ディーゼルジャパンが販売員を正社員化 4月から

 ディーゼルジャパンが、2014年4月からパート・アルバイトを除く、全ての販売員を正社員として雇用する。新卒入社や中途入社を正社員採用し、契約社員の雇用形態も正社員に変更。現在ディーゼルジャパンに在籍する販売員約940名のうち、約300名の契約社員が正社員になる。

 ディーゼルジャパンでは販売職を専門職として位置づけ、研修・教育制度の充実に注力している。今回の正社員化は採用競争力を高め、優秀な人材を効率的かつ迅速に確保することが目的。同社では販売員のスキルによってポジションの昇格や、販売管理職、販売専任職、本部スタッフなどのキャリアパスが用意されている他、社内公募や社内インターンシップといった制度も設けられているという。なお、現行のパート・アルバイト制度は継続される。

 同社は2012年から新卒採用において、4月入社と並行して10月入社の「Brave 採用」を実施。「Brave 採用」の内定者は卒業後の4月から10月までを、自己成長のために経験を積む期間として活用することができる。