仏発チョコの祭典「サロン・デュ・ショコラ」NSビルで開幕 ショコラドレス披露も

「サロン・デュ・ショコラ 2015」開幕
「サロン・デュ・ショコラ 2015」開幕
画像: Fashionsnap.com

 フランス・パリで誕生した世界最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2015」が1月20日、新宿NSビルで開幕した。初の別会場での開催となる今回は、17ヵ国から約100ブランドが出店。顧客向けの内覧営業前に開かれたレセプションでは、レコールバンタンの学生たちとパティシエ、デザイナーが共同制作した「ショコラドレス」のファッションショーが行われた。

 「サロン・デュ・ショコラ 2015」は「Chocolat, Patrimoine Universel(ショコラ, パトリモワンヌ ユニヴェルセル)〜未来へのオマージュ〜」をテーマに、「オリヴィエ・ヴィダル」や「ショコラ カズナーヴ」などの初登場ブランドや、「ジャン=ポール・エヴァン」などのイートイン&テイクアウトスペース、近年注目が集まっているビーン トゥー バーの特集など多彩なコンテンツを展開。ルノー限定車「ガナッシュ」の登場でスタートしたオープニングレセプションではイベントスペース内に設けられたステージを使用して、デザイナー播本鈴二やB.Yavuutsagaan.、スタイリスト小松友香らがショコラドレスを披露。その後出展するショコラティエらが登壇し、国内開催13回目の開幕が祝われた。

 会場の移設は年々サロン・デュ・ショコラの認知も高まり、館内では手狭になったという理由から決定され、会期中は伊勢丹新宿店と会場を結ぶシャトルバスが運行される。イベントに登場した大西社長は「伊勢丹から飛び出すということでデメリットもあるが、館の上層階で開催することでシャワー効果が得られるという考え方はもう古い。特にサロン・デュ・ショコラに関しては大変お客様の期待も高いので、新宿エリアのみにこだわらず別のエリアでの開催も検討したい」と、今後に向けて語った。

 「サロン・デュ・ショコラ 2015」の開催は1月21日から25日まで。なお、ルノー限定車「ガナッシュ」や、ショーで披露された「ショコラドレス」は会期中イベント会場内に展示される。

■サロン・デュ・ショコラ 2015
会期:2015年1月21日〜25日
   各日10:00〜20:00
場所:新宿NSビル地下1階=イベントホール
公式サイト:http://www.salon-du-chocolat.jp/