漫画アニメとアイドルの制服デザインを特集 「月刊MdN」最新号

「月刊MdN」8月号の表紙
「月刊MdN」8月号の表紙
画像: エムディエヌコーポレーション

 デザインとグラフィックの総合情報誌「月刊MdN」が、7月6日発売の8月号で「制服」を特集する。漫画やアニメ、アイドルなどの「架空の制服」に焦点を当て、そのデザインの基盤となるリアルな制服デザインの背景についても紹介する。価格は税込1,490円。

 表紙と巻頭スペシャル企画では、アイドルと漫画作品のコラボレーションとして乃木坂46の生駒里奈と志村貴子作「淡島百景」の主要キャラクター田畑若菜が同じ制服姿で登場。乃木坂46の衣装を手掛けるスタイリスト米村弘光が同作で使われる制服デザインを作り起こし、気鋭のフォトグラファー太田好治が撮影した写真に合わせて志村貴子がイラストを描き下ろしたという。

 「漫画・アニメ・ゲームの制服」のコーナーでは、人気作「ストロボ・エッジ」や「アオハライド」の作家 咲坂伊緒のインタビューをはじめ、漫画やアニメ作品の制服デザインにフィーチャーする「二次元の制服分析」を掲載。「音楽・アイドルの制服」では乃木坂46やさくら学院らの衣装を解説するほか、ライターわんこ☆そばが「アイドルはなぜ制服を着るのか」をコラム形式で紹介する。制服スタイルの基本形や日本の制服造形史など"架空の制服"のベースとなる実際の学生服についても特集するほか、制服をモチーフとした作品を発表している「Neb aaran do by ネバアランド」や実際に学生服を手掛けている「アキラナカ(AKIRA NAKA)」、AKB48の衣装デザイナー茅野しのぶらの活動や作品から「服飾としての制服の在り方」を探る。