カート・コバーンを追う決定版ドキュメンタリー映画 1週間限定で国内上映へ

© 2015 End of Movie, LLC All Rights Reserved.
© 2015 End of Movie, LLC All Rights Reserved.
画像: ライブ・ビューイング・ジャパン

 ファッション業界からも支持の厚い伝説のロックスター、カート・コバーンのドキュメンタリー映画「COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック」が、1週間限定で劇場公開される。娘のフランシス・ビーン・コバーンが製作総指揮を務めた話題作で、妻コートニー・ラヴやバンドメンバーで友人のクリス・ノヴォセリックといった近親者の貴重なインタビューなどを収録。偶像視されてきたカート・コバーンという人物のパーソナルな部分を如実に描き出した作品に仕上がっている。

 今年4月に欧米で限定公開され「史上最も革新的で、カート・コバーンの全てをさらけ出したドキュメンタリー」と評された同作は、ユニバーサル・ピクチャーズが手がける今年最大級のドキュメンタリーになる予定。ロック界に変革をもたらし、1994年に他界してからも多くの人々に影響を与え続けているニルヴァーナのフロントマン、カート・コバーンの人生を幼少期から追う。

 制作準備は約8年前から進められ、「On the Ropes(原題)」でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたブレット・モーゲンが監督・脚本を担当。同氏はカート・コバーンの家族から全面協力を得て、再生すると200時間を超える未発表楽曲と公開映像に加えて、日記、油絵や彫刻などのアート作品、写真といった私的なアーカイブを自由に閲覧する権利を与えられたという。劇中では監督の独占インタビュー映像も上映される。