;

新進気鋭ブランドを支援するECサイトKIEI Tokyo公開

KIEI Tokyo
KIEI Tokyo
画像: Drop

 Dropが、日本の新進気鋭ファッションブランドをセレクトしたグローバルEC「KIEI Tokyo」の正式版を公開した。若手ファッションブランドの成長と海外展開の支援を目的に運営しているサイトで、2013年12月にBETA版をローンチ。現在、「Yasutoshi Ezumi(ヤストシ エズミ)」など約50のファッションブランドを取り扱っている。

 「KIEI Tokyo」は、「メイドインジャパンの再定義と新しいジャポニズムの創出」をコンセプトに展開するグローバルECで、言語や配送、集客、カスタマーサポート等の業務を同サイトが無料で代行。現在「miitatsuya(ミイタツヤ)」や「High-Me TOKYO」といった国内の新進ブランドのアイテムを国内だけでなく香港やイタリア、サウジアラビア、ロシアなどに展開している。

 Dropは、2013年11月14日、ファッションコマースサイト「BUYMA」等を運営するエニグモを引受先とした第三者割当増資を行い、総額3,000万円を調達し「KIEI Tokyo」をローンチ。日本のファッション業界が今後直面する人口減少と市場縮小という課題を解決するため、「外貨獲得のポテンシャルを有しているコンテンツを生み出すブランド、クリエイターの支援」を行うことで、外需を拡大し業界の活性化につなげていくという。