DIESEL監修スカイラウンジ付きマンション、神戸に誕生

 「DIESEL(ディーゼル)」のホームコレクションライン「Successful Living from DIESEL」を導入したマンションが、2013年に誕生する。2013年に完成予定の神戸市に建設中の分譲マンション「神戸ハーバータワー」内の共有スペースに採用され、日本で初めて「Successful Living from DIESEL」が監修した空間付きマンションとなる。

 神戸に新しく誕生する「神戸ハーバータワー」は、3線4駅が徒歩圏内の恵まれた立地が魅力の超高層タワーマンション。24時間有人体制で安全を守ってくれる他、快適な暮らしを支えるホテルライクな暮らしを演出するコンシェルジュなどサービスも充実している。全35階建ての「神戸ハーバータワー」のなかで「Successful Living from DIESEL」がプロデュースするのは、17階の共有部分のスカイラウンジとゲストルーム。港町の景色を一望できるスカイラウンジのインテリアに「Successful Living from DIESEL」のファニチャーや照明などを使用し、モダンな空間にコーディネート。ゲストルームには大きなベッドをしつらえ、オリジナルのファブリックなどで落ち着きのある居心地のよい一室を創り上げている。また、内覧用のマンションパビリオンにも「Successful Living from DIESEL」のアイテムが使用されたコンセプトルームを用意。自分のマンションを「DIESEL」の家具でカスタマイズすることも可能となっている。

 「Successful Living from DIESEL」は、ロックなライフスタイルを提案するホームコレクションライン。2008年に発表されたズッキ社が手がけたテキスタイルを皮切りに、アイテムを拡充。テキスタイルと同様、ファニチャーは50年以上の歴史を持つモローゾ社と、照明は1981年創業の大手照明メーカーフォスカリーニ社と各製品大手メーカーとのコラボレーションで制作しており、ミラノ国際家具見本市「Salone del Mobile(サローネ・デル・モビーレ)」でも高い評価を得ている。