急になぜ?「バンド オブ アウトサイダーズ」一時休止の真相は

バンド オブ アウトサイダーズの東京店
バンド オブ アウトサイダーズの東京店
画像: Fashionsnap.com

 LA発のファッションブランド「バンド オブ アウトサイダーズ(BAND OF OUTSIDERS)」が、ブランドを2015年春夏コレクションをもって一時休止する。独占販売契約を結ぶサザビーリーグが5月28日に正式発表。8月にはNYと東京の路面店を閉店する予定だ。

 サザビーリーグによるとブランド休止の知らせを受けたのは今月に入ってからのこと。NYに路面店を出店したものの経営がうまくいかず、出資会社が離れていったことが引き金になったという。2015-16年秋冬コレクションはNYで発表していたが資金繰りの悪化から生産することが出来ず、またデザイナー自身が「疲れた、充電期間が欲しい」と一時休止を希望したことからブランドを継続させることが困難になったようだ。

 国内においては千駄ヶ谷に路面店を出店して以来、「百貨店やセレクトなどの卸も約50店舗まで拡大し、売上は年々増加していた」と好調で、「国内だけでも継続する道も模索したが叶わなかった」と話す。ブランドは2015年春夏コレクションで休止となるが、「ロンハーマン(RonHerman)」で10月に販売される「チャンピオン(Champion)」とのコラボレーションアイテムを制作中。また、「マッキントッシュ(MACKINTOSH)」とのコラボレーションは2015-16年秋冬シーズンまで継続する。