浅草に外国人旅行者向けホステル「BUNKA HOSTEL TOKYO」開業へ 高橋理子がアートディレクション

BUNKA HOSTEL TOKYO イメージ
BUNKA HOSTEL TOKYO イメージ

 東京・浅草の商店街の一角にホステルタイプの宿泊施設「BUNKA HOSTEL TOKYO(ブンカ ホステル トーキョー)」が12月14日に開業する。株式会社スペースデザインがUDS株式会社を事業パートナーに迎え、ブランディング・アートディレクションはアーティストの高橋理子が担当。オープンに先駆け、11月7日から京都で高橋理子の展覧会「断絶から連続を生む。」がスタートした。

 「レジデンシャルホテル ビーコンテ浅草」を運営するスペースデザインが新たに開業する「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、浅草すしや通りに建つ築30年の商業ビルをリノベーションによって用途変更したホステルで、メインターゲットは外国人旅行者。「キッザニア東京」「CLASKA」「ホテル アンテルーム 京都」といった施設を手がけてきたUDSが企画・設計・運営を担う。

 客室は、プライベート性を重視しながらリーズナブルに宿泊できるバンクベッド(3,000円~/人)を中心に、シングルタイプのドミトリー(5,000円~/人)、グループやファミリーでも利用しやすい最大4名まで宿泊可能なファミリールーム(16,000円~/室)で構成。1階には誰でも利用できる「居酒屋 BUNKA」を設ける。

 ブランディングやアートディレクション、VIデザインなどを手掛ける高橋理子は、「BUNKA HOSTEL TOKYO」が目指す姿を作品を通して体感する展覧会を、「ホテル アンテルーム 京都」1階の「ギャラリー9.5」で11月30日まで開催。時に"伝統的なるもの"を断ち切りながら日本らしさを纏い、断絶と連続の矛盾を昇華させることで日本文化について問いを投げかける、高橋理子のクリエーションが披露されている。

■BUNKA HOSTEL TOKYO(ブンカ ホステル トーキョー)
 住所:東京都台東区浅草1-13-5
 開業日:2015年12月14日(予定)
 公式サイト

■TAKAHASHI HIROKO EXHIBITION 断絶から、連続を生む。
 会期:2015年11月7日〜11月30日 12:00〜19:00 無休
 会場:ギャラリー9.5
    ホテルアンテルーム京都 京都市南区東九条明田町7番
    075-681-5656
 公式サイト