Number(N)ine(ナンバーナイン)がブランド解散

 東京発のパリコレブランドである「Number(N)ine(ナンバーナイン)」が2009-10年秋冬シーズンをもってブランドを解散、デザイナーの宮下氏は、同ブランドを2月20日をもって離脱したことが明らかになった。

 同ブランドのデザイナーは宮下貴裕氏。「NEPENTHES(ネペンテス)」で企画、バイヤーを経た後に1996年に「Number(N)ine」を立ち上げ、2000−01年秋冬シーズンに東京コレクションにデビュー。ビートルズの名曲「レボリューション9」に由来するブランド名同様、音楽からインスパイアされたデザインは国内外で高い評価を受けた。
 その後2004−05年秋冬「GIVE PEACE A CHANCE」でパリコレクションにもデビューを果たし、実力若手デザイナーとして親交の深いUNDER COVER(アンダーカバー)の高橋盾氏とともに脚光を浴び続けていた。

 「Number(N)ine」を展開するクークスによると、同ブランドは2009年1月にパリで発表された2009-10年秋冬コレクションをもって終了とし、それに伴って直営店のクローズも順次予定されているとのこと。終了の理由については「デザイナーの体調不良のため」としているが、宮下氏、及び同社の今後の動向については未定とコメントしている。