ニコラ・ゲスキエールが残した最後のバレンシアガ香水 来春上陸

フローラボタニカ 30ml 7,035円、50ml 9,450円
フローラボタニカ 30ml 7,035円、50ml 9,450円
画像: Fashionsnap.com

 Nicolas Ghesquière(ニコラ・ゲスキエール)が手がけた「BALENCIAGA(バレンシアガ)」の新作フレグランス「フローラボタニカ」が、2013年3月6日に国内で発売される。「BALENCIAGA」のクリエイティブ・ディレクターとしてNicolas Ghesquièreがディレクションした最後のフレグランス。同氏は11月末で同職を退き、新クリエイティブ・ディレクターにNYデザイナーAlexander Wang(アレキサンダー・ワン)の就任が決定している。

 「フローラボタニカ」は、「バレンシアガには、クラシシズムと実験性という相反する二重性があります」というNicolas Ghesquièreが、"花々の世界"にインスピレーションに「BALENCIAGA」の空想的な面と現代的な面とを融合させた新しい香り。パフューマーのオリヴィエ・ポルジュとジャン・クリストフ・エローが開発した実在する種には属さないというエクスペリメンタル ローズをメインに、魅惑的な香りに仕上げている。Nicolas Ghesquièreは「一見するとフローラルなほとんどロマンティックとも言える調香です。しかしよく観察すると、もっと強い、そしてひっそりとした特徴に気付くでしょう。これは優しく、それでいながらデンジャラスな香りだと思います」とコメントしている。

 ボトルは実験室の管に着想を得てデザイン。Nicolas Ghesquièreがウェアコレクションのデザインで使用しているブラックとホワイトのストライプのチューブが特徴だ。また、広告には映画「トワイライト」のベラ・スワン役でブレイクした女優Kristen Stewart(クリステン・スチュワート)が起用されている。