世界のおしゃれ都市番付でロンドンが1位に 日本はアジアで3番目

画像: (cc) flickr: Destinys Agent

 米・グローバル・ランゲージ・モニターが「世界のファッション都市ランキング」のトップ50を発表した。2011年度は5年間首位を守り続けていたニューヨークを抜き、ロンドンが1位を獲得。ロイヤルウェディングやファッションデザイナーAlexander McQueenの影響が大きいと見られている。東京は昨年の14位から大幅に順位を上げ9位とトップ10入りを果たしたが、アジアの中では香港、シンガポールに次ぐ3位という結果となった。

 グローバル・ランゲージ・モニターが独自に選出している「世界のファッション都市ランキング」は、インターネットやブログ、75,000もの印刷物、Twitterなどといったソーシャルメディアなどから割り出されている。2011年度はその地域特有のスタイルやファッション産業への貢献などを含めた総合的な成長を認識するため、ランキングを50都市へと拡大した。

 1位を獲得したロンドンは、4月29日に行われたロイヤルウェディングの主役キャサリン妃ことKate Middleton(ケイト・ミドルトン)と、2月に突然この世を去った後も回顧展などでも偉大なデザイナーとして影響を与え続けているAlexander McQueen(アレキサンダーマックイーン)の存在が昨年の3位からランクアップした理由とされている。

 アジアで最も順位が高かった香港は昨年の2位からランクダウンしたもののアジアではNo.1の地位を死守。一方、アジア最大級のファッションイベント「ASIA FASHION EXCHANGE」が開催されるなど年々注目が集まっているシンガポールは昨年15位から8位へと急上昇した。日本も14位からトップ10入りを果たしたものの、シンガポールに続く9位。わずか1年で、シンガポールに追い越される結果となった。

 この他、順位が大幅に上がり今後期待できる都市としては、バリ(+11)、ローマ(+9)、ベルリン(+8)、メキシコシティー( +8)が上げられている。逆に順位を大幅に下げてしまったのはケープタウン(-23)、プラハ(-22 )、マイアミ(-19)など。

URL:http://www.languagemonitor.com/

■2011 Ranking, City, Previous ranking(昨年の順位)上位25位まで
1位ロンドン(3)
2位ニューヨーク (1)
3位パリ (4)
4位ミラノ (6)
5位ロサンゼルス
6位香港 (2)
7位バルセロナ(10)
8位シンガポール(15)
9位東京 (14)
10位ベルリン (18)
11位シドニー (7)
12位マドリード(11)
13位ローマ (22)
14位上海(12)
15位モナコ(初)
16位ラスベガス (16)
17位メルボルン(9)
18位モスクワ (20)
19位アムステルダム (17)
20位ブエノスアイレス (24)
21位バリ (32)
22位メキシコシティ (29)
23位リオデジャネイロ (19)
24位ムンバイ(28)
25位サンパウロ(13)