シャネルがドキュメンタリーサイト開設 第一弾の舞台は日本

画像: CHANEL

 「シャネル(CHANEL)」が、新ウェブプロジェクト「アウトサイド シャネル(OUTSIDE CHANEL)」を公開した。女性の生き方にスポットを当て、世界各地で撮影されたショートドキュメンタリーフィルムをシリーズで紹介。第一弾の舞台には日本が選ばれ、DJのマドモアゼル ユリアや書道家の川邊りえこら5人の日本人女性が「シャネル」を体現する女性として登場している。

 「シャネル」は2012年10月にメゾンの歴史や創始者ガブリエル シャネルの生い立ち、クリエイターなど、ブランドを主役にしたウェブサイト「インサイド シャネル(INSIDE CHANE)」を開設しているが、今回立ち上げられた「アウトサイド シャネル」は自身の道を突き進む現代女性たちが主役。ガブリエル シャネルを彷佛とさせるような企業家やアーティスト、慈善活動家、フォトグラファー、作家など各国で活躍する女性を選出し、彼女たちのしなやかさや大胆さ、勇敢さ、情熱、創造性、インスピレーションをドキュメンタリータッチで描くことで、その中に息づく「シャネル」の精神を表現していく。第一弾ではマドモアゼル ユリアや川邊りえこの他、写真家の山本郁、オペラ歌手の小川里美、和紙アーティストの堀木エリ子を選出。約5分のムービーのなかで、それぞれがその道を志した経緯や、決意、信念などを語っている。

■OUTSIDE CHANEL:outside-chanel.com
  INSIDE CHANEL:inside-chanel.com