;

着用するだけで運動量をアプリで管理「スマートシャツ」をラルフローレンが商品化

画像: Ralph Lauren

 「ラルフ ローレン(Ralph Lauren)」が、男性用フィットネスシャツ「ポロテック スマートシャツ(PoloTech smartshirt)」を発売する。運動時の生体測定データを算出し、スマートフォンと連動させることでアプリ内で健康管理が可能。

 ウェアには銀繊維が織り込まれ、胸部分には3D加速度計が搭載された"ブラックボックス"と呼ばれるセンサーが取り付けられており、呼吸や心拍数、カロリー消費量などをトラッキングすることができる。測定されたデータは専用のアプリで管理ができ、1万以上の組み合わせから自分に合った運動プログラムを作成してくれるという。グローバルマーケティング統括のDavid Laurenによると「大手のラグジュアリーファッションブランドが手がける初のスマートシャツ」といい、今後フィットネスウェア以外への応用も示唆した。

 「ポロテック スマートシャツ」は、米ラルフローレン公式サイトとNYの店舗、8月31日開幕のテニスの全米オープン会場で8月27日から販売される。価格は295ドル(約3万6,000円)。去年の同大会では試験的にボールボーイや選手が練習時に着用したが、市販はされていなかった。