてのお話も聞きました。

  第2回は、ファッション雑誌を中心にスタイリストとして活躍する細川あさな。「オシャレを楽しみながら自分を知ること」をコンセプトとしたウィメンズブランド「TWNROOM(ツインルーム)」を2012年春夏シーズンから新たにスタートさせました。10代後半~20代後半をターゲットとした「TWNROOM」は、幅広いアイテム展開が特徴です。

twinroom_photo_001.jpg

細川あさなのオススメ「ワンピースは1枚でアイテムの世界観が完成されているものが多いので1枚だけでも充分オシャレに着こなせます!」


ーブランドを立上げたきっかけと経緯を教えて下さい。
 もともと学生の頃からブランドをつくるのが夢だったんです。18歳の頃にスタイリストアシスタントになったんですけど、スタイリストになりたかったというよりは、「ファッション業界に入る」ということが目的でした。地道にスタイリストの仕事を続けていたら、1年半ほど前にバロックジャパンリミテッドでのブランド立上げの話が持ち上がり「TWNROOM」をデビューさせることになりました。


ー「TWNROOM」のコンセプトはありますか?
 流行をただ追うだけじゃなくて、自分のスタイルを見つけ出せるブランドを目指しているので、代表的な分かりやすいブランドカラーやテイストは設定せず、豊富なアイテムやカラーバリエーション、シルエットを多く揃えています。「TWNROOMで一緒にオシャレのレベルを上げていこうよ」とお客様に寄り添ったスタンスで、ブランドを展開したいと考えています。


twinroom_photo_002.jpg

細川あさなのオススメ「わかりやすいMixスタイル!マニッシュとフェミニンのMixスタイルです。」

ー洋服をつくる上で、インスピレーションとなってくるものはありますか?
 海外に影響を受けることが多いですね。仕事やプライベートでいろいろな海外に行くんですけど、中でもイギリスが一番好きです。イギリスって若い子にとても勢いがあって、本当にファッションを楽しんでいるのが伝わってくるので、パワースポットじゃないですけど(笑)訪れるたび、テンションが上がるんですよね。

ー商品へのこだわりは?
 生地やディテールに対して、とてもこだわりを持っています。もちろん、メインターゲットの10代後半~20代後半のお客様達にブランドを響かせたいので価格にもこだわりを持っています。「この値段だから、価格のおさえられるこの生地を使う」というような考え方はしないですね。手に入れやすい価格でも商品作りには一切、妥協をしていません。


ー周辺には「TOPSHOP」、「Forever21」や「H&M」などのブランドがあります。ブランドとしてどうやって違いを伝えて行きたいと思っていますか?

 「TWNROOM」がターゲットとしている層は、そのあたりのブランドとバッティングするんですよね、きっと。私自身は、日本で発信する日本のブランドということに意味があるんじゃないかなと思っています。サイズやデザインのバランスなど、日本人だからわかる点を反映させています。ファストファッションブランドが浸透した中で、おしゃれで手頃なアイテムを買いたいけど"私にはちょっとレベルが高いかな"と感じている女の子たちに響かせたいと思っています。

tokyo-girls-collection-2012ss_pppxxx.jpg

東京ガールズコレクションに初出演

ー 細川さん自身は、いつからファッションに目覚めたんですか?
 母がすごくファッションが好きで、コレクションのルックが掲載されているファッション誌を買ってきていたので、それを小学生や中学生の頃から読んでいましたね。それだからかもしれません(笑)。デザイナーだと昔も今も、ジョン・ガリアーノが大好きです。


ー最初のファッションの仕事は?
 スタイリストです。私の家は「高校までは親が援助するけれど、それ以降は自分のやりたいことがあるなら、自分でお金貯めてやりなさい。」という教育だったので、高校の卒業時には洋服の専門学校行く為に貯金をしていたんです。でもある時、雑誌の後ろのページに「スタイリストアシスタント募集」と書いてあるのを発見して、「実際現場行った方が早いじゃん!」と思って応募しました。


ー皆さんに共通した質問をしているのですが、バロックのブランドは渋谷系としてスタートしたという印象がとても大きいと思います。学生の頃は、細川さんにとって渋谷・原宿ってどんな印象の街ですか?
 渋谷は私にとって、仕事場ですね(笑)。プライベートとしてはあまり行かなかったですね。どちらかというと、原宿や吉祥寺、下北沢に遊びに行っていましたね。


ー意外ですね。先入観で渋谷系のファッションが好きな方だと思っていました。
 私は色々なジャンルのファッションを経験してきました。結果、どれにもハマってないんです。結局、何をやっても自分っぽいし、周りの人達からも私っぽいと言われる。学生の頃から 可愛いと思ったものを何でも着ていました。ブランドにこだわることは今でもなくて、ハイブランドからファストファッションまで。原宿、マルキューブランド、街歩いていて可愛いと思ったものがあれば買っちゃいます。

ー渋谷系とは真逆の"個性派"原宿系のファッションにはどういう印象を持っていましたか?
 大好きでしたよ。今も大好きです。"守り"に入ってないところが面白い。先入観なくファッションを楽しんでいるのは、私が大好きなイギリスの若者達に通じるところがあります。私自身も原宿系ファッションを経験してきました。ただ、ベースは変わらなかったので、やっぱり私っぽくなっていたと思います。

twinroom_photo_003.jpg

細川あさなのオススメ「スタッズやスパンコールなどアクセントになるようなアイテムも豊富です!」


ーベースが変わらないというのは、自分らしさを持っているからということですか?
 そうですね。 いろいろなファッションの流行があるなかで、良いと思ったものをその時その時で自分なりに取り入れてきました。でもどんなファッションに挑戦しても私らしさを守っているので、自分らしいオリジナルなスタイルになっているし、自分自身それがとてもいい事だと思っています。「TWINROOM」も自分らしいおしゃれを楽しめるブランドとして皆さんに支持してもらえるように頑張ります。

ーそうなんですね。では、渋谷と原宿を「ひとこと」表現してもらえますか?
 難しいですよー(笑)。なんか、自分にとってと言うより、どちらの街も東京にとっての「パワースポット」なのかなって印象です。ずっと発信し続けている場所だし、世界的にも注目される場所。個人的には、一昔前だと、渋谷の方が型にハマっていて、原宿はハマってないという印象だったけれど、最近はそれがミックスされているから、それぞれを「ひと言」で言い切るのは難しいのかもしれないですね。渋原という言葉もあるくらいなので。

ーそれでは、最後にブランドの目標と個人的は目標を教えてください。
 「世界発信!」です。ブランドも、自分も(笑)世界中の女の子をおしゃれに輝かせたいです!

■TWNROOM
URL:http://www.twnroom.com/