日本の技術×ファッションブランド 新プロジェクト「L/RIN」発足

L/RIN
L/RIN
画像: L/RIN

 経済産業省の独立行政法人中小企業基盤整備機構が運営する「Rin crossing(リン クロッシング)」とクリエイティブカンパニー「SELF(セルフ)」が、新プロジェクト「L/RIN(エル
スラッシュ リン)」をローンチした。ギフトをテーマにライフスタイルアイテムの制作を行うプロジェクトで、国内地域のメーカーと「mother(マザー)」などのファッションブランドやクリエイターがコラボレーションして商品を開発。アイテムは、ポップアップショップなどで展開していく。

 「L/RIN」は、今年3月に「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO」で開催されたクリエイターと日本の技術のマッチングプロジェクト「EN(エン)」に続く新プロジェクト。メーカーとファッションブランド、クリエイターをマッチングさせて、日本の伝統的な技術や匠、素材に焦点を当てた生活アイテムを制作・販売する。メーカー部門には、漆工芸の利山や筒井時正玩具花火製造所など、クリエイター部門には「JUN OKAMOTO(ジュン オカモト)」や「mother」、「STOF(ストフ)」などが参画。今年8月にスタートした「SELF」と伊勢丹新宿本店との共同企画「EN FOR ISETAN」のオンラインストアをはじめ、ポップアップや企画展などで展開していくという。