「東のエデン」滝沢朗のファッションを再現 本格派モッズコート発売

(c)東のエデン製作委員会
(c)東のエデン製作委員会

 人気アニメ「東のエデン」の主人公、滝沢朗(たきざわ あきら)が着用しているモッズコートを、11月6日、吉祥寺パルコ「ノイタミナショップ by monozoku」で展示・予約販売する。コートは、デザイナー久保田昌手掛けるメンズブランド「plot」とのコラボデザイン、原作・監督の神山健治監修のもと忠実に再現した本格派モッズコート。1着1着に神山健治監督公認のシリアルナンバー入りのネーム付きだ。

 「東のエデン」は、フジテレビのアニメ深夜枠「ノイタミナ」で初の完全オリジナル作品として2009年4月より同年6月まで放映されたアニメーション。キャラクター原案は「ハチミツとクローバー」で知られる漫画家、羽海野(うみの)チカ、そして原作・監督を手がけたのは、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」などで高い評価を得ているアニメーション監督、神山健治と、この2人のタッグが話題を呼んだ。全11話のTVシリーズを経て、その後のストーリーを描く劇場版を2部構成で上映。2010年には、アニメ業界最大のイベント東京国際アニメフェア2010で第9回東京アニメアワード優秀賞テレビ部門など、数々の賞を受賞している。

 「東のエデン」主人公の滝沢朗は、男女ともに根強い人気を誇っており、これまでも彼のファッションを忠実に再現した本格派のブーツやデニムなどが発売されてきた。これらアイテムは、メンズブランド「soe(ソーイ)」の立ち上げメンバーで、「DETAILS(ディテイルズ)」など人気ブランドのデザイナーも務めている久保田昌のコラボライン「plot」が手がけている。なかでも、滝沢朗がいつも着用しているM65のミリタリージャケット発売の際は、その完成度の高さとシルエットの良さで、男性だけではなく女性の購買も見られるなど完売となる人気を誇った。

 今回発売されるモッズコートは、前作同様「plot」とのコラボデザインで、アメリカ軍のM-51パーカーのデザインを継承しつつ現代のシルエットにモダナイズした、デザインや機能性などにこだわったアイテムに仕上がっている。フィッシュテールと呼ばれる長めの後ろ身頃が特徴で、前作よりもさらに強めのボールバイオダメージ加工を加えることで長年着古していたかのような色褪せ感を表現。神山監督も製作の段階でデザインの確認をするなど、力の入ったアイテムとなっている。サイズ展開は女性も着用できるSサイズからLサイズまで。吉祥寺パルコほか、パルコの公式通販サイト 「パルコシティオンラインモール」で予約を受付し、2月に手元に届く予定だ。

 

■東のエデンM-51 TYPE(TAKIZAWA(plot x Kenji Kamiyama)
ブランド名:plot
価格:¥31,500 (税込)
URL:http://www.parco-city.com/shop/99noi272/99noi272/item/view/shop_product_code/eoe-121